ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ハミングバード/ダイアモンドの夜 | main | ルビコン/シスコの熱風 >>
0
    ソウル・ジェネレイション/ビヨンド・ボディ・アンド・ソウル
    JUGEMテーマ:音楽

    クリフ・パーキンスのファルセットを主体とするスウィート・グループが、ポール・カイザーのプロデュースの下、ニュージャージーのEbony Soundsに残した72年の名盤にシングルオンリーの4曲を追加収録した完全盤。(1)のファンクナンバーは定石通り流して、(2)(3)が甘〜いバラード。ラスカルズのカバー(4)「Ray Of Hope」(おお、今日届いた山下達郎の新譜のタイトルと同じだ!)は泣きながら踊れるスウィートダンサー。(9)「Sweet Thing」は(4)同様に春風の中で踊れる名曲。タイトル曲の(10)はスウィートソウル界を代表するバラード。ボートラは、(13)で珍しくバリトンリードが活躍。(14)「Praying For A Miracle」は絶品。これが気に入った人には、スタイリスティクスの初期アルバム(特に「ロッキンロール・ベイビー」)を一聴することをススめる。裏ジャケでメンバーは、ツバの大きい帽子にロングコートでキメており、これがサイコーにカッコイイ。スウィートファンはマスト。★★★★★
    2011.6.11 FlapNotes 未開封中古紙ジャケ 1,275円 45%引き
    | ノガッチ | スウィートソウル | 22:09 | comments(1) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 22:09 | - | - | - |
      泣きながら踊れる!10数年振りに聴き直してみました。V・マッコイの(14)もたまらん。バックはクルセイダーズの面々、やはりマストには違いないが、紙ジャケに買い替えるご丁寧な仕事振りに脱毛、いや脱帽いたしやす。

      | mick | 2011/08/13 10:16 AM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ