ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< J.P. Robinson / Classic R&B from the 1960s | main | ローリング・ストーンズ/アンダーカヴァー >>
0
    2011年6月 四日市〜名古屋レコ買い紀行
    JUGEMテーマ:音楽
    6月21日火曜日。名古屋から近鉄快速で30分ちょい。やって来ました三重県は四日市。四日市といえば松阪牛の本場。まずは昼メシということで、その名も「松阪苑」という焼肉屋に入ったが、さすがに松阪牛だとランチ焼肉でも高い。やむなく松阪牛ハンバーグ980円にしたが、さすがにハンバーグでは松阪牛の有難みは分からなかった。さてメシの後はレコ屋巡りで腹ごなしを。まず向かったのが「ROOK RECORDS」。ここはオールジャンル取扱でCDとアナログが半々くらい。地方の中古レコ屋としてはなかなか頑張った品ぞろえだと思う。次に向かったのは、駅の反対側にある「こんぱく堂」。この店については著名なDJが、日本一面白いレコ屋と自著に書いていた(と思う)が、もう営業していない様子。その後ネットで調べたところ、ごく最近店舗営業を止めて通販専門になっていた。今のご時世、中古レコ屋は減る一方だ。以上で昼休みは終了。仕事の目的地に向かう。
    仕事を終えて、名古屋に戻ったのが夕方5時半。名古屋のレコ屋巡りに出かけることにしたが、今回はレコードマップを持ってきていないので、過去に3度来た時の記憶が頼り。まず目指したのは「バナナレコード大須店」。ここには2010年2月に訪れており、その時に買い逃したLPがある。それはP-Vineのジュウェル・レーベルのLPを買うともらえた特典LPの「Blues Via 728 Texas(PLP-9998)」だ。アルバムタイトルに見覚えがあったので、既に持っているような気がして買わなかったのだが、家に帰ってレコ棚を調べてみると、無い。そのLPを持っていたのはワタシのレコ・ライバル、ミズーリで、カセットに録音してもらったのを繰り返し聞いていたため、そのカセットのラベルに書かれたアルバムタイトルに見覚えがあっただけなのだ。それ以来、ワタシは名古屋出張の機会を虎視眈眈と狙っていたのだが、今回ようやくその失地回復のチャンスが訪れたというわけだ。果たして、そのLPは1年半近くもの間、浮気をすることもなくワタシの来店を待っていてくれた!ジャケの背中にちょっぴり汚れがあるのが玉にキズだが、この非売品=レア盤が840円というのもカワイイぢゃないか!鼻の穴をふくらませてレジに持って行く。店を出たところで、大願成就の喜びにウチフルえる心を落ち着かせるべくタバコを一服。次に向かったのは2008年2月に「ジョージ”ハーモニカ”スミス/ブローイン・ザ・ブルース」を発見した「ハイファイ堂レコード」。ここは店先の「HRのLP500円均一」箱がスゴかった!全てオビ付き美麗品で、パット・トラヴァースのデビューから4枚目までがオビ付きで揃っているというのはスゴイことなのではないだろうか。HRでは無いが、ロイ・ブキャナンも、「ライブ・イン・ジャパン」「レスポールとの遭遇」「ローディングゾーン」などの中期のLPが揃っていて、B級フュージョン好きのワタシは「レスポールとの遭遇」を買おうかかなり迷った。バーニー・マースデンのソロLPにも心が揺れた。他にもフランク・マリノとか、ライオットとか、メズラしそうなオビ付美麗品がズラリと揃っているから、もしかしてこの辺のLPを探している友人がいるかもしれない、電話して教えてあげなくては!とかなり動転したが、電話すべき友人は思い浮かばなかった。
    さてレコードマップを持っていないから、最寄りの地下鉄の駅がどこにあるのかわからない。ここまで地下鉄で2駅だったから名古屋駅まで歩いて戻るか、ということで歩き始めたのだが、これが大失敗。思ったよりも全然遠く、結局40分くらい歩くことになった。3kmくらいあったようだ。それでも途中、「Heaven」というレコ屋に出くわしたので入ってみたが、ワタシのようなアマチュアはお呼びでない状態のHM/HR専門店。プライベート盤やら世界各国のその分野のバンドのCDなどが大量に在庫されていたが、ワタシにはさっぱりワカラなかった。こんなディープな店があるということは名古屋人は相当のHM/HR好きと見た。よれよれになりながら何とかJR名古屋駅に到着。駅弁、柿ピー、ロング缶ビール×1、缶チューハイ×2とおみやげの「ういろう」を手に18:30の新幹線で帰途についた。
    | ノガッチ | レコ買い道 | 21:48 | comments(1) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 21:48 | - | - | - |
      素晴らしい!
      とても名古屋に日帰り出張されてちゃんとお仕事をされて来たとは思えないレコ買い道の充実振りです。お見事っ!!局長のすごさに改めて感服致しました。

      そしてまた、この度はPLP-9998のお見事なるゲット!大変おめでとうございます。大願成就。まずもってお祝い申し上げます。
      1年半もの長い間、誰に身を任すこともなく局長が来られるのをじっと待っていたPLP-9998。そしてそんなPLP-9998をちゃんと迎えにイッテあげた局長。うう…(嗚咽)。まるでみなしごハッチの最終回のごとき感動の名場面です。TVスリムを発見されたときのようにPLP-9998をヒシッ!と抱きしめる局長のお姿が目に浮かぶようです。

      それにつけても、1年半振りのPLP-9998を携えての帰りの新幹線内でのお酒はさぞ美味しかったことでしょう。日帰り出張の楽しみはやはり帰り車中での一杯だと思いますが、今回はまた至福の時と呼ぶべき格別なものだったのではないでしょうか。乗車前にいそいそと酒とつまみを仕込まれたであろう局長のお喜びを想像するにつけ、何とも羨ましい限りです。

      それにしても局長。名古屋からのわずか1時間半強の間に、駅弁を召し上がった上に、柿ピーをつまみにロング缶1に缶チューハイ2もイカれるとは。やはりただ者ではございません。脱肛、いえ、脱帽です。

      ちなみに局長。今回はおつまみにさきイカがなかったようです。これはやはりグリーン車で隣のオバサンにイカのカスを振りかけてしまうとイケないということであえて外されたのでしょうか。

      …と、どうでもいい余計なお世話なことを言う男より
      | 日帰り出張の帰り車中のおつまみにはイカ系とちくわ系は必須だと思う男より | 2011/06/27 3:21 PM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ