ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< ジャッキー・ムーア/スウィート・チャーリー・ベイブ | main | V.A. / Birmingham Sound: The Sound Of Neal Hemphill Vol.2 >>
0
    リチャート・ティー/ストローキン
    JUGEMテーマ:音楽

    アナログからの買い替え。1979年発表のリチャード・ティー(key)の初リーダー・アルバム。ボブ・ジェームスのレーベル、タッパンジーからでフュージョンが最も幸せだった時代の大名盤。チャック・レイニーの(1)「ファースト・ラヴ」、表題曲(3)のファンキーさ。最後は(7)「A列車で行こう」でガッドとのピアノ&ドラムデュオ。至福の35分。★★★★★
    2010.1.30 新宿ユニオン 中古紙ジャケ 1,135円
    | ノガッチ | フュージョン(キーボード) | 07:55 | comments(2) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 07:55 | - | - | - |
      >初心者の私に「JAZZ心をつけるように」とお借りした一枚

      そんなことがあったとはトンと覚えていなかったよ。あれから30年近く経った今聴いても素晴らしいから、機会があったらまた聴いてみなって。
      | ノガッチ | 2010/04/02 11:15 PM |
      おおっ、これは高校3年の時私が初めてJAZZバンドもどきのベースで参加した時に初心者の私に「JAZZ心をつけるように・・・」とお借りした一枚ではないか。それまで未知の世界であったJAZZの世界に初めて足を踏み入れた懐かしいアルバム。あと一枚がvillage vanguardでのグレートジャズトリオのライヴでした。本間美信君のYAMAHA BB1000という、当時10万もするベースを借りて出演したのでした。おしまい。
      | JBL | 2010/04/02 6:20 PM |









      CALENDAR
      SMTWTFS
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ