ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< マウンテン/栄光のマウンテン | main | ロドニー・フランクリン/ユール・ネヴァー・ノウ >>
0
    Spirit Of Memphis / Happy In The Service Of The Lord
    JUGEMテーマ:音楽
     
    英Acrobatというレーベルが、ビンテージゴスペルのCDリイシューを精力的にやっていて、Amazonで調べると値段も安い。これはそのAcrobatから出た2枚組でサイラス・スティールを擁するスピリット・オブ・メンフィスの1949-54録音集。1-イら2-は「ゴスペル決定版!黄金期のKing録音」(by小出斉)と言われるだけあって素晴らしい。ウィルマー・ブロードナックスの滑らかなテナー、サイラス・スティールとジェスロー・ブレッドソーの二人のバリトンはどっちがどっちかは分からないが、一人はゴスペルでしか聞かれない雷鳴のようなシャウターでもう一人はソウルっぽい。この3人のリードが歌い継ぐのもスリリングだが、コーラス・ワークのどちらも素晴らしい。2-"He Never Let Go My Hand"がベストかな。表題曲は彼らの初レコーディング曲で昔P-VineのLP「ブレス・マイ・ボーンズ」(PLP9051)で紹介されていた。録音データの記載もバッチリ。★★★★
    2009.3.23 新宿ユニオン 輸入新品2枚組 800円
    | ノガッチ | ゴスペル | 07:17 | comments(0) | - | - |
    0
      スポンサーサイト
      | スポンサードリンク | - | 07:17 | - | - | - |









      CALENDAR
      SMTWTFS
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      MOBILE
      qrcode
      LINKS
      PROFILE
      このページの先頭へ