レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2006年上半期実績の発表
今日で今年前半も終了。ここまでの仕入実績を発表します。
仕入枚数 114枚
平均単価 1,021円

です。前年同期の実績は枚数が107枚、単価が1,001円でしたから、前年を上回るペース!ちょっと予算の前借りがあるので今年後半は仕入ペースを落として借金返済に努める方針です。実はそういう方針は既に4月から有ったのですが、次々と繰り出される様々なセールのためにまだ実行できていないのです。
というわけで、来週は次郎吉ライブの直前週なので、ライブでやる曲を聴きこむためにレコダイはお休みします。
9月17日 新宿&渋谷ユニオン
JUGEMテーマ:音楽
ユニオンの半期決算セールということで新宿と渋谷のユニオン巡り。
●Brian Eno / The Plateaux Of Mirror 輸入新品 1,260円
plateaux.jpg
●Brian Eno / Apollo 輸入新品 1,260円
apollo.jpg
ブライアン・イーノによる環境音楽2枚。昔、LPで持っていたのを今回CDで買い直したほど好きなのです。ま、環境音楽なので音楽自体がイイとか悪いとかの世界じゃないのですが、意外と美メロなので耳をすまして(←静かな音楽だから)聴きこんでしまう。そういう聴き方は作者の意図に全く反するだろうけど。
我が家で3人で晩ごはん(カレーライス)を食べながらこのCDをかけていたのですが、チョット似合わない。これが似合うのはシティホテルの一室で窓外の明かりだけで一人、酒でも飲んでいるようなシチュエーションか。2枚とも★★★★
●Carol Anderson / Sad Girl 輸入新品 800円
carolanderson.jpg
基本的に全部買いの英グレイプバインレーベルのCD。"Detroit's lost soul singer, who passed away in 1984"とのことですが、マイナーすぎてゼンゼン知りません、こんなヒト。1979年にこのCDの1曲目に収められている"Sad Girl"がイギリスのノーザン・ソウル・シーンで話題になったとのこと。このノーザン・ソウル・シーンというのは別にノーザン・ソウルのファンという意味ではなくて、ソウル系のダンス音楽を中心としたクラブ文化という意味で、強いて言えばソウルじゃない音楽も含んでいるのにソウルと名乗っている「フリー・ソウル」みたいなモンでしょうか。
閑話休題。で、その"Sad Girl"ですがグレイトな胸キュンナムバー!本人のボーカルはあまりこの曲にマッチしていないが、バックトラックがハンドクラップといい、コーラスといい、まるでナイアガラ・トライアングルの名曲「パレード」のよう(ちなみにパレードの方が録音はずっと先)。なぜかこの曲だけ異常に音が悪いのが残念だが、もしかしてフィル・スペクター・サウンドを目指したのか?全17曲の収録曲は69年〜83年にまたがるため、いろいろなタイプの曲が混ざっており、ダンサブルな曲には違和感もあるけどそれでもギターのカッテイングがやけにカッコ良くて、「これは誰だ?」と思ったり。最後の"Tomorrow Is Not A Promise"というセツナイ迫力ミデイアムに涙(1箇所音が飛ぶのが残念)。やはりこのレーベルは全買いだな、と再認識した次第。★★★★
●Anacostia / 1st 輸入新品 1,881円
anacostia1st.jpg
●Anacostia / 2nd 輸入新品 1,881円
anacostia2nd.jpg
エロソウル界では「穴コスってや」と呼ばれるスウィートグループの2枚。2枚目がUSブラック・ディスク・ガイド掲載盤。どちらもヴァン・マッコイのプロデユースなのでスタッフのメンツがバッキングに参加。bゴードン・エドワーズ、gコーネル・デュプリー、keyリチャード・ティー、dsクリス・パーカー、1枚目はエリック・ゲイルも参加。2枚ともリズム・ナムバーがディスコ過ぎたり、スローが白人っぽかったり、何かつかみどころの無い感じ。決め曲無し。ベストは1枚目の後半か。★★★
8月28日 レコツアー(その1)
土曜日にワタシはマコちゃんを機関車トーマスのミュージカルを見に連れて行って1日面倒を見たため、日曜はお母さんがマコちゃんをウルトラマンショーを見に連れて行き、お父さんは自由行動を取れることになりました。そこでお父さんは代々木、新宿、高田馬場、池袋にレコツアーに出かけることにしました。
●The Steelers / Sing The Many Sides Of Soul 輸入新品CD 100円 新宿ユニオン
steelers.jpg
シカゴのインディーズからの3人組ソウル・グループの2004年作。100円という投売り価格だけど、確か以前ユニオンのHPで大プッシュしていたような気がしたので試しに購入したら大当り!全11曲中4曲はカスだけど、残りはメロ良し、歌良し。ベストテイクはアイズレーのカバー"Caravan Of Love"。このCDはAmazonが取り扱っていて試聴も出来るので´きЛあたりを聴いて気に入ったヒトはユニオンの新宿ソウル・ブルース館へ急げ!何せ100円だ!まだ1、2枚残っていたぞ。★★★★適正価格は1,780円だな。
●冨田勲/バミューダ・トライアングル 中古LP 525円 代々木ココナッツディスク
bermuda.jpg
初めて行った代々木の中古屋。クラブのDJとかを主な客層としているような印象で、年に1度チェックしに行けば十分かな、という品揃えの店。
そこで見つけたのが日本が世界に誇るシンセザイザー奏者「驚異のTOMITA」の「未知への浪漫−シンセサイザーとSF空間を結ぶトミタ注目の話題作」。横尾忠則のジャケデザインがグーな上に、解説は小松左京と来た!で、決め手はオビのこの文句。「★マイ・コンによる映像・・・UFOの信号をキャッチ!〜レコードの一部にある信号が入っています。それをマイクロ・コンピューターに接続し、ディスプレイに通すとUFOへの指令が現れます。(詳しくは解説をご覧下さい)」ウヒャー!解説を見て詳しく知りたい!
その上、このLP「5チャンネル・テープを駆使して平面の音から立体の音へ。」の「バイホニック・ミキシング」な上に「ピラミッド・サウンド・・・音が翔ぶ!」のだッ!このLPが最近CD化されたことは知っていたけど、こんなにイカすオビまでは復刻されていまい...と思い購入しました。オドロイタことにジャケの中にまでまるでUFOの放つ光のの中に立つような冨田の姿が印刷されていて謎の三角地帯への浪漫をかき立てられます。内容は映画「未知との遭遇」を演ってます。ベタです。最後まで聞き続けられません。音は星無しだけど、ジャケとオビにインパクトで★★
6月11日、12日
JUGEMテーマ:音楽
嗚呼、大量に仕入れてしまった....
今までレコ購入予算の先食いをしていたのを、ようやくあと少しで前借り無し状態にまで立て直してきたのに、この週末は家内がマコちゃんを連れ出してくれて一人の時間が出来たもんだから、つい新宿と三軒茶屋なんかに遠征に出たら11枚も買ってしまった。これから限定紙ジャケで発売になるCDが沢山あって、それを買うための綿密な予算計画を立てていたのに台無しだぁ。ということで収穫を少しずつ紹介していきます。

★ストレイ・ドッグ/ファースト 紙ジャケ。1,785円。19%引き。新宿ユニオン
straydog.jpg
今回、家を出る時点で買うつもりだったのはこれ1枚だけだったのに....
ELPが設立したマンティコアレーベルの契約第1号で、グレッグ・レイクのプロデュースで73年に出たテキサス出身のハードロックトリオのデビュー盤。ストレイ・キャッツじゃなくてドッグです。これはイイッす。ヘビーです。ベースもディストーションがかかってブリブリです。名盤ですね。今後はこのへんのハードロックの仕入れも強化していきたいですね。

★松原正樹TriForce/Life, Forever 未開封中古1,470円 41%引き。新宿ユニオン
triforce.jpg
松原正樹が90年代前半に組んでいたバンドの再発盤。メンツは南部昌江さん、伊藤広規など。時代がらクラブミュージックに色目を使って古臭いところもあるけど、全体的には好盤。ただギーソロは少ない(無かったかも)。「この曲いいなあ。作曲者は誰だろう」と思うと決まって南部さん。やはり南部さんはスバラシイ。最後は松原のギターが泣きまくる大ドラマチックバラード。でもこの路線では「黒船」に勝るものなし。結論としてはオススメ盤だけど、10年以上前の音源のストレートリイシューで定価2500円というのは高いんちゃうか(そういう自分は41%引きで買ったけど)。
5月28日 amazon
★ボニーレイット/Green Light 輸入新品 713円
greenlight.jpg
ボニー・レイットの81年作。これは良い!(安いし。)アマゾンのユーザー評価でフェイセズみたいと書いてあったけどその通り。それは第一にkeyにイアン・マクレガンが入っているからなんだけれど、スネアの音のつぶれ方なんかも、ロッド・スチュアートのアルバムを思い出させます。ハードロックじゃなくて、ブルースロックでもフォークロックでもない、ウェストコーストロックでもなければ、黒人音楽の影響がモロというロックでもない、これは「ロック」としか呼びようがない音楽ですね。ベースは小原礼。小原ってアメリカで活躍したようなことは聞いていたけど、具体的にどんなミュージシャンと演っていたのかは知らなかった。こんなところにいたんですね。で、そのベースですが、「ロック」してて猛烈に良いです。

★ロイド・プライス/ミュージック・ミュージック 国内新品 1,617円 30%引き
lloyd.jpg
宣伝文句によると「知る人ぞ知るメロウ・ソウルの大傑作が世界初CD化」ということですが、ロイド・プライスゆーたら「スタッガーリー」で有名な50年代のR&R、R&Bの世界のニューオリのヒトでっせ!そんなオッサンの「メロウソウルの大傑作」言われても....というところですが、これがamazonでひっそりと3割引きだったので購入。結果はグー!です。サウンド的にはもろ、ジョニー・ブリストル系の「ストリングス舞い上がり系」の曲はあるは、ボーカリストとしてもワタシはグッと来ちゃうところがありました。ただ盤起こしのため、とにかく音が悪い。

★ジェノビア・ジーター/ジェノビア 国内新品 882円 58%引き
genobia.jpg
ゴスペル女性シンガーが86年に出した唯一のソウルアルバム。これは新譜として出たときから鈴木啓志が絶賛していて、ワタシもLPで買いましたが打ち込みのバックの音のせいもあってイマイチで売りました。今回amazonの「国内CD最大50%引きセール!」というところで、オイオイ58%も引いてるじゃないか、というのを発見して購入。聴き直してみて、年初に買ったシャーリー・マードックよりは上手いとは思うけど、じゃあダンス系やゴスペル系の曲でチャカやアレサよりも良いかというと...世間の評価が高いので個人的な評価は厳しくなってしまいました。

年初来累計91枚/88,081円 平均仕入れ価格968円
5月3日〜7日の帰省での収穫 
帰省途中の新潟はキングコングという大阪が本店の中古屋で購入。

★ラリー・コリエル/フェアリーランド LP 800円
Fairyland.jpg
こんなLPが出てたとは知らなんだ。71年モントルージャズフェスでのライブで、チャックレイニーb、バーナードパーディdsのトリオ。しかしこのリズムセクションだからといってコリエルがファンキーなギターを弾くわけではなく、バックの2人の存在感はゼンゼンありませんでした。まあ、レイニー&パーディーのファンにとっての珍盤といったところですな。

★V.A./サザーンR&B LP 1,200円
長年捜していたLP。これは84年頃に出たヴィージェイ音源を使ったブルースやR&Bの全部で10枚のシリーズものの1枚。残る未入手盤はパノラマ・オブR&Bグループス Vol.2のみ。これはもう内容がどうこうというのではなく、完全にゲットすること自体が目的と化していた盤です。

★パリス/ビッグ・タウン2061 LP 800円
2061.jpg
元フリートウッドマックのボブ・ウェルチが結成したB級ハードロックバンドの2枚目。期待通りのショボさで大満足。渋谷陽一がライナーで「何故パリスはこんなにカッコいいんだろう?まずルックスが完璧だ」なぞと苦しい絶賛をしている。パリスは売れないままこのアルバムを最後に解散。ボブウェルチが抜けたフリートウッドマックは大ヒット。ウェルチ自身はこの後、「フレンチキッス」という小ヒットを飛ばした。今後はもっとB級ロックのアナログを買っていこうと決心しました。

年初来累計 78枚/77,335円 平均仕入価格 991円
4月19日 Amazon

★ステイタスクォー/Piledriver 輸入新品 866円
sq2.jpg
最近、B級ロックが聴きたくて。これはロック名盤100には入らないけど、300くらいなら選ばれているモノで期待したが、スタジオ盤のせいか意外とおとなしい。またハードロックというかハードブギを期待していたけど、少しだけハードなブルースロックという感じ。

★フォガット/Live 輸入新品 864円
foghat2.jpg
その点、ライブでハードな演奏が楽しめたのがこっち。特に10分を超える"Slow Ride"は痛快。やはりスライドが入るハードロックはいいねえ。廉価盤でクレジットも何も無く、セカンドギターがリードを弾いても殆ど聞こえない、という録音バランスの悪さも廉価盤ならでは。

★アール・クルー/Heart String 輸入新品 980円
ek2.jpg
これはB級ロックではなくて、あのアール・クルーです。以前、980円だったのを買い逃し、最近は1,100円だったのを待ち続けまた980円に下がったところをすかさず購入。アール・クルーは4枚目以後はデイブ・グルーシンの許を離れ、セルフ・プロデユースするようになったため曲があっさりしてしまい、このCDでも記憶に残る曲はゼンゼンありません。でもいいんです。BGMみたいなもんだから。

年初来累計70枚/69,422円 平均仕入れ価格 992円
4月12日 新宿ユニオン

●フリートウッド・マック/ファンタスティック・マック 未開封中古 1,365円 27%引
fm.jpg
この間CD在庫を調べてみたら、とっても意外だったことにこのアルバムを持っていなかった。これはボーナステイクが4曲追加収録されて去年出たもの。聴いてみると知っている曲ばかりなので驚いた。名盤です。一番好きなのはスティービー・ニックスの"Landslide(地すべり)"です。

●ハイラム・ブロック/フロム・オール・サイズ 未開封中古 840円 55%引き
hb.jpg
えらく安いから買いました。86年作のメジャーレーベルからの初ソロアルバム。出来はまあ、フツーか。ジョー・ベックがKudu盤で演っていた"Cactus"をやっているのがウレシイ。最後の"When The Passion Is Played"がベスト曲。しかし、このオッサン(当時はカッコイイお兄さん)は黒さ、ファンキーさが無い。ファンキーな曲を演ってもファンク系のヒトにある「ドス黒さ」がない。そこはやはりスタジオミュージシャンの限界ですな。24丁目バンドだなんてのもワタシはゼンゼン評価してません。ロックやソウル・ファンクを一筋にやっているヒトにかなわないし、それらをブレンドして別種の音楽を生み出しているようにも感じられないからです。

年初来累計 66枚/67,399円 平均仕入価格 1,021円
4月8日 渋谷
●アル・ジャロウ/Jarreau 輸入中古 525円 渋谷ユニオン
aj.jpg
83年のジェイグレイドン・プロデュース作。このアルバムからのヒット曲"Boogie Down"を20年ぶりに聴いたが、よく覚えてました。この時期のジェイ・グレイドンのプロデュース作はマンハッタン・トランスファーやマーク・ジョーダンなど全部買いです!このCDも至福。ただ、アル・ジャロウは81年の"Breakin' Away"はイイけど、たしかもう一枚ジェイ・グレイドンが数曲プロデュースしたアルバムがあってそれは良くないです。ワタシが全部揃えたいほど好きなプロデューサーはジェイ・グレイドンとブルーノート時代のデイブ・グルーシンです。後者のベストワークはアール・クルーのデビュー盤だと思いますが、これはCD化されてないか、廃盤かで手に入らないんですよ。

●ジョージ・デューク/Master Of The Game 輸入中古 745円 渋谷レコファン
gd.jpg
有名なアルバム"Brazilian Love Affair"の前に出た79年作。シーラEのpercが全面的にフィーチャーされている。殆どが歌モノ。ハードコアなフュージョンを期待すると肩透かし。歌モノは悪くはないけど、他にもっといいダンスアルバムはいくらでもある、って感じ。Pファンク系の曲はゼンゼンだめ。それこそジョージ・デュークなぞ聴かずにPファンクの人達のアルバムを聴いた方がいい。

●メルバ・ムーア/The Other Side Of The Rainbow 輸入新品 800円 渋谷ユニオン
mm.jpg
ミュージカル上がりの黒人女性ボーカルの80年くらいのダンスアルバム。カシーフのプロデユース曲を含む。これよりもUSブラックディスクガイドでも取り上げられている前作の方がイイ。

年初来累計 64枚/65,194円 平均仕入価格 1,019円
映画/エイリアン1&2
JUGEMテーマ:映画
家族でお出かけしたついでに立ち寄った新星堂で仕入れ。

●エイリアン  DVD 999円
●エイリアン2 DVD 999円

いくらなんでもこれは安い!他にもスピードやダイハード、タイタニックも999円です。
エイリアン1は多分ロードショー以来初めて見ました。とっても怖いという印象だったのですが、今見るとあまり怖くなかったです。映画本編に加えて、特典映像やらデザイン画集やら色々ついてこの値段だから、映画のDVDはホント安いね。
2005.3.26 目黒新星堂 新品DVD 各999円
年初来累計57枚/57,395円 平均仕入価格 1,007円