レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アイドリス・ムハマッド/パワー・オブ・ソウル

JUGEMテーマ:音楽

CTI〜KUDUレーベルでソウル・ジャズ系のセッションに多く起用されたドラマーによる1974のリーダー作。ボブ・ジェームズ(key)によるアレンジの下、グローヴァー・ワシントンJr.(sax)、ゲイリー・キング(b)、ジョー・ベック(g)、ラルフ・マクドナルド(per)ランディ・ブレッカー (tp,flh)が参加した全4曲。ベスト曲は最もソウル・ジャズ色の薄い(3)「サデスト・シング」で、作者のジョー・ベックの流麗なエリック・ゲイルみたいなリズム・ギターが心地よい。まあ「フリー・ブロウイングで一丁上がり!」的なKUDUの平均的セッション・アルバム。★★

2017.6.2 HMV 国内新品BSCD 875円 15%引き

ハーヴィー・メイソン/ファンク・イン・ア・メイスン・ジャー

JUGEMテーマ:音楽

メイソン先生のソロ・アルバム第3弾。列挙したら切りがないほどに豪華な一流スタジオ・ミュージシャンが参加している。LPはA面が歌物でB面がインスト。聴きものはB面のインスト・サイド。ジョージ・ベンソンのバンド全員が参加した(つまりベンソン名義であってもおかしくない)(6)「ホワッツ・ゴーイング・オン」のインスト・カバーが白眉でベンソンが楽勝そうに弾きまくるソロがスゴイ。(コーラスが入るが基本的に)インストカバーしたケニー・ロギンスの(7)「セット・イット・フリー」も素晴らしい。デイヴ・グルーシン作の(8)「ファンタジア」はアンソニー・ジャクソン(b)が活躍するキメだらけのスリリングな曲。メイソン作の(9)「リキッド」はリー・リトナー&ジェントル・ソウツで演っていそうな感じの曲。★★★★
2016.12.26 タワーオンライン 国内新品 830円 23%引き

ビリー・コブハム/ライフ&タイムズ
1976年発表の通算6作目となるリーダー・アルバム。メンツはコブハムがドラムの他にシンセもあやつる他、ジョン・スコフィールドg、ジョージ・デュークkey、ダグ・ローチbなど。アトランティック時代のコブハムのアルバムはどれもハイ・エナジーでハズレが無いが、本作も強烈だ。相変わずテンションの高いコブハムを上回るのがデュークで、(1)(5)でのキレまくったシンセ・ソロはパトリック・モラーツも目じゃないスゴさ!★★★★
2015.7.17 HMV 国内新品 832円 23%引き
JUGEMテーマ:音楽
ビリー・コブハム/皆既食

74年発表のソロ3作目。メンツはランディ・ブレッカーtp、マイケル・ブレッカーts、ミルチョ・レヴィレフkey、ジョン・アバークロンビーg、アレックス・ブレイクb。チョー意外なのはコーネル・デュプリーgが参加し、らしくないソロまで弾いていること。まあ1曲目「ソラリ現象」のコブハム炸裂のウルサさといったら。ブレイクのベースが活躍するファンキーな(4)「暗黒に活躍する悪人(原題は単に「Bandits」)がえらくカッコイイ。勉強になったのは(7)「月にうさぎはいない」という邦題がついた「The Moon Ain't Made Of Green Cheese」。日本に「月で兎が餅つきしている」という寓話があるように、英語には「月はグリーンチーズで出来ている」というのがあるんですね。初めて知った。ラストの(8)「宇宙フロンティア(原題は「Last Frontier」で、邦題がいちいち大げさなのも楽しめる)」はどんな壮大な曲かと思いきやドラムソロ。70年代中期のコブハムのアルバムは金太郎飴的ながらも、ワタシを含む好きな人にはそこが安心して楽しめるところ。解説書は「コブハムのアグレッシブなうえ知的で、そしてパワフルなプレイは、実に輝いている。」という文章で締められているが、コブハムのドラミングが「知的」かどうか分からないが、少なくともアルフォンス・ムザーンのプレイは知的な感じがしないな。★★★★

2015.4.26 渋谷タワー 国内新品 580円 46%引き

JUGEMテーマ:音楽
Billy Cobham / Crosswinds

ランディ・ブレッカーtp、マイケル・ブレッカーts、ジョン・アバークロンビーg、ジョージ・デュークkeyなど強力なメンツを従えたコブハムdsによるハイパワーな74年作。A面は17分に及ぶ組曲。高速トラクターでハイウェイをぶっ飛ばすようなファンクの(2)「The Pleasant Pheasant」がグンバツにサイコーよ。★★★★
2012.7.7 アマゾンマーケットプレイス 輸入新品 810円
JUGEMテーマ:音楽
Harvey Mason / Marching In The Street
JUGEMテーマ:音楽

 メイスン先生の75年ソロデビュー・アルバム。リー・リトナー、デイブ・グルーシンなど後のジェントル・ソーツ人脈と、ハービー・ハンコック、ポール・ジャクソンなどのヘッドハンターズ人脈が大結集している。,浪瞭りのファンキーなナンバー。tpソロはブルー・ミッチェルだが、この人がこんな音楽を演っていたとは知らなかった。"Modaji"は、グルーシンの77年の名盤「One Of A Kind」でオープニングを飾っていた曲で、アレンジは全く同じ。そちらではグローバー・ワシントンJrのソプラノ・サックスがフィーチャーされていたが、ここではヒューバート・ロウズ(fl)が長尺のソロを取る。でハンコックのファンキーなバッキングはサスガ。リトナー作の"Wild Rice"はリトナー自身の76年の初リーダーアルバムで再演されており、出来はリトナー・バージョンの方が上。ラスは以前からワタシのお気に入りのゴスペルバラード。★★★☆
2010.1.8 HMV 輸入新品 1,000円
Lenny White / Venusian Summer
JUGEMテーマ:音楽

原題は「金星の夏」だけど邦題は「エロスの遊星」。しかしまあなんとヘタクソなジャケイラストだこと。いくらエロチックなネーチャンでもこんな短足はイヤですねえ。
これはRTFを抜けたレニー・ホワイトのファースト・ソロ・アルバム。´△脇汎辰隆屬75年らしいジャズ・ロック〜クロスオーバー系ファンク。は10分を超す二部構成の「エロスの遊星組曲」。だけどシンセ奏者4人で4分以上にわたって叙情的な風景を描く第一部は叙情的すぎて何を演っているのか聞こえへん。い1分ちょいの前奏曲。引き続きイ任45秒のフニャ〜としたイントロがあった後にようやくスピーディーなロックビートが出てきてレイ・ゴメスのモロにロックなギターとラリー・ヤングのオルガン・ソロで盛り上がる。11分半に及ぶΔ任聾垳壅馨陬ぅ鵐肇蹐3分半もやっていてタルイが、最後の最後にコリエル&ディメオラという豪華コンビが爆発してくれる。スリリングな曲もあるけど、いちいち前奏曲みたいなのをやりすぎだってば。★★★☆
8月9日 新宿ユニオン 中古輸入 945円
 
Dave Weckl / Hard Wired

なぜかジャケがショボいウェックルのソロたぶん3作目。ウェックルのアルバムはどれも楽しめる。,呂い弔發覆らのテクニック全開のメカニカルな曲で大コーフン。は得意のラテン。ウェックルがこのリズムでソロを叩くと本当にスゴイ。イ禄蘓瓦鯔困譴織シオペアみたいなつまらない曲。このようにウェックルらしくない曲がライトファンクの┐肇乾好撻訶な。これらの曲で従来とはちょっと違う路線を狙ってみたんだろうけど結果は似合わないな(だから以降のアルバムでこういう路線は継続していない)。Г魯襦璽困淵螢坤爐任離疋薀爛愁蹐股スゴイ。★★★☆
7月5日 新宿ユニオン 未開封中古紙ジャケ 1,680円 22%引き
JUGEMテーマ:音楽


Dave Weckl / Perpetual Motion

2002年盤。前にも書いたけど、デイヴ・ウェックルのアルバムは楽しい。ウェックルがあの手この手のドラミングを繰り出すので飽きが来ないから、というのが第一の理由だけど、曲自体もヘンに難しくなくてイイ。,らしてドラムソロ2回入りのうえ、得意のds、perの一人同時演奏。クレジットにもきちんと"drums & percussions all at once"と書いてある。他にもっとperが入る曲があって、え〜!これも同時演奏か!、と思ったらさすがに"all at once"のクレジットがありませんでした。どの曲もスーパーテク満載ですが、´Лが印象に強く残りました。とりわけラストのラテン・フュージョンのドラムが圧巻。
リトナーはスムース・ジャズ、カールトンはブルース、ディメオラはアコースティック、ベンソンは歌もの、トロペイはジャズ、という具合にフュージョンの最盛期を支えた人たちが昔ながらのフュージョンを演らなくなってしまった今、デイブ・ウェックル・バンドこそが王道フュージョンです(ちなみに国内なら松原正樹)。★★★★
3月1日 新宿ユニオン 中古輸入 756円
JUGEMテーマ:音楽


ビリー・コブハム/ファンキー・サイド・オブ・シングス

このアルバムの目玉はブレッカーの「サム・スカンク・ファンク」を当のブレッカー兄弟を招いて演っていること。ブレッカーがその曲を含むファースト・アルバムを録音したのが75年の1月。本作も75年の録音だからオリジナルバージョンが出てすぐにカバーしたことになる。オリジナルバージョンでドラムを叩くのはハーヴィー・メイスン、「ヘビー・メタル・ビバップ」のライブバージョンではテリー・ボジオだからどちらも素晴らしいのだけれど、本作でのコブハムのドラムも負けず劣らずキョーレツ。フィル・インがドラララララララ〜〜と入るいつも通りのコブハム節で痛快丸かじりバージョン。他の曲もどれもド派手&ファンキーで、ブレッカーやジョンスコのソロもいいからサイコーだけれど、ドラム好きのワタシでもキツかった9分を超すドラムソロのГ帆葦劵咼奪哀丱鵐鰭で各人のソロがゲンナリするほどタップリ入った12分の┐箸農碓譴張泪ぅ淵后★★★★
8月8日 渋谷レコファン 新品 1,200円 2割引