レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アル・ディ・メオラ/スプレンディド・ホテル

JUGEMテーマ:音楽

アナログ盤は2枚組として発売された1980年作。一番の注目は当時のレギュラー・バンドのkeyだったフィリップ・セス作の(3)「ローラー・ジュビリー」で、ディ・メオラらしからぬ超ポップな曲。そのセスは(8)「アイ・キャン・テル」ではボーカルも披露し、デ・メオラにとり初のボーカル入り曲。一方、従来路線の曲(1)「エイリアン・チェイス」は焼き直し感が強く魅力に乏しい。このアルバムの特徴はアコースティック・ギターのプレイが多いことで、(4)「トゥー・トゥ・タンゴ」はチック・コリアのピアノとの緊張感あふれるデュオ、(7)「スプレンディド・サンダンス」は多重録音によるアコースティックでの二重奏。翌年のジョン・マクラフリンとパコ・デ・ルシアとのスーパー・ギター・トリオへの道筋が見える。(9)ではレス・ポールと競演し、(10)「イスファハン」では弦楽四重奏を起用するなど、人気絶頂だったディ・メオラが新機軸を求めてやりたい放題やったアルバムだが、結果的にはやり過ぎたかな。★★★☆
2018.8.21 HMV 国内新品 608円 44%引き

Lee Ritenour / Overtime

JUGEMテーマ:音楽

2004年3月30、31日、ロサンゼルスのスタジオに招待客を入れて行なわれた、リトナーのキャリアを振り返るライヴ。.▲魁璽好謄ック・ジャズ、▲献Д鵐肇襦Ε宗璽弔離螢罐縫ン、ブラジリアン・ポピュラー・ミュージック、ぅ好燹璽此Ε献礇困筌凜ーカル入りのポップやらの現在、という4部構成になっている。参加ミュージシャンは、アーニー・ワッツ(sax)、エリック・マリエンサル(sax)、イヴァン・リンス(vo)、デイヴ・グルーシン(key)、パトリース・ラッシェン(key)、アンソニー・ジャクソン(b)、ハーヴェイ・メイスン(ds)、アレックス・アカーニャ(per)、スティーヴ・フォアマン(per)、ケニヤ・ハザウェイ(vo)など総勢16名。一番見たかった「Captain Fingers」はさすがにメンバーが顔をこわばらせながら必死にプレイしており、曲間に挟まれたインタビューでもリトナー自身がその曲を演奏することはチャレンジングだったと言っている。通して聴いてもやはりジェントル・ソーツの演奏はずば抜けており、パトリースのキリッとした佇まいには惚れてしまうし、グルーシンはやっぱり信頼度抜群。メイスン先生のグルーヴを聴いた後ではい亮禺螢疋薀沺爾猟樟的なプレイは何とも物足りない。の主役、イヴァン・リンスは日本人サラリーマン(部課長クラス)みたいなルックスがとても印象的だった。ボーナス映像は時代が飛んで2011年モントルー・ジャズ・フェスにおけるグルーシンが加わったカルテット演奏。メンバーを招き入れる司会者は鶴瓶かと思ったらクインシー・ジョーンズだった。リトナー、グルーシンともに絶好調だが、い任盖用されていたベーシストによる長々としたワウベースとのスキャットは宴会芸みたいだ。総収録時間174分。★★★☆
2018.5.20 新宿ユニオン 輸入新品Blu-Ray 1,650円

ジョージ・ベンソン/GBコレクション

JUGEMテーマ:音楽

1968年〜81年のCTI、ワーナー、とレーベルの枠を越えたベスト16曲。このベスト盤の価値はこのアルバムでしか聴けない(と思う)ジェイ・グレイドンがプロデュースした(1)「ターン・ユア・ラヴ」と(4)「ネヴァー・ギヴ・アップ」の2曲で、前者はR&Bチャート1位、ポップ5位のヒット。後者もリズムのキレも素晴らしいポップな名曲だ。デユエット曲では、(2)「想い出の旅路」が先日他界したクイーン・オブ・ソウル、アレサ・フランクリンとのポップ・バラード、(14)「ムーディーズ・ムード」はパティ・オースティンとのジャズ、(15)「ウィ・ガッタ・ザ・ラヴ」はチャカ・カーンとのファンク。1976年にポップチャートで1位を飾りフュージョン音楽の幕開けを告げたアルバム「ブリージン」からは表題曲(13)とベンソンのボーカリストとしての実力を知らしめた(7)「マスカレード」をキッチリ収録。80年には御大クインシー・ジョーンズをプロデューサー迎えてブラコンに踏み出した(3)「ギヴ・ミー・ザ・ナイト」がR&Bチャート1位。ワタシが一番好きなのはファンクバンドLTDの(8)「愛のバラード」で、原曲はスローバラードだが、ここではテンポを上げて最高のフィリーダンサーに仕上がっている。そして最後はホイットニー・ヒューストンのカバー・バージョンで有名な(16)「愛は偉大なもの(The Greatest Love Of All)」。ワタシにとってこの曲は聴くたびに泣ける世界最強のバラード曲でありまして、バンドをバックに自分で熱唱することが夢です!

CTI時代の曲はベンソンのギタリストとしての実力を示すものではあるものの、ワーナー時代と曲調があまりに違うので別のベスト盤にした方が良かったかな。★★★★

2018.5.23 芽瑠璃堂 国内新品 1,041円 26%引き

ジョン・トロペイ・ウィズ・スティーヴ・ガッド、ウィル・リー他/トロペイ

JUGEMテーマ:音楽

ワタシが大好きなジョン・トロペイ(g)はデオダートの「ツァラトゥストラはかく語りき」への参加で大きな注目を集めたセッション・ギタリスト。本作はアナログの時には「海底楽園」という邦題が付いていた1975年の初リーダー・アルバム。このCDではアルバム・タイトルは元題通り「トロペイ」になったが、オビに記載された名義はトロペイ単独でなく、スティーヴ・ガッド(ds)やウィル・リー(b)との連名に変えられており、発売元の日本コロンビアは酷いことをするもんだ。実際の参加メンバーは、ガッドとリーの他に、リック・マロッタ(ds)、ドン・グロルニック(key)、マイケル・ブレッカー(ts)、ランディ・ブレッカー(tp)、デヴィッド・サンボーン(as)、エウミール・デオダード(key)など。ガッドとマロッタのツイン・ドラム体制はトロペイのアルバム(およびライブ)では恒例だ。フュージョン以前のまだ「クロスオーバー」だった時代を代表するアルバムの一つ。★★★★☆
2017.11.5 高田馬場ユニオン 未開封新品 1,550円 28%引き

 

アル・ディメオラ、ジョン・マクラフリン、パコ・デ・ルシア/フライデイ・ナイト・イン・サン・フランシスコ

JUGEMテーマ:音楽

パコ、ディメオラ、マクラフリン、3人のギター・マスターがアコースティック・サウンドの極致を聴かせた1980年サンフランシスコでのライブ+1。久しぶりに聴いたがやはりスゴイ!演奏は順列組合せで、(1)「地中海の舞踏」がパコ&ディメオラ、(2)「黒い森」はディメオラ&マクラフリン、(3)「フレボ」はマクラフリン&パコ、(4)「幻想組曲」は3人そろい踏み。パコの名前を世界に知らしめた(1)はディメオラのスピードもモーレツだが、対抗するパコの力強い指弾きでのドリルのような高速フレージングも圧巻。(2)は途中おふざけでピンク・パンサーのテーマ〜スローブルースになる部分があるのだが、ソロの出だしこそブルースの常套フレーズを弾くがすぐにいつも通りに超高速で引き倒すディメオラが笑える。(3)は2人が同じフレーズを掛け合いするエンディングが息をのむスリリングさ。(4)は3人のソロ交換の間隔がどんどん短くなってスパイラル状態で高みに上っていくさまが壮絶。(5)「ガーディアン・エンジェル」は3人でのスタジオ録音。★★★★★
2017.9.9 渋谷ユニオン 国内中古 553円

リー・リトナー/ファースト・コース

JUGEMテーマ:音楽

リトナーが23歳のときにリリースしたファースト・アルバム。バックはデイヴ・グル―シン(key)、ハーヴィー・メイソン(ds)、トム・スコット(sax)を中心にルイス・ジョンソン(b)、チャック・レイニー(b)なども参加。9曲中5曲がリトナーのオリジナル。(1)「ほんの少し」はデビュー作のオープニングにふさわしい爽やかな佳曲。本アルバムのベスト・トラックはギターの単音ミュート・バッキングで始まる(8)「ワイルド・ライス」で、ファンキーなリズム、切ないBメロ、ロッキッシュなソロ、ユニゾンのキメ、とリトナーのショーケースのような曲で、(2)「スイート・シンコペイション」も同じタイプの曲。(4)「ファットバック」のようなブルージー&ソウルフルな曲の一方で、クラシック・ギターによる(5)(9)もあり、音楽性の幅広さを見せつける。充実したデビュー作だが、77年にリリースしたセカンド・アルバム「キャプテン・フィンガーズ」こそがフュージョンを代表する屈指の名盤だ。★★★★
2016.12.26 タワーオンライン 国内新品 830円 23%引き

ジョン・マクラフリン/エレクトリック・ギタリスト

JUGEMテーマ:音楽

しばらくインド音楽にハマってアコースティック・ギターばかりを弾いていたマクラフリンが、久々にエレクトリックに復帰して76年に発表したオールスター・セッション・アルバム。(1)はマハヴィシュヌ・オーケストラの再現、(2)はカルロス・サンタナとのインド〜ラテン系の曲、(3)はデヴィッド・サンボーンとの初共演、(4)「ドゥ・ユー・ヒア・ザ・ヴォイス・ザット・ユー・レフト・ビハインド?」はチック・コリア、スタンリー・クラーク、ジャック・デジョネットとのセッションでこのアルバムのベスト・トラック。(5)はジャック・ブルース&トニー・ウィリアムスとライフタイムの再現、(6)はビリー・コブハムとの壮絶なフリー・デュオ、(7)はソロ・ギターという按配。この人のギターはゴツゴツして決してとっつきやすいようには思えないのに、メジャー・レーベルからアルバムを出し続けられるだけの人気を維持しているのが不思議です。★★★★
2016.11.24 タワーオンライン 国内新品 918円 15%引き

ワー・ワー・ワトスン/エレメンタリー

内JUGEMテーマ:音楽

モータウン系のセッション・ギタリストとして活躍し、ハービー・ハンコックとの共演でも名声を博したワー・ワー・ワトソンによる1976年発表の唯一のリーダー・アルバム。バックはレイ・パーカーg、ジョー・サンプルkey、ルイス・ジョンソンb、オリー・ブラウンdsを中心としてハンコックkey、デヴィッド・T・ウォーカーg、ジェイムズ・ジェマーソンbなども客演。本人のボーカル曲が主体でギターがメインとなるのは全10曲中(1)と(3)の2曲くらい。ボーカリストとしての力量は特筆するほどのものではないが、(8)「ラヴ・エイント・サムシング」はグルーヴィーなメロウソウルの大傑作。アルバムの完成度は高いとは言えないが、なにせワー・ワー唯一のアルバムだから好き者にはタマらないアルバムで、ワタシもその内の一人。★★★☆
2016.10.22 HMV 国内新品 1,080円 定価

ジョン・トロペイ/トゥ・タッチ・ユー・アゲイン

JUGEMテーマ:音楽

NYのセッション・ギタリスト、ジョン・トロペイの1979年サード・アルバム。バックはウィル・リーb、リチャード・ティーkey、ドン・グロルニックkeyなどでドラムはファースト&セカンド・アルバム同様に多くの曲でスティーヴ・ガッドとリック・マロッタのツイン・ドラムという豪華な編成。ティーがピアノで参加するといきなりトロペイのギターもスタッフみたいになってしまうのはご愛嬌だが、それだけティーのピアノは場を支配する力が強いのだなと思う。トロペイのアルバムはどれも良質なNYフュージョンで本作も大推薦盤。在庫が少ないようなので入手はお早めに。★★★★☆
2016.7.18 新宿タワー 国内新品BSCD 2,016円 定価

ハイラム・ブロック/ウェイ・クール

スJUGEMテーマ:音楽

先日紹介した「ギヴ・イット・ホワット・ユー・ガット」(87年)に次ぐメジャー3作目となる92年作。メンツは自身のレギュラー・バンドのデイヴ・デルホームkey、スティーヴ・ローガンb、スティーヴ・ウルフdsが中心だが、ストリート・ファンクの1曲目だけはウィル・リーbを起用し、彼の強烈なチョッパーベースは最高!シンセベースが唸ったりスクラッチが入ったりと、リズム的にはかつてのフュージョンからは遠く離れてしまった曲もあるが、美メロが残っているので楽しく聴けた。ラストのビートルズカバー「ディアー・プルーデンス」のドラマチックなソロもイイ。ロッキッシュなイメージが強くて興味の持てないギタリストだったけど、ちゃんと弾ける人だったんですね。ジャケ写もカッコ良いハイラムだが、晩年は超デブになって2006年に52歳の若さで亡くなった。モテモテ→自堕落な生活→激デブ化→早死に、というパターンはルイス・ジョンソンを思い起こさせる。★★★★
2016.4.25 HMV 国内新品 881円 18%引き