ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
0
    エリック・クラプトン/レインボウ・コンサート+8

    JUGEMテーマ:音楽

    1971年4月にデレク&ザ・ドミノスが崩壊した後、重度のヘロイン中毒に陥り隠遁生活を送っていた(1971年8月にバングラデシュ・コンサートに出演したもののヨレヨレだった)クラプトンをザ・フーのピート・タウンゼントが引っ張り出して、1973年1月13日にロンドン北部のレインボー・シアターで行われたクラプトン復活(を目指した)コンサート。バックを務めるのはロン・ウッドやトラフィックからスティーヴ・ウィンウッド、リック・グレッチ、ジム・キャパルディ、レーバップの4名+もう一人のドラマー。しかしながらクラプトン自身のプレイにはいまひとつ冴えがみられないのが残念、というのがこのアルバムの定着した評価で、実際たった6曲で35分に満たないLPは物足りないものだった。しかし8曲を追加して全14曲74分となったこの拡大版は全然違う。ギターの切れ味はクリームやデレク&ザ・ドミノス時代に比べれば落ちるものの、そこは神と呼ばれたクラプトンだから十分に高いレベルのプレイが聴ける。ボーカルについて言えば、声が出てない、と解説書に書かれているが、私としては90年代以降の無用にコブシを効かせた歌い方よりむしろここでの力の抜けた歌い方の方が好みなほどだ。バックでは、ロン・ウッドのスライド・プレイに彼がただの酔っ払いではない事を再認識させたれた。そしてクラプトンは1974年春に『461オーシャン・ブールヴァード』をレコーディングして本格的に復帰を果たす。

    なおアマゾンのサイトではオリジナルジャケのCDにがこの拡大版と同じく14曲収録されているように紹介されているが、それは間違いでやはり6曲しか入っていないので要注意。★★★★
    2019.4.14 アマゾン・マーケットプレイス 国内中古 851円

    | ノガッチ | 3大ギタリスト | 21:53 | comments(3) | - | - |
    0
      Eric Clapton / The Dallas Cowboy; Texas Broadcast 1976

      JUGEMテーマ:音楽

      ラジオ放送音源のCD化で音質良好。「ノー・リーズン・トゥ・クライ」ツアーから1976年11月、テキサス州ダラスでのライブ。メンバーはジョージ・テリー(g)、カール・レイドル(b)、ディック・シムズ(key)、ジェイミー・オルダカー(ds)、セルジオ・ロドリゲス(per)、イヴォンヌ・エリマン(cho)、マーシー・レヴィ(cho)で、パーカッション奏者がいるのが珍しいがその演奏は殆ど聞こえない。何と言っても選曲が魅力的で、(1)Hello Old Friend、(2)Sign Language、(3)Badge、(4)Knocking on Heaven's Door、(5)One Night、(6)Tell The Truth、(7)Can't Find My Way Home、(8)Blues Power、(9)Layla、というトータル75分。ECがエレキを弾くのは(3)から。その(3)ではワウをかましたソロが激アツ。(7)は全てモリマンが歌ってECは休憩モード。(9)はドラムソロ入りだがジム・ゴードンのソロと違って2分で終わるので一安心。最大の聴き物は、ただのブルース(5)でリード・ボーカルを取るマーシー・レヴィを紹介するECのMCで、ロレツが回っていないベロベロの酔っ払いだ。このツアーではステージ脇にソファが置かれ、ECはライヴの途中でもそこに座ってウィスキーを飲んでいたそうだから、さもありなんだ。(6)(8)(9)は13〜14分もあって、インプロヴィゼーションパートが長いだけに途中ダラける場面もあるが、この頃のECが好きな人ならば入手して損は無いCDだろう。全般にジョージ・テリーの活躍ぶりが目立ち、さすが後にウォーレン・クロマティ・バンドに招聘されるだけのことはある。★★★★
      2018.6.12 HMV 輸入新品 1,290円

      | ノガッチ | 3大ギタリスト | 20:48 | comments(1) | - | - |
      0
        V.A./ Crossroads Revisited: Selections From The Guitar Festivals

        JUGEMテーマ:音楽

        クラプトンが1998年にカリブ海のアンティグア島に設立したドラッグ/アルコール依存症更生診施設クロスロード・センターの為のチャリティ・フェスティヴァル「クロスロード・ギター・フェスティヴァル」は1999年に始まり2004、07、10、13年と計5回開催されていて、これは2回目以降から選曲された全40曲の3CDセット。出演はジェフ・ベック、サンタナ、BBキング、バディ・ガイ、ロバート・クレイ、シェリル・クロウ、テデスキ・トラックス・バンド、などなど。内ジャケに掲載されたステージ写真にはなんと18人ものギタリストが勢ぞろいしているほどだから出演ギタリストの名前を挙げたら切りがない。ベストトラックはクラプトンがカバーしたジョージ・ハリソンの名曲「Isn't It A Pity」で泣きまくるデレク・トラックスのスライドが圧巻。ワタシが全く知らなかった黒人アーティストのGary Clark Jr.の「Please Come Home」はファルセット・ボーカルのメロウ・ソウルと激情のギターソロの組み合わせに感激した。ロバート・クレイは過去の人というイメージだったが「Poor Johnny」でメッチャ現役としてイケてることを知った。クラプトンが参加する曲と参加しない曲があるが、前者ではサンタナと共演した「Drums Of Passion」でECがサンタナ的なギターを弾くのが面白い。後者では「I Shot The Sheriff」のソロが鬼気迫る凄さ。コスパの良いCDだけど同フェスはDVDも出ているので映像版の廉価ベストだったらもっと良かったな。★★★★

        2017.3.11 アマゾン 輸入新品3枚組 1,530円

        | ノガッチ | 3大ギタリスト | 23:21 | comments(1) | - | - |
        0
          Eric Clapton / Live In San Diego With Special Guest JJ Cale

          JUGEMテーマ:音楽

          ドオーーーーーーーーーーーーーーーーン!これはイイ!!

          何がイイってクラプトンがギターもボーカルもモーレツに力が入っていて、こんなマッチョなクラプトンは聴いたことがない。これはデレク・トラックスとドイル・ブラムホール二世を従えた20062007年のワールド・ツアーから2007315サンディエゴでのライブ2枚組。セット・リストは「いとしのレイラ」「リトル・ウィング」「もうすぐ良くなる」などのデレドミ時代の曲を中心に、「マザレス」「ファーザー」「ワンダホー」などベスト選曲。スペシャルゲストにJJケイルを迎え「アフター・ミッドナイト」「コカイン」などを演奏し、アンコールの「クロスロード」ではロバート・クレイも参加という豪華版。ザンネンなのはデレクとドイルの出来がイマイチなこと。デレクはオープニング曲「テル・ザ・トゥルース」を始めとして前半はデュアンの再来と言うに相応しいスライドを聴かせるのだがライブ終盤は「いとしのレイラ」を含めパッとしない。ドイルに至っては全くイイ所無し。そんな若手二人に比べて御大は全曲を通して弾きまくり&歌いまくりでレイドバック感一切無し。その分JJケイルとの競演では何もそこまでダレなくても、というほどに脱力してみせる。ジャケ写もカッコいいし値段も安いから即買いだ!★★★★★

          2016.11.17 アマゾン 輸入新品2枚組 1,434

          | ノガッチ | 3大ギタリスト | 22:30 | comments(2) | - | - |
          0
            デレク&ドミノス/イン・コンサート
            内JUGEMテーマ:音楽

            廃盤でプレミアムが付いていたこのライブCDでの1-(3)「雨よ降れ」に感激してジャケ無しという最悪のコンディションのCDを昨年8月に556円で購入したが、このたび来日記念盤として紙ジャケSHMCD仕様で再発されたので予約注文までして手に入れた。名盤「いとしのレイラ」発表直前の1970年10月23、24日にフィルモア・イーストでのライヴから収録されたこのアルバムは、とにかくクラプトンがギターを弾きまくる。キーボードのボビー・ウィットロックがいるのにキーボードソロは一切無し。ベースソロも無し。唯一忍耐を強いられる6分のドラムソロがある以外、ソロは全てクラプトン。2枚組にもかかわらず全8曲とそれぞれの曲が長いだけあって、「リフに戻ったからこのへんで終わりかな?」と思ったらまたソロが始まったりと、ギターソロがそれはもうタップシあるのだが、さすが神と呼ばれたクラプトンだけあってソロが長くても飽きないどころか大コーフンの連続だ。ジャケ無しCDを紹介した時に、1-(1)「恋悲」のソロを「数多いテイクの中でベストではないだろうか」と控えめに書いたが、聴きなおしてこれは最高中の最高と確信した。内ジャケ全てを使ったクラプトンの写真も最高にカッコイイ。ちなみにジャケ無しCDを売ったら60円だった。★★★★★
            2016.3.23 タワーオンライン 紙ジャケSHMCD2枚組 3,266円 13%引き
            | ノガッチ | 3大ギタリスト | 22:25 | comments(1) | - | - |
            0
              デレク・アンド・ザ・ドミノス/イン・コンサート
              70年10月23、24日、フィルモア・イーストでのライブ2枚組。94年に出た2枚組CD「ライヴ・アット・ザ・フィルモア」は3曲を別テイクに差し替えて4曲を追加したもので、それを持っていれば十分だと思っていたら大間違いだった。5月にワタシはバンドで「レット・イット・レイン」を演ったのだが、リーダーのECマニア、オカマンが練習用にCDに焼いて渡してくれた「イン・コンサート(略して陰根)」の「レット〜」を聴いて驚愕。「ライヴ・アット〜」収録の別テイクよりも陰根の方が圧倒的にイイ!それはもう比較にならないほどイイ!ところが陰根の全曲が「いとしのレイラ40周年記念Super Deluxe Edition」という2万円もする7枚組ボックスに収録されたためか、陰根自体は廃盤で、中古盤は6千円くらいのプレミアがついている。そんな状況下、「ジャケ無し」という最悪の状態ながら556円という相応の価格の中古国内盤CDを見つけたので購入。ECは歌もギターも絶好調で、「恋悲」「レット」「愛経」は数多いテイクの中でベストではないだろうか。とにかく最高なのは18分近い「レット・イット・レイン」!途中6分に及ぶ豪丼のドラムソロを聴き続けるには忍耐が必要だが、その苦難に耐えきった後には滅茶苦茶にテンポアップした、怒涛、圧巻、至福のギターソロ&バンドサウンドを聴くことが出来る。★★★★★
              2015.8.30 高田馬場ユニオン 国内中古2枚組 556円
              JUGEMテーマ:音楽
              | ノガッチ | 3大ギタリスト | 00:09 | comments(2) | - | - |
              0
                デレク・アンド・ザ・ドミノス/いとしのレイラ

                今更なぜこCDを購入したのか?このアルバムをCDでは3枚組ボックス「レイラセッションズ」で所有していたが、レコやCDの収納スペース確保のためにそのボックスを処分しようと思ったから。だってCD2のジャム、CD3の別テイクなんて買った時に一度聴いただけで二度と聴かないんだもん!ということをクラプトン信者のオカマンに伝えたところ、CD2は「オールマンズとの奇跡のジャムセッション」なのだから考え直せ、と強く言われたのでボックスはまだ処分せずにいます。

                さてこの大名盤についてコメントは不要。しかし発売当時は評価されず、アメリカでは最高16位でイギリスではチャート入りすらしなかったという。おや、CD盤面に何も印刷されていない、と思ったら、これはターコイズブルー・レーベルだそうで、「ノイズの原因となる迷光(再生機内で反射する不要なピックアップ光)を吸収するターコイズブルー色に印刷したレーベルです。無色のレーベルと比較して、迷光を約70%削減する効果があります」とのこと。それから「いとしのレイラ」の対訳が、3番の歌詞だけ「そんないい方法は絶対にみつからないわ あなたの愛は虚しいだけよ」と女性言葉になっているが、それは違うだろう。★★★★★

                2014.1.11 FlapNotes 中古紙ジャケSHMCD 1,493円

                JUGEMテーマ:音楽
                | ノガッチ | 3大ギタリスト | 21:17 | comments(6) | - | - |
                0
                  ジェフ・ベック/ライヴ・ワイアー

                  2008年にLPから輸入盤CDに買い替えた時にレココレで取りあげましたが、今回は紙ジャケに買い替え。2008年には「音色もフレージングも天才としか言いようがない」と書いたが、久しぶりに聴いた感想も全く同じ。(1)「フリーウェイ・ジャム」のソロもさることながらバッキングも常人には考え付かない。8分近いヤン・ハマーの(5)「闇」こそ退屈なものの、これはベックの絶頂期を捉えたライヴ盤だという思いがますます強くなったので前回評価より0.5アップして→★★★★☆
                  ちなみに邦題の「ライヴ・ワイアー」は前作「ワイアード」のライヴ盤だからそういうタイトルにしたのだろうと思っていたが、"live wire"は「エネルギッシュな人」という意味の熟語なんですね。知らなかった。まあ原題の「Jeff Beck With The Jan Hammer Group Live」とは関係ないけど。
                  2013.2.10 渋谷ユニオン 中古紙ジャケ 1,200円
                  JUGEMテーマ:音楽
                  | ノガッチ | 3大ギタリスト | 21:02 | comments(0) | - | - |
                  0
                    Led Zeppelin / Celebration Day

                    1980年のアトランティックレコード40周年コンサートでの再結成ツェッペリンはTVで見ていたが、アブラ汗を流すペイジは二日酔いだったのだろうか、指が動かず正視に耐えないものだった。さすがにペイジもそのライヴは大失敗と認識していたそうで、以来四半世紀以上を経て、2007年の一夜限りの再結成ライヴではちゃんとしたツェッペリンが聴けて良かった良かった。そりゃあペイジのギターに往年の輝きは無いし、ジェイソンのドラムが親父に比べて軽いが、そんな文句は言わないことにしよう。ペイジの衰えに比べると、プラントは全く衰えていないとは言わないものの、これだけ歌えるのは大したもんだ。映像はちょくちょく客席からのピンボけた映像がはさみこまれるが、意図不明でウザいだけ。ちなみに昨年、本作のプロモーションのために来日した白髪のペイジは内田裕也そっくりだ。
                    大々的なプロモーションにノセられてこのアルバムを買ったが、正直言って新たな発見や感動は無い。それはクリームの再結成も同様で、来日したら絶対観に行きたいが、CDを聴いたりDVDを見てもカンゲキは無いというのが冷静な感想。★★★
                    2012.11.24 アマゾン 輸入2CD+Blu-Ray+DVD 2,471円

                    これでレコダイ2012はオシマイ。次回は2012年を総括します!
                    JUGEMテーマ:音楽
                    | ノガッチ | 3大ギタリスト | 00:13 | comments(0) | - | - |
                    0
                      ジェフ・ベック・グループ/ベック・オラ

                      第一期ジェフ・ベック・グループによる「トゥルース」に続く69年発表の2作目。ロッド・スチュアートのヴォーカルは素晴らしい!オープニングの「オール・シュック・アップ」で前作からかなりパワーアップしたと感じる。そして(2)「スパニッシュ・ブーツ」がベストトラック。これぞヘビーロックだ。ニッキー・ホプキンスが彼女に捧げたアコースティック・ピアノの(3)は美しいインストでベックはほとんど関与していないが、これはこれで良し。BBAでも演奏する(5)「プリンス」もイイ。どひゃあというほどハードな(7)「ライス・プディング」はリフの一部をジミヘンがパクったそうだ。ボートラでは8分に及ぶスローの(8)「スウィート・リトル・エンジェル」が絶品。
                      前作とともにヘヴィ・ロックの幕開けを告げるとともに代表作であるのだが、音が整理できていない印象を受ける。そのことは同時期に録音されたツェッペリンのファーストやセカンドと比べると差が歴然だ。この整理されていない音こそが「ヘヴィ・ロック」らしさか。★★★★
                      2012.12.31 FlapNotes 中古紙ジャケ 880円
                      JUGEMテーマ:音楽
                      | ノガッチ | 3大ギタリスト | 22:08 | comments(1) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ