ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
0
    デラニー&ボニー&フレンズ/オン・ツアー・ウィズ・エリック・クラプトン
    デラボニの69年12月、イギリスでのライヴ盤。クラプトンg、カール・レイドルb、ボビー・ホイットロックkey、ジム・ゴードンdsという後のデレク&ザ・ドミノスに加えて、デイヴ・メイソンg、リタ・クーリッジvo、ボビー・キーズらのホーンズ、そのうえ、ミステリオーソという変名でジョージ・ハリスンまで参加という豪華なライブ。デラボニは相変わらずパワフルなことこのうえなく、観客も熱狂的な反応を見せている。解説書で小倉エージ氏も、本作は彼らの最高傑作であり、ロック史に残る傑作ライヴ・アルバム、と評価している。しかし。。。。ボニーとクラプトンの共作(7)「カミン・ホーム」なぞは圧巻としか言いようのない出来だが、ワタシとしてはどこか物足りない。それはたぶんクラプトンがソロを弾く曲がロックンロールでいまいち面白くないことが最大の理由。つまり本作のクラプトンに期待しすぎてはイケない、ということだ。★★★★
    2015.4.26 渋谷タワー 国内新品 734円 41%引き
    JUGEMテーマ:音楽
    | ノガッチ | ルーツ・ロック | 21:58 | comments(3) | - | - |
    0
      オリジナル・デラニー&ボニー/same

      デラボニが1969年にリリースしたセカンド。歌良し、曲良し、演奏良し、で素晴らしい!デラボニのボーカルはまるで黒人なディープなものだが、(4)の前半ではボニーがリッキー・リー・ジョーンズのようなロリ声ボーカルを披露しているのが驚き。曲はカントリー、ブルース、ゴスペル、ソウル、ロックが混然一体となったもので、それを芳醇なものとしているのがレオン・ラッセルのアレンジと素晴らしいバックの演奏。ミュージシャンはレオンp、g、ジェリーマッギーg、ボビー・ウィットロックkey、カール・レイドルb、ジム・ケルトナーds、ボビー・キーズsax、ジム・プライスtp、リタ・クーリッジcho。このアルバムのデモテープを聴いて、ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンがハマったという逸話には、そりゃそうだろう、とナットクが行く。そしてクラプトンは彼らと知り合ったことから、次作「オン・ツアー」に参加するばかりか、デラニーにデュアン・オールマンを紹介され、デレク&ザ・ドミノスの結成につながるというのは皆さんご存知の通り。南部ソウル・ファンにもオススメのスワンプ名盤。★★★★★

      2015.4.18 渋谷タワレコ 国内新品 734円 41%引き

      JUGEMテーマ:音楽
      | ノガッチ | ルーツ・ロック | 21:22 | comments(0) | - | - |
      0
        ジャッキー・デシャノン/ジャッキー

        時代(≒キャロル・キング)の先を行き過ぎて大ヒットに恵まれなかったシンガーソングライター、ジャッキー・デシャノンのアトランティック移籍第1弾となる1972年作は、プロデューサーにジェリー・ウェクスラー、トム・ダウド、アリフ・マーディンという3人の大御所を迎えて、メンフィスはアメリカン・スタジオでの録音。大御所達の仕事ぶりはさすがで、カントリーとR&Bを基調にゴスペルとウェストコースト・ロックも混ざったこのアルバムはルーツ・ロックやウェストコースト・ロックのファンにはタマらない一枚だ。アメリカン・スタジオ録音らしいR&B〜カントリー的な曲もあれば、バラードは後のボニー・レイットあたりを思い起こさせてウェストコースト的。本邦初CD化。★★★★

        2015.4.18 渋谷タワレコ 国内新品 734円 41%引き

        JUGEMテーマ:音楽
        | ノガッチ | ルーツ・ロック | 21:36 | comments(0) | - | - |
        0
          ボブ・ディラン/パット・ギャレット&ビリー・ザ・キッド

          アルバムの裏表を覆う全面オビの復刻がウレシイ「神」ジャケへの買い替え。

          「新しい夜明け」以来2年半ぶりとなる新録は、監督サム・ペキンパー、主演クリス・クリストファソンでディランも出演した映画(ワタシは未見)のサントラ。全10曲中歌入りは4曲。その歌入り曲の内の1曲が名曲(7)「天国への扉」。ワタシはこの曲をガンズ・ン・ローゼズのカバーで初めて聴いた。2分33秒しかないのがとても残念なこの名曲だけで「買い」だが、メキシカン・フレイバーあふれるインスト曲も、ディランのアルバムとしてはどうかという意見もあるかもしれないが、ワタシはイージー・リスニング的にとても好き。★★★★

          2014.11.13 HMV 新品紙ジャケBSCD2 1,814円 20%引き 

          JUGEMテーマ:音楽
          | ノガッチ | ルーツ・ロック | 21:29 | comments(0) | - | - |
          0
            The Alabama State Troupers / Road Show

            71年10月カリフォルニアでのライヴを収めたアラバマ・ステイト・トゥルーパーズの2枚組。このグループを率いるドン・ニックスはメンフィス出身。スティーヴ・クロッパー、ドナルド・ダック・ダンらとのマーキーズ結成メンバーで、ジェフ・ベックがカバーした2-(11)「Going Down」の作者としても知られるスワンプ・ロッカー。ニックスと女性シンガー、ジニー・グリーンをプロモートするために所属レーベルのエレクトラが企画したツアーのためにニックスが集めたメンバーはギター2、キーボード2、ドラム2、ベース1、コーラス5(Sounds Of Memphisレコード所属のThe Minutesの3人を含む)に78歳のカントリー・ブルース・シンガー、ファリー・ルイスを加えた大所帯。レオン・ラッセルが率いたジョー・コッカーのマッドドッグス&イングリッシュメンを地味にしたようなロック、ゴスペル、ブルースのレビュー。ストーンズのグレート・ギタリスト・ハントに呼ばれ、「ハンド・オブ・フェイト」で素晴らしいギターを弾いたウェイン・パーキンスのガッツあふれるロック・ギターが聴けるのがキモ。レココレ先々月号のツェッペリン特集に、このアルバムジャケのプリントTシャツを着たジョン・ポール・ジョーンズの写真が掲載されていた。なお、グループ名は「state troopers」ならば「州警察」の意味だが、「troupers」で「劇団の座員」という意味だ。★★★★

            2014.10.10 HMV 輸入新品2枚組 1,959円

            JUGEMテーマ:音楽
            | ノガッチ | ルーツ・ロック | 00:08 | comments(0) | - | - |
            0
              Dr.Feelgood / All Through The City (With Wilko 1974-1977)

              ウィルコ・ジョンソンg在籍時の全曲を収めたCD3枚とDVDのセット。CD1と2はファーストから4枚目のアルバムの全曲、CD3はレアテイクと未発表曲、DVDは五つのライブ映像だが、全て75年のもので時期が近接しているため曲のダブリが多く、全13曲22テイク。単体DVDとしても発売されていた「サウスエンド・カーサル」でのライヴ9曲32分が圧巻。ウィルコとジョン・スパークスbはそろってまっすぐ5〜6歩前に出てきては後ろに下がる、というアクションを繰り返す。何なんだこれは!?キミたち、ちょっと落ち着いたらどうなのか、と注意したくなる。それはさておき、徐々にウィルコのアクションは熱が入り、「Riot In Cell Block」でギターをライフル銃のように構え、アンコールの「Route 66」では驚異の12回連続開脚ジャンプ(ジャケ写のとおり)を見せる。それに負けじと腕立て伏せで対抗するリー・ブリローvoもスゴイ!ちなみにブリローはハープとスライド・ギターも達者だが、スライドを弾く時の肩の力の入り方も尋常でなくスゴイ。

              このセットは当初ブックサイズで出たが、ワタシが入手したのはジュウェルケース仕様の廉価版。心配だったのは、アマゾンのレビューにブックサイズ版のCD2はノイズが入る不良品だと書かれていたこと。このジェウェルケース版ではそのようなことは無かったので、値段も安いし、全てのロッカーは即買いすべし。★★★★★

              2014.4.30 HMV 輸入3CD+DVD  1,879円

              JUGEMテーマ:音楽
              | ノガッチ | ルーツ・ロック | 22:05 | comments(1) | - | - |
              0
                Eddie Hinton / Very Extremely Dangerous

                転勤で6月22日に千葉のアパートを引き払い、東京の自宅に戻りました。平日は自分一人で自由に過ごし、週末は自宅に帰ろうと思えばすぐに帰れるし、ゴルフに行こうと思えばすぐに行ける、という1年8か月の単身赴任は人もうらやむ理想的な日々でした。そんなこんなのドタバタで、連日の送別会やら歓迎会やら、新職場での情報交換のためと称した飲み会に明け暮れて、いまだにBOSEのCDプレーヤーも梱包を解かないままで、レコダイも随分ほったらかしてしまいました。

                さて、白人のオーティス・レディングと言われるエディ・ヒントンがカプリコーン・レーベルから78年に発表した本作は名盤と言われているそうだが、ワタシ的には全然ダメ。まさにオーティス直系のボーカルはまるで黒人だが、単に大味で下品さすら感じる。オーティスのボーカルは男根的なワイルドさがあっても下品にはならない、そこが決定的な違い。ヒントン自身がマッスルショールズのスタジオミュージシャンなので、その盟友であるバリー・ベケット等々によるバックサウンドは良いのだが。★★

                2014.2.1 FlapNotes 輸入中古 605円

                JUGEMテーマ:音楽
                | ノガッチ | ルーツ・ロック | 23:22 | comments(0) | - | - |
                0
                  ザ・バンド/ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク

                  SHMCDではない04年発売の旧規格盤でボートラを9曲も収録。ザ・バンドの68年デビュー盤はRolling Stone誌の「500 Greatest Albums of All Time」で34位にランクされた傑作でありロック史上の重要作のひとつ。全曲捨て曲無しのうえに、(5)「ザ・ウェイト」と(11)「アイ・シャル・ビー・リリースト」という2曲の決定的な名曲があるのだから強い。「ザ・ウェイト」の歌詞は難解と言われるが、確かに対訳を読んでも何を歌っているのかわからへん。内ジャケに掲載された写真に写るメンバーはオッサンにしか見えないが、ガース・ハドソンこそ30歳を超えているものの他のメンバーは20代後半。その若さでこのコク味を出しているのは驚異的。昨日の日経新聞夕刊の短期連載コラムに、井波律子 国際日本文化研究センター教授(1944年生まれ)が、ロックが無性に好きでザ・バンドのアルバムを偏愛し、長い間ほとんど毎日聞きつづけた、と書いているが、中国文学の専門家とザ・バンドという取り合わせのギャップが面白かった。★★★★★

                  2014.1.11 FlapNotes 中古紙ジャケ 850円

                  JUGEMテーマ:音楽
                  | ノガッチ | ルーツ・ロック | 22:20 | comments(2) | - | - |
                  0
                    ジェシ・エド・デイヴィス/ウルル

                    ジェシ・エドの72年発表セカンドはスワンプ・ロックの名盤、というより彼が残したわずか3枚のアルバムはスワンプ・ロック・ファンならば全て必携。バックはレオン・ラッセルkey、ドクター・ジョンkey、ドナルド・ダック・ダンb、ジム・ケルトナーdsなど。とにかく主役の個性的なスライド・ギターと朴訥なボーカルが唯一無二。(2)「ホワイト・ライン・フィーバー」と(9)「メイク・ア・ジョイフル・ノイズ」は我がブルースバンド、ブルース・ラリアットで演ったと思うが、50歳を過ぎてさらに飲み過ぎもあって物忘れがヒドくよく思い出せない。なお中古で買ったこの紙ジャケはなんだか線香臭い。中古LPでもしばしば線香臭いものに出くわすことがあったがなぜだろうか。仏壇にLPを飾っていたのだろうか。★★★★

                    2014.1.11 FlapNotes 中古紙ジャケ 919円

                    JUGEMテーマ:音楽
                    | ノガッチ | ルーツ・ロック | 23:34 | comments(1) | - | - |
                    0
                      クラウディア・リニア/same

                      彼女のことは名前も知らなかったが、ジョー・コッカーのマッド・ドッグス&イングリッシュメン・ツアーにもバングラデシュ・コンサートにも出演したという、アイケッツ出身のシンガー。しかし彼女を最も有名たらしめているのはストーンズの「ブラウン・シュガー」のモデルだということだ(このCDのライナーを読むまで知らなかったけど)。確かにノーマン・シーフが撮影したジャケ写ではノーブラでビーチクも露わにボインを誇示していてイケるし、実際、後年「ブラウン・シュガー」というタイトルを付けられてプレイボーイ誌のグラビア・ページに登場したそうな。そんな彼女にワーナー・ブラザーズもかなり期待したようで、この73年のデビュー盤に集めたメンツはライ・クーダー、アラン・トゥーサン、スプーナー・オールダム、チャック・レイニー、ジム・ケルトナーなど。録音はLAだが、B面はアラン・トゥーサンが仕切っている。スワンプロックの隠れた名盤と言われるが、「名盤」は言い過ぎにしても、今回「名盤探検隊」シリーズの一枚として1,200円という廉価で国内発売されたことで「隠れた」存在から脱却するだろう。しかし彼女は本作だけで音楽業界から足を洗ってしまった。★★★★

                      2013.12.31 FlapNotes 国内新品 900円 25%引き

                      JUGEMテーマ:音楽

                      さて、これで2013年の入荷商品の紹介はオシマイ。次は「2013年を総括する」です!
                      | ノガッチ | ルーツ・ロック | 21:30 | comments(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ