レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
トム・ジョンストン/真実の響き

JUGEMテーマ:音楽

ドゥービー・ブラザーズの創設メンバーであるトム・ジョンストンが1979年にリリースした初ソロ・アルバム。76年頃に健康を害してドゥービーの一線を退くことを余儀なくされたトムだが、ここではボーカルもギターも全く元気で、8曲中5曲にホーンセクションが入るロッキン・ソウルを繰り広げてゴキゲンな出来だ。ベストはギターカッティングのイントロがまるでドゥービーな(3)「サヴァンナ・ナイツ」。(5)「スモール・タイム・トーク」も初期ドゥービーそのもの。ニコレット・ラーソンやテッド・テンプルマンのコーラスが印象的な(6)「愛を抱きしめて」は都会的なミディム・バラード。(7)「アウトロー」にはマイケル・マクドナルド(key)とキース・ヌードセン(ds)が参加しているが、豪快なロックナンバーでマクドナルドの存在感は無い。その他の参加メンバーはジム・ケルトナー(ds)、ポール・ストールワース(b)、ビル・ペイン(key)、リック・チューダコフ(b)など。ドゥービーから追い出されちゃった哀愁を感じさせるジャケも良い。★★★★
2018.3.1 HMV 新品SHMCD 1,151円 18%引き

ニコレット・ラーソン/レディオランド

JUGEMテーマ:音楽

ニール・ヤング作の「溢れる愛」で78年にソロ・デビューした歌姫が80年に発表した3作目。バックにはパット・シモンズ、ジョン・マクフィー、タイラン・ポーター、キース・ヌードセンらドゥービーのメンバーに加え、リトル・フィートからポール・バレア、ビル・ペインが参加。オープニングのタイトル曲はニューウェーヴ的な色彩で、ニコレットがシャウト気味に歌ったりするのでちょっと引いてしまうが、2曲目からは従来路線で安心。(2)「ウー・ウィー」はリンダ・ロンシュタットがコーラスで参加したオールディーっぽい曲。(3)「愛のゆくえ」は絶品のAORナンバー。(4)「想い出にさようなら」はマイケル・マクドナルド色が濃厚。(7)「貴方がいるから」はリッキー・リー・ジョーンズっぽいシャッフル・ナンバー。(9)「ロング・ディスタンス・ラヴ」は前年に亡くなった作者のローウェル・ジョージを偲んだバラードの名曲。捨て曲ナシのウェストコーストAORの必携盤。彼女は1997年に45歳の若さで病没した。★★★★★
2018.3.1 HMV 新品SHMCD 1,151円 18%引き

ダニー・コーチマー/危険な遊び

JUGEMテーマ:音楽

ダニー・コーチマー(g、vo)の73年「クーチ」以来となる80年リリースのセカンド・ソロ・アルバム。パンクやニューウェーヴが盛んだった時代なので、(1)「恋の強敵」、表題曲の(7)のような性急なロックンロールを始めとして、全体にロック色が強い。それらの曲も悪くはないのだが、ベスト・チューンは(2)「ロスト・イン・ザ・シャッフル」で、ジャクソン・ブラウンが歌いそうなミディアム・テンポの名曲。ガッツィーなロックの(8)「エゴ・トリッパー」と少しリック・スプリングフィールドを思い起こさせる(9)「映画に夢中」がそれに次ぐ本作での聴き物。(5)にはリンダ・ロンシュタットがボーカル参加しているが、ホラー映画の叫ぶ声みたいで効果的とは言えないザンネンな仕上がり。(6)「ベティと友だち」はガシガシとしたリズムギターが気持ちいいロックナンバー。(10)「ヘアー・オブ・ザ・ドッグ」も快調に飛ばす。そのクーチは今年、本作以来38年ぶりとなるサード・ソロ・アルバムをリリースし、今月来日する!見に行きたいな〜!★★★★☆
2018.3.1 HMV 新品SHMCD 1,151円 18%引き

カーラ・ボノフ/same

JUGEMテーマ:音楽

カーラはワタシが最も好きなウェストコースト女性シンガー・ソングライター。1951年カリフォルニア州生まれ、ケニー・エドワーズ、アンドリュー・ゴールド、ウェンディ・ウォルドマンと「ブリンドル」というグループを組んで活動していた。リンダ・ロシュタットの1976年アルバム『風にさらわれた恋』で作品を取り上げられたことを契機にソロ・デビューを果たす。この1977年デビュー作にはそのリンダに提供した3曲、(1)「誰かわたしの側に」、(3)「またひとりぼっち」、(7)「彼にお願い」のセルフ・カヴァーを収録。(1)はアルバムの冒頭を飾るにしては重過ぎるが、(3)は絶唱系バラードの超絶名曲。(7)は力の抜けたこれまた名曲。アコギのアルペジオで歌われる(9)「流れ星」も絶品。バックはラス・カンケル(ds)、リー・スクラー(b)、ワディ・ワクテル(g)など。★★★★★
2007.11.12 渋谷ユニオン 中古紙ジャケ 1,836円

ポコ/レガシー

JUGEMテーマ:音楽

ポコは1969年に結成され、カントリー・ロックを牽引したバンド。本作は初期メンバーのジム・メッシーナ、リッチー・フューレイ、ランディー・マイズナーが復帰した上に、ティモシー・B・シュミットまでが参加した1989年作。SONYのAORシリーズの1枚として再発されただけあって、カントリーぽさは控えめ。ベスト・チューンはアダルト・コンテンポラリー・チャート10位のヒットとなった(5)「ナッシン・トゥ・ハイド」。イントロから「さあ、泣け〜!」と言わんばかりの直球ど真ん中バラードで、ランディ・マイズナーの熱唱が「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」を髣髴させ、最後にはイーグルスのような分厚いコーラスが入る。これに次ぐのがAOR的な(4)「流れのままに」と同2位のヒット曲(2)「コール・イット・ラヴ」。ロック・チューンも(7)「ラフ・エッジズ」の豪快なスライド・ソロが聴かせる。アルバム・チャート14位まで上がりゴールド・ディスクを獲得した本作は89年とは思えないようなウェスト・コースト・ロックの良盤。★★★★☆
2017.10.22 渋谷ユニオン 未開封中古 800円 26%引き

ジェニファー・ウォーンズ/ハートで一撃

JUGEMテーマ:音楽

1979年の5thアルバム。都会派路線を狙った風の表題曲(1)が大ハズシなので2曲目から聴いた方が良い。以降は従来通りのポップなウェストコーストロック。カントリータッチでリンダ・ロンシュタットみたいな(2)「アイ・ノウ・ア・ハートエイク」が全米19位のヒット。ジェシ・ウィンチェスター作の(4)「ユー・リメンバー・ミー」、ディラン作の(5)「サイン・オン・ザ・ウィンドウ」、自作の(6)「アイム・レストレス」などシンプルなバックでゆったりとしたバラードが並ぶ。アダルト・コンテンポラリー・チャート15位の(8)「恋の予感」はライ・クーダーのアルバムにでも入っていそうな南国的なポップで本アルバム中でベストの曲。最後は1854年のフォスター作の伝承歌「悲しみは一度だけ」のアカペラ。★★★☆
2017.10.15 渋谷ユニオン 未開封中古 850円 21%引き

ジェニファー・ウォーンズ/same

JUGEMテーマ:音楽

ジェニファーは1947年シアトル生まれのカリフォルニア育ちでシンガー・ソングライターとして1968年にデビュー。83年に全米No.1ヒットとなったジョー・コッカーとのデュエット曲「愛と青春の旅立ち」のテーマ曲で有名になったが、とても寡作な人でアルバムは8枚しかリリースしていない。これは1976年の4thアルバム。バラード中心でウェスト・コーストの女性ボーカル・アルバムとして沁み入るような佳作。(7)「星影の散歩道」が全米チャート6位のヒット。(3)「シャイン・ア・ライト」はストーンズのカヴァーで「無常の世界」のようなアレンジでゴスペル的に盛り上がる。★★★★
2017.10.22 渋谷ユニオン 未開封中古 800円 26%引き
テレンス・ボイラン/same

JUGEMテーマ:音楽

ボイランは1949年にNYで生まれグリニッチ・ヴィレッジでフォークシンガーとして活動し69年にソロ・アルバムをリリースしたがヒットせず、心機一転、西海岸に移り住みアサイラム・レーベルから77年に発表したのが本作。大学時代の友人ドナルド・フェィゲン(key)を始めとして、バックのメンツは矢鱈と豪華で、ドン・ヘンリー、ティモシー・シュミット(cho)、ジム・ゴードン、ジェフ・ポーカロ(ds)、チャック・レイニー、リー・スクラー(b)、スティーヴ・ルカサー、ディーン・パークス(g)、アル・ク−パー、デビッド・ペイチ(key)など。このメンツに魅かれて買ってみたのだが、肝心の主役の歌声も曲もジャクソン・ブラウンから一切のメリハリを取り去ったような感じで印象が薄い。そんな中、英国人シンガーのイアン・マシューズがカバーして全米13位まで上がった(2)「シェイク・イット」は絶品。80年にもアルバムをリリースしたがヒット曲は生まれずボイランは音楽シーンから姿を消した。★★★
2017.10.12 タワーオンライン 国内新品 1,193円 15%引き

J.D.サウザー/ユア・オンリー・ロンリー

JUGEMテーマ:音楽

イーグルスやリンダ・ロンシュタットに名曲を提供してきたシンガーソングライター、JDサウザーが79年にリリースした3枚目のソロ・アルバム。敬愛するロイ・オービソンへのオマージュと言われる表題曲(1)は全米7位(アダルト・コンテンポラリー1位)のヒットを記録。南国テイストがライ・クーダーみたいな(2)「イフ・ユー・ドント・ウォント・マイ・ラヴ」、ニコレット・ラーソンに提供した(3)「ラスト・イン・ラヴ」、リンダ・ロンシュタットが取り上げた(4)「ホワイト・リズム&ブルース」、グレン・フライと共作したパーティー・チューン(5)「ティル・ザ・バーズ・バーン・ダウン」と名曲が続く。フィル・エヴァリー、ジャクソン・ブラウン、グレン・フライ、ドン・ヘンリーなどがコーラスで参加。ウェストコーストロックを代表する名盤の一つ。★★★★★
2017.2.18 渋谷ユニオン 中古紙ジャケ 1,620円

キキ・ディー/ラヴィング・アンド・フリー

JUGEMテーマ:音楽

英国の女性シンガー、キキ・ディーがエルトン・ジョンのロケット・レコードに移籍して発表した1973年作。キキ・ディーは金澤寿和氏のAORディクガイドで紹介された78年の「Stay With Me」のCDを入手したがあまりにツマらなくて処分したということがあって印象が良くなかったのだが、本作はイイ!アコースティックなサウンドが中心でペダル・スティールを使う曲もあるけどファズギターがギンギンなロックもあるし、ゴスペル要素を含むアーシーな曲もあって、リンダ・ロンスタットに代表されるウェストコーストロックと近いが違う。これを何と形容したら良いのかと考えたら「エルトン・ジョン的」というのが最も良さそうだ。エルトン・ジョン自身も全面的に参加。さすが「(新)名盤探検隊」として再発されただけある。★★★★☆
2016.10.22 HMV 国内新品 1,049円 15%引き