ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
0
    V.A./ゲット・ダウン・ウィズ・ザ・フィリー・グルーヴ

    JUGEMテーマ:音楽

    大瀧詠一の『ロング・バケーション』のジャケでおなじみのイラストレーターにして筋金入りのソウル・ファンでもある永井博が選曲したフィリーソウル・コンピレーション。「サタデー・ナイト・フィーバー上陸40周年」を名目にしたディスコ・アルバムの再発シリーズの一環として企画された2枚組CDなので、内容はダンス・ナンバー・オンリー。収録されたのはハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ、マクファデン&ホワイトヘッド、テディ・ペンダーグラス、オージェイズ、マンハッタンズ、トランプスなど。有名どころではハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツの「ザ・ラヴ・アイ・ロスト」はやはり絶品中の絶品。トランプスのボーカル、ジミー・エリスはいつ聴いても最高。意外だったのはポップ過ぎてワタシの興味の対象外だったルー・ロウルズ「慕情の街」で、最近AORのコンピで初めて聴いた「ストップ・ミー・フロム・スターティング・ディス・フィーリング」も素晴らしかった。カレイドスコープというグループは初めて聴いたが「アイム・チェイジド・パーソン」というファルセット・リードが女声コーラスを従えたダンサーは、ワタシにとってこのCDで最大の収穫。アンソニー・ホワイトとラヴ・コミティーのシングル・オンリー曲も聴き逃せない。★★★★
    2019.4.26 タワーオンライン 国内新品2枚組 2,108円 22%引き

    | ノガッチ | ソウル・コンピレイション | 22:17 | comments(0) | - | - |
    0
      V.A. / デライトフル&ソウルフル/メロウ・ムーヴァー、ディープ・ムーヴァー

      JUGEMテーマ:音楽

      De-liteとその傘下レーベルに残された60年代、70年代のシングル音源からノーザン&ディープ系を揃えたコンピレーション2作。選曲をした鈴木啓志氏がレココレの年間ベストアルバムの第1位に選出して自画自賛していたが、それに全く異論が無い非常に充実したコンピ。De-liteというとクール&ザ・ギャングを筆頭にファンクからディスコ系のレーベルに印象しかなかったが、ここで聴けるのはそれとは全く違うタイプのソウル。「スウィート&モダン・ソウルを揃えた」と謳っている『メロウ・ムーヴァー』は、モダン・ソウルなぞ含まれておらず、25曲全てがグループ物のスウィート・ソウル。ほぼインストの(18)「Back On The Road Again」を除いてスウィート・ファンならば必聴と言える曲ばかりの大充実盤。強いてベスト曲を挙げればユニバーサル・マインズの(17)「Reach Out For Me」かな。対して『ディープ・ムーヴァー』はディープだけでなくノーザンやファンキー系も含む。コントリビューターズ・オブ・ソウル、ジョニー・ワシントンなどの絶品が含まれる一方で、イヴォンヌ・ダニエルズの(7)(21)、ジョニー・デヴァインの(8)などは下品な感じにしか聴こえなかった。そんな中、フェルトン・バークスの(9)「I'll Always Love You」は春風スウィート・ソウルの傑作だが、グループ名義でないから『メロウ〜』でなくこちらに収められたのだろう。「ボーナストラックのつもりで入れた」という超有名な最後の2曲「アンチェインド・メロディー」と「男が女を愛する時」は確かにその程度の出来。ところで鈴木先生はこういうコンピでは同じアーティストの曲を必ずバラバラに配置するのだが、まとめて配置して欲しいと切実に思います。『メロウ〜』★★★★★ 『ディープ〜』★★★★
      2018.3.13 タワーオンライン 国内新品 各2,387円 15%引き

      | ノガッチ | ソウル・コンピレイション | 22:52 | comments(0) | - | - |
      0
        Holland-Dozier-Holland / The Complete 45s Collection

        JUGEMテーマ:音楽

        60年代モータウンでヒット曲を次々と飛ばしたソングライター・チーム、ブライアン・ホーランド、ラモン・ドジャー、エディ・ホーランドがモータウンを離れて設立したレーベル、Invictus/Hot Wax/Music Merchantが1969年から1977年にリリースした157枚のシングル音源(Invictus96枚、Hot Wax44枚、Music Marchant17枚)にテストプレスの16曲とトム・モウルトンによる未発表リミックス3曲を追加した288トラックから成る驚異の14枚組ボックスセット。
        全曲が絶品のバリノ・ブラザーズを筆頭に、デトロイト・ソウル最高のシンガー、メルヴィン・デイヴィス率いるエイス・デイ、繊細なタイ・ハンターのグラス・ハウス、グルーヴィーな100プルーフ・エイジド・イン・ソウル、ジェネラル・ジョンソンとダニー・ウッズという二人の個性的なボーカリストを擁するチェアメン・オブ・ザ・ボード、コケティッシュな歌姫フリーダ・ペイン、ジャクソン・ファイブ的な初期から大人の女性へと進化していく女性トリオのハニー・コーン、超辛口の姉御ローラ・リー、ソロ・アーティストとしても素晴らしいラモン・ドジャーやブライアン・ホーランド、トロトロにスウィートなサイレント・マジョリティやスミス・コネクション、等々をラインアップするこのレーベルがワタシは最高に好き。288曲の中からとりあえず今思いつくままに5曲に絞ってオススメすれば、Barrino Brothers/I Shall Not Be Moved、8th Day/You've Got Crawl、Freda Payne/Cherish What Is Dear To You、Lamont Dozier/Why Can't We Be Lovers、Laura Lee/Her Picture Matches Mineで、これらはどれもYouTubeで聴けるので是非聴いてみてください。しかしYouTubeでバリノ・ブラザーズを検索したら90年代前半とおぼしき「Live on stage in Japan」との写真がアップされていたが来日していただなんて全然知らなかったぞ!見たかったーーっ!60ページのブックレット付き。★★★★★
        2016.7.1 輸入新品14枚組 6,318円

        | ノガッチ | ソウル・コンピレイション | 23:15 | comments(0) | - | - |
        0
          V.A./Harmony Of The Soul - Vocal Groups 1962-1977

          JUGEMテーマ:音楽

          英ケント編集によるソウルコーラスグループコンピレーションの最新作で全22曲。時代設定からして明らかなようにアーリーソウルが含まれる英国らしい編集なので全てがスウィートソウルというわけではない。また全編ミディアム〜スローで、ワタシが最も好きな「泣きながら踊れるダンサー」は無い。しかしシリーズ4作の中では本作が最もイイかもしれない。テリー・ハフ率いるSpecial Deliveryの永遠のスウィート名曲(3)「I Destroyed Your Love Pt.1」は別格として、その他のイケるスウィートものを挙げれば、The Smith Brothers、The Dramatic Experience、The Webb People、Brothers Of Soul、The Perfections、The Fabulous Determinationsなど。どうです?いかにもトロ〜リとしたスウィートソウルを聴けそうなグループ名でしょう?他の曲についてちょっとコメントすると、The Del-Riosによる1962年のデモ録音(15)はやけにサム・クックにソックリだと思ったらオヴェイションズのルイス・ウィリアムズがヴォーカルだった。(21)は66年のヒット「Searching For My Love」で知られるBobby Moore & The Rhythm Aceが71年に録音した未発表曲で、都会的になっていてとても意外だった。★★★★
          2016.4.20 HMV 輸入新品 1,639円

          | ノガッチ | ソウル・コンピレイション | 22:53 | comments(0) | - | - |
          0
            V.A. / The Complete Stax/Volt Singles Vol.3: 1972-1975

            JUGEMテーマ:音楽

            箱男師匠の教え「ボックスは買ったら終わり」との教えを忠実に守ってきたワタシだが、このボックスについては教えを破って全曲聴いてしまった。このボックスは1972年から75年のSTAX倒産までのR&B系のシングル213曲を収録した10枚組。シリーズの第3集目で第1集は9枚組244曲、第2集は9枚組216曲で、ワタシはそれらも所有しているが、全曲聴くのは本作が初めてだ(エヘン...じゃないか)。STAXのシングル集なのだからどのCDをとっても素晴らしいソウルが聴ける。ジョニー・テイラー、アルバート・キング、ドラマティックス等々大スターは数多くいるが、その中でアイザック・ヘイズとステイプル・シンガーズは制作面で別格の待遇を受けていたようだ。152ページの豪華ブックレット付き。★★★★★
            2016.1.20 タワーオンライン 輸入新品10枚組 5,509円

            | ノガッチ | ソウル・コンピレイション | 22:52 | comments(0) | - | - |
            0
              V.A./アヴコ・ソウル・エンバシー
              JUGEMテーマ:音楽

              ソングライター/プロデューサーコンビのヒューゴ&ルイージが設立したAVCOレコードとH&Lレコードからの(7)〜(21)にニューヨークのLAW-TONレコードの(1)〜(6)を加えたシングル・コレクション。AVCOはスタイリスティックスとヴァン・マッコイくらいしか知らなかったが、南部録音を買い上げたディープもあるし、スウィートやノーザンはもちろんのことモダンまであってバラエティに富んだ選曲になっている。(1)(5)は後にドラマティックスに加入するL.J.レイノルズがチョコレート・シロップというグループに在籍した時の曲で塩辛い熱唱が最高。(3)(6)のランドルフ・ウィーカーは人気が高い(と思う)が、ダーティーな歌声でワタシは好きじゃない。シングル2枚(+デュエット盤1枚)を残して消えたEd Bozeのディープながらしなやかなボーカルが絶品の(8)(9)とドロシー・ムーアの泣けるミディアム・スロー(11)がこのCDのハイライト。The Prolificsによるマッスルショールズ録音の(12)はフィリップ・ミッチェル作らしい淡々とした感じが沁みる。編集のMASKMAN氏、イイ仕事してます。★★★★★
              2016.2.6 HMV 国内新品 2,662円 15%引き
              | ノガッチ | ソウル・コンピレイション | 21:13 | comments(0) | - | - |
              0
                V.A. / Eccentric Soul〜Twinight's Lunar Rotations
                JUGEMテーマ:音楽

                シカゴで1967年から72年頃までの間に60枚程度のシングルをリリースしたトワイナイト・レーベルの音源をNUMEROがEccentric Soulシリーズとしてコンパイルした2CD全40曲。トワイナイトといえばシル・ジョンソンだが、シルは別途ボックスも組まれているのでこのCDには一切収録されていない。後にインプレッションズに加入するNate Evansの1-(4)「Main Squeeze」はノーザンソウルの傑作。Chuck & Mackの1-(20)「Powerful Love」はこのCDでは異色なディープソウル。Josephine Taylorの唯一のシングル、1-(16)「Is it Worth A Chance」と2-(16)「I've Made Up My Mind」の2曲はどちらも素晴らしいゴスペルバラードで、無名時代のダニー・ハザウェイがすぐに彼とわかるエレピを弾いている。Kaldironsの狂おしいファルセットによるスウィートソウルも良い。Notationsが3曲収録されているが、別途出た単独CDを入手したので紹介はその時に。なおP-Vineの20曲入りコンピ「ザ・シカゴ−トゥワイナイト・ソウル・ストーリー」(PCD-2170)とのダブリは8曲。P-Vine盤がバスター・ベントンを3曲収録しているのに対してソウルにフォーカスした本盤では収録ゼロ。トワイナイトでヒットしたシングルはシルのものだけなのでここに収録された曲はマイナーなものばかりだが、シカゴ・ソウルの秀逸なコンピであることは間違いない。★★★★
                2016.1.24 新宿ユニオン 輸入新品2枚組 2,052円
                | ノガッチ | ソウル・コンピレイション | 23:17 | comments(0) | - | - |
                0
                  V.A./ブランズウィック・シングルズ・コレクション−グループ編

                  シカゴ・ソウルの名門ブランズウィックに残されたグループ物のシングル音源集で、1965年から77年までに渡る全24曲。冒頭の、リアリスティックス、チャイライツ、チャネル3による3曲でつかみはバッチリ。以降もクーパレッツ、コンプラメンツ、ナイアレイションズ、ヴィジターズなど、ブランズウィックらしいファルセット・リードのスウィート・ソウルが満喫できる。(18)から(23)までの6曲は「カラテ・ブーガルー」とか、ジミ・ヘンが結成したバンド、キング・カジュアルズのジミヘンが抜けた後のメンバーによる「パープル・ヘイズ」といった珍品やファンクで、それらの代わりにスウィート曲を収録できなかったものかと残念に思うが、スウィート・ソウル・ファンならば即買いのCD。高橋道彦氏の解説は資料性が高く、歌詞も付いている。★★★★☆
                  2015.11.18 タワーオンライン 国内新品 1,592円 26%引き
                  JUGEMテーマ:音楽
                  | ノガッチ | ソウル・コンピレイション | 22:35 | comments(0) | - | - |
                  0
                    V.A./ユージン・レコード・ソングブックVol.1、2
                    ユージン・レコードとはシカゴを代表するソウル・ヴォーカル・グループ、シャイ・ライツのリード・シンガーにして優れたソングライターであって、レコード会社の名前ではなく人名です。そんな彼のペンによる曲を高橋道彦氏が監修し、2枚のCDに40バージョン集めた力作がソリッド・レコード(こちらは会社名)から出た。Vol.1の冒頭を飾るのはスウィング・アウト・シスター(S.O.S.)の1992年のヒット「アム・アイ・ザ・セイム・ガール」。この曲は元はバーバラ・アクリンのために書かれた曲だったが、バーバラが風邪のため歌入れを延期している内にヤング・ホルト・アンリミテッド名義のインスト「ソウルフル・ストラット」(Vol.1-18)として大ヒットしてしまったのだという。そのインスト曲をジョージ・ベンソンがカバーし、79年度グラミー賞ベスト・アレンジメント賞に輝いたバージョンがVol.2の末尾を飾る、というシャレた曲順構成。ワタシはS.O.S.の「アム・アイ〜」が好きでベスト盤を買ったし、ベンソンの「ソウルフル〜」が収録されたアルバム「インサイド・ユア・ラヴ」も繰り返し聴いたが、今の今までこれが同じ曲だとは気づきませんでした!その他の収録アーティストはシカゴ・ソウルの人達は当然ながら、ポール・ヤング、MCハマー、ジョス・ストーンといったメジャーどころに加え、ファイブ・ブラインド・ボーイズ・オブ・アラバマやライオネル・ハンプトンなんて名前も。ちょっと欲を言わせてもらうと。シャイ・ライツのバージョンが9曲。このCDに手を出すほどのユージン好きならばシャイ・ライツは当然に押さえているだろうから、名曲といえども外して良かったのでは。★★★★
                    2015.11.17 タワーオンライン 国内新品 各1,812円 27%引き
                    JUGEMテーマ:音楽
                    | ノガッチ | ソウル・コンピレイション | 21:37 | comments(0) | - | - |
                    0
                      V.A./ミュージック・マーチャント−コンプリート・シングルズ・コレクション
                      ホーランド/ドジャー/ホーランドのプロデュサー3人組がモータウンを離れて設立したレーベル、インヴィクタス/ホットワックスはバリノ・ブラザーズやエイス・デイなど、サイコー!なデトロイト・ソウルを生み出したが、彼らによる3番目のレーベルがミュージック・マーチャントで、1972年〜1973年に僅か17枚のシングルと2枚のLPを残した短命レーベルの、ダブリ曲を除く全シングル音源29曲を収録した2枚組CD。ブレンダ・ハロウェイ、ジョーンズ・ガールズはモータウン直系。エロイーズ・ロウズはインヴィクタスに近いサウンド。ジャスト・ブラザーズはインプレッションズ的。そしてLP(ジャケデザインも最高)も残したスミス・コネクションはトロトロのスウィートソウル(LP収録の4曲)とファンキー・ナンバーのPt1&2(これはどうでもいい)。ロック色の強いバンド、ワーロックと白人ロックグループ、スウィート・ロックの計4曲はツマラナイ。全アーティストの解説に歌詞も付いた国内盤2枚組CDが、数量限定で定価1,000円で発売されたので即ゲットした次第。★★★★★
                      2015.11.18 タワーオンライン 国内新品2枚組 936円 13%引き
                      JUGEMテーマ:音楽
                      | ノガッチ | ソウル・コンピレイション | 22:40 | comments(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ