ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    0
      V,A,/トミー・リピューマ・ワークス

      JUGEMテーマ:音楽

      2017年に80歳で生涯を閉じた名プロデューサー、トミー・リピューマの作品を集めた日本独自企画の3枚組。彼は61年のリバティー・レーベルを皮切りに、A&M〜ブルー・サム〜ワーナー・ブラザーズ〜ホライズン〜再びワーナー〜エレクトラ〜GRP/ヴァーブと渡り歩き、その間グラミー賞に33度ノミネートされて5度受賞。プロデュースしたアルバムは7,500万枚以上を売り上げた。1曲目を飾るのは彼のプロデュース作で最も有名であろう、ジョージ・ベンソンの76年作「ブリージン」で、このアルバムは、全米チャートでジャズ、R&B、ポップの各チャートで同時のNo.1を獲得した。他にはマイケル・フランクス、ニール・ラーセン、スタッフ、デオダート、ランディ・クロフォードといったフュージョン〜ソフト&メロウ系のアーティストによる名曲が並ぶ。そのジャンルの先駆けであったロジャー・ニコルスやニック・デ・カロの名曲も収録。最近の楽曲としてはポール・マッカートニーが2012年にスタンダードを歌った曲や、ノラ・ジョーンズ、ダイアナ・クラールといった名前も。しかしベンソンをはじめとする彼の代表的なプロデュース作をワタシはそれぞれのアルバムで既に持っているので、新たな発見は少なかったというのが正直な所で、収録された楽曲は良いけれど、私としてはあまり入手する必要が無かったかな、という意味で→★★★
      2019.9.21 アマゾン 国内新品3枚組 3,520円 28%引き

      | ノガッチ | その他 | 21:44 | comments(0) | - | - |
      0
        世界で一番ジミー・ペイジになろうとした男/ジミー桜井・田坂圭 共著

        JUGEMテーマ:音楽

        読みたいな〜と思っていた本が図書館に有った!
        これは書名の通り、世界で一番ジミー・ペイジになろうとした男、ジミー桜井氏の半生を描いた本。ジミーは63年10月に新潟県十日町生まれ。中2の夏にギターを弾き始め、キッスのコピーをしていたが、高1の秋にツッペリンを初めて聴いてからはツッペリン、というかジミー・ペイジ一筋。高校卒業後に東京の呉服問屋に就職するも2年で退職し地元に戻る。1990年、26歳で再び上京し、ジョージ吾妻氏(吾妻光良氏の実兄)が社長を務める日本エレクトロ・ハーモニックス社に入社し、楽器の営業マンとして活躍する一方で、93年にバンド『MR.JIMMY』を結成。2012年10月には東京でのライヴにペイジ本人が現れ、激励される。2014年、50歳にして会社を辞め、レッド・ツェッパゲインに加入するために単身渡米。しかし「もしも1973年マジソン・スクエア・ガーデン(MSG)公演に4夜目があったなら、ペイジはこう弾いたのではないか」とイメージしながら、ツェッペリンの世界を「リバイブ=蘇生」することを目指すジミーと、スタジオ録音曲の忠実なコピーにこだわる他メンバーとの方向性の違いから、2017年に脱退。同年11月からはジェイソン・ボーナムのバンド、『ジェイソン・ボーナム・レッド・ツェッペリン・イヴニング』に加入し、現在は日米を股にかけて活躍中。YouTubeでも今年9月のMSG公演の様子を見ることができるが、外見は当然ながらクネクネとした手足のアクションもまるでペイジ本人だ。ギターもアンプもペイジと同じ音を出すために徹底的にこだわっていて、59年製レスポールは58年製に比べてネックが細身なのでシャープな音が出るとか、コイルのゲージや巻き数を変えたピックアップを開発したり、ビンテージ・アンプのヒューズや電源ケーブルを交換したりと、とても素人には聴き分けられない世界だ。またペイジが75年と77年のツアーで着た『ドラゴン・スーツ』を車が買えるほどの費用をかけて作るも、パンツの龍の位置が5cmほど高い位置に刺繍されたので作り直している。それは「たかが5cmと思うかもしれないが、それによって膝を曲げた時の龍の見え方、動き方に大きな違いが出る」というのがジミーの説明だ。ただ単に大好きなペイジを追いかけることで道を切り開いてきた男の半生はとても清々しい。
        リットー・ミュージック2018年7月刊 1,800円

         

         

         

         

         

         

         

        | ノガッチ | その他 | 12:55 | comments(0) | - | - |
        0
          ディズニー/東京ディズニーリゾート ドリームス・オブ・25th〜リメンバー・ザ・ミュージック

          JUGEMテーマ:音楽

          東京ディズニーリゾート25周年(2008)記念盤がアマゾンで激安だったので購入。ワタシはディズニーランドのパレードが大好きで、どんな政治的過激思想の持ち主もこのパレードを見れば平和主義に転向するだろうに、とパレードを見るたびに思う。そのパレードで流れる音楽は、ハッピーな楽曲が素晴らしいコーラスと豪ジャスなサウンドで繰り広げられるので、ディズニー映画のサントラ盤よりも楽しめる。東京ディズニーランドのCDは矢鱈と沢山あるので「このアルバムのこの曲が〜」とコメントしてもしょうがないが、(3)「クラブディズニー スーパーダンシン・マニア(2000年)」のようなディスコ・ナンバーも最高にカッコイイ。★★★★

          2017.5.13 アマゾン 国内新品 571円 77%引き

          | ノガッチ | その他 | 22:26 | comments(0) | - | - |
          0
            ビリー・ジョー+ノラ/フォーエヴァリー
            グリーン・デイのビリー・ジョーと、ノラ・ジョーンズというとっても意外な組み合わせによるデュエット作で、エヴァリー・ブラザーズの「Songs Our Daddy Taught Us」(1958年)の全曲をカヴァー。ごく控えめにベースとドラムにペダル・スティール・ギターが入るが、殆どは二人のボーカルとギターのみ。滋味あふれるアコースティック・サウンドは結構なのだが、アメリカ中西部の白人老夫婦の家のラジオから流れてきそうなカントリーはモーレツに地味!そんなアルバムがパンクロックのグリーン・デイのコーナーに置かれていては、未開封紙ジャケにもかかわらず激安なのも理解できる。ジャズ・ボーカルのノラ・ジョーンズのコーナーに置いた方が売れるだろうに。地味だけど和めるグッド・タイム・ミュージック。★★★★
            2015.8.30 高田馬場ユニオン 新品紙ジャケ 680円 74%引き
            JUGEMテーマ:音楽
            | ノガッチ | その他 | 22:59 | comments(0) | - | - |
            0
              押尾コータロー/PANDORA
              去る7月5日に我が家から徒歩5分の五反田ゆうぽうと(現在は取り壊しのため閉館になってしまった)でFUSION FESTIVAL in TOKYO Vol.2が開催され、チケットがネットで安く入手できたので行ってみた。出演はカシオペア3rd、NANIWA EXPRESS、鈴木茂 ×村上”ポンタ”秀一×後藤次利×佐藤準、押尾コータロー、小林香織、と豪華だが、フュージョン人気や今いずこ、満席にはなっていなかった。ワタシとしては神保と東原とポンタという最も好きな3大ドラマーが一度に見られる!3者競演してくれないかな〜、と期待したがそれは叶わなかった。そのコンサートで感じた3点。
              .シオペア3rdは新しいkeyを迎えたラインナップで、ワタシ的にはすっかり過去のバンドだったが、いざ「ASAYAKE」や「ミッドナイト・ランデヴー」を演奏されるとモーレツに盛り上がる。カシオペアをあなどるべからず、と認識した。
              NANIWAで東原のドラムの音量は圧倒的にデカく、そのパワーの程は分かったが、ウルサかった。
              2“はアコギ一本ながらその音色は深く、迫力があった。
              というわけで、押尾が「ASAYAKE」にインスピレーションを得て書いたという(2)「彼方へ」がエラくかっこよかったので、コンサート会場でその曲が入ったCDを買った。むーーー。その(2)や(9)「Legend」のようなワイルドな曲はカッコイイが、アルバム通してアコギ一本だとどうしてもBGM的になってしまうなあ。特にカワイイ系のメロディーの曲はイケない。バンド演奏で聴いてみたいものだ。
              ★★☆ 2015.7.5 五反田ゆうぽうと 国内新品 3,200円 定価
              JUGEMテーマ:音楽
              | ノガッチ | その他 | 00:49 | comments(0) | - | - |
              0
                V.A./太陽に抱かれたい

                「幻の名盤解放同盟」によるミノルフォン(徳間ジャパン)編。「幻の〜」が90年代にP-Vineからリリースしたディープ歌謡曲集の中古盤はたいていプレミアがついているのだが、これはデジパックのジャケがややくたびれているものの安価だったので即買いした。ワタシは「幻の〜」のCDを3〜4枚所有しているが、どれもスゴすぎで片っ端から買っておけばよかったと後悔している(全部で25枚くらい出ているのだろうか)。ワタシがこのシリーズでとてつもない衝撃を受けたの海道はじめの「スナッキーで踊ろう」だったが、ジョニー広瀬によるこのCDのタイトル曲もスゴすぎる!曲名からは能天気なGSを予想していたのだが、ライナーノーツの「太陽のまぶしさによって犯罪に走ってしまうのも無理はない」というコメントもナットクのディストーションボーカルで、オビに書かれたとおり「日本歌謡史上にベットリ残る」曲だ。それに次ぐインパクトが、16歳の大門弓子が男に捨てられて全てを投げ打ってしまう(12)「どうだっていいわ」。下沢志郎の(7)「どかちんブルース」は「飲む・打つ・買う」の破滅的な演歌で、「昨日のあの娘は 惜しかった〜」という一節で、どれだけ惜しいシチュエーションまで行けたのかわからないが、「惜しかった」の節回しの情念のこめ方はスゴイ。GSのザ・シルビー・フォックス(13)「レッツ・ゴー・ミリタリー・ルック」は「レッツゴー・レッツゴー・レッツゴー ミリタリー・ルックでゴーゴーゴゴゴゴー」という歌詞に頭がクラクラするが、同じくシルビーの北欧GS(16)「風がさらった恋人」で恋人を追い求める「サリ〜ッ!」という絶叫はノックアウト級だ。これらのディープ歌謡を聴いてみたい人はYouTubeで「幻の名盤解放同盟」と検索すれば沢山出てきますよ。★★★★
                2013.9.16 新宿ユニオン 国内中古 1,200円
                JUGEMテーマ:音楽
                | ノガッチ | その他 | 20:30 | comments(2) | - | - |
                0
                  V.A. / Greatest Hits From Outer Space

                  国内仕様盤(邦題「宇宙時代のヒッパレー」)のキャッチコピーが面白いので長いけど引用しよう。
                  「1950年代からの冷戦下の米ソの宇宙開発競争により、宇宙が人類にとって身近なものとなりSF(小説・映画)が大流行した50〜70年代にかけての宇宙を舞台にしたSF映画音楽、ヒット曲、そして埋もれたままとなっている曲を収録した抱腹絶倒のコンピレーション。デヴィッド・ボウイ「スペース・オディティ」、バーズ「ミスター・スペースマン」、トルネードス「テルスター」などの今でも耳にすることが多い名曲から、カール・ベーム指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団「ツァラトゥストラはかく語りき(2001年宇宙の旅)」、ヴェンチャーズ「トワイライト・ゾーン」、レナード・ニモイ「宇宙大作成(スタートレック)のテーマ」、などの映画、TVの主題歌、そしてエラ・フィッツジェラルド「円盤のふたり」、ライトニン・ホプキンス「ジョン・グレン大佐に捧げるハッピー・ブルース」、ボビー・ウーマック「みんな月に行っちまった」、ジーン・ヴィンセント「スペース・シップ・トゥ・マーズ」など、何でこの人がこんな曲を?という珍品から、ビリー・リー・ライリー「ロックン・ロールUFO」、ジミー・ハスケル「ロッキン人工衛星」、ディック・ハイマン「かぐや姫」ただただブームに乗っかかった泡沫ソングまでの王道から邪道の玉石混合の24曲を収録。」
                  このコピーを読んで急いで買ったCDだが、正直言って失敗。テルミンがうなるモンド系のインスト曲はオモシロおかしく聴けるのだが、ライトニンやウーマックの曲は宇宙を題材こ求めているものの、至極まっとうな曲、というかウーマックの曲なぞは感動的なバラード。そもそもボウイの「スペース・オディティ」が笑いの対象になるわけもなく、「抱腹絶倒」を期待したのは間違いだった。つまりは国内盤のキャッチコピーおよび邦題の付け方が巧みだったということ。でも何を隠そう、実はワタシはSFマニアなのでこのコンピは大歓迎。点数を付けるのはヤボということで。
                   2013.7.17 HMV 輸入新品 1,600円
                  JUGEMテーマ:音楽
                  | ノガッチ | その他 | 22:50 | comments(0) | - | - |
                  0
                    AKB48/恋するフォーチュンクッキー

                    CDをまだ買っていませんが、今個人的にあまりにアツくなっているので取り上げます。
                    高校の同級生、ロジャー本間氏とメールのやり取りをしていたら、唐突に「ところで話は違いますがAKBの新曲は最高です(特にAKBファンって事ではないですが)。我々の年代からすると懐かしい感じです」と、ワタシが思っていたことと全く同じ感想を聞かされてビックリ。ワタシもAKBのファンでも何でも無いですが、テレビでチラッとサビを聴いて一発で気に入ったミディアムテンポのディスコナンバー。とにかくサビの美メロがサイコーで泣きながら踊れます!!さらに昨晩、ネットでPVを見たらこれまた激泣きの素晴らしさ。黒人DJが「日本人よ元気を出せ!この曲で踊り狂え!」と曲を紹介して(背後に掲げられたAKBのロゴはソウルトレイン風)、子供や高校生、サラリーマンにおじさん、おばさんと大勢の一般の人々が出てきて元気よく踊る。ワタシ、一般人が照れたりしながら笑顔で踊るというこのパターンの映像に弱いのです。そんな中、満身創痍で今年引退したプロレスラー小橋健太が出てくるのも更なる感動を呼びます。圧巻はAKBがストリートで収録したシーンで、何千人という人が繰り出して大変な盛り上がりよう。これはブルース・スプリングスティーン「明日なき暴走」のビデオクリップでスタジアムの何万人という観客が一斉にウェーブするシーンに匹敵するコーフン度です。★★★★★
                    ついでに言っておくと、「太陽とシスコムーン」の「Magic Of Love」(1999年)がフィラデルフィアソウル歌謡の名曲なので、YouTubeで簡単に聴けるから知らない人はぜひお試しあれ。
                    JUGEMテーマ:音楽
                    | ノガッチ | その他 | 23:47 | comments(5) | - | - |
                    0
                      ジルベルト・ジル/ナイチンゲール

                      ワタシが紹介したいポイントを網羅しているのでCDオビを転記しよう。「セルジオ・メンデスをプロデューサーに迎え、ジルの世界進出を狙った1978年作。リー・リトナー、ドン・グルーシン、エイブ・ラボリエル、アレックス・アクーニャ、スティーヴ・フォアマンら腕利きミュージシャンが参加したアメリカ録音」。このアルバムは当時フュージョンに入れあげていたワタシが細部まで読み込んでいた雑誌ADLIBに広告が載っており、リトナー・グループが全員参加とあって長らくオビ付きLPを探していたもの。当然、1978年というフュージョン全盛時代の音を期待して買ったCDだが、それっぽいサウンドは「味付け」程度に過ぎず、オビの「溌剌としたフュージョン・サウンドをバックに」という部分は違った。ブラジル音楽のファンはこのアルバムをどう評価するのか分からないが、フュージョンファンの耳には面白くなかった。★☆
                      2012.12.8 渋谷レコファン 国内新品 1,701円 10%引き
                      JUGEMテーマ:音楽
                      | ノガッチ | その他 | 23:27 | comments(0) | - | - |
                      0
                        Brian Eno/Ambient 1 : Music For Airports

                        78年発表のアンビエント・ミュージックの第一弾。環境音楽と訳され、聞き流すこともじっくりと鑑賞することも出来る音楽としてイーノが再定義した。実際その通りの音楽で、ピアノを中心とした静謐なサウンドは寝る時のBGMに最適な一方、じっくり聴いても面白い。空港でBGMとして流れることを想定して作られたこのCDは、イメージ的にはヨーロッパの空港にピッタリ合いそうでオシャレですらある。同趣向のアルバムは4〜5枚出ていてワタシは律儀にほとんどを揃えているが、このアルバムが一番好き。なお裏ジャケには記号による楽譜のようなものが掲載されているが、このデザインがいかしていて、イーノの才人ぶりが感じられる。★★★★★
                        2012.2.18 輸入新品 HMV 800円
                        JUGEMテーマ:音楽
                        | ノガッチ | その他 | 19:54 | comments(3) | - | - |
                        CALENDAR
                        SMTWTFS
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << March 2020 >>
                        PR
                        SELECTED ENTRIES
                        CATEGORIES
                        ARCHIVES
                        RECENT COMMENTS
                        MOBILE
                        qrcode
                        LINKS
                        PROFILE
                        このページの先頭へ