ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
0
    V.A./Back Me To The River: More Southern Soul Stories 1961-1978

    JUGEMテーマ:音楽

    『テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー』(2008年)の続編となる英KENT編集の3枚組ディープソウル集、全75曲(白人シンガーを2曲収録)。アメリカ南部産の純サザン・ソウルのみならず、北、東、西部産のサザン・スタイルのソウル・ミュージックまでをも網羅したのが本作の特徴。一番印象に残ったのはフレディー・スコットの「Cry To Me」で、NY録音なので洗練された(=ワタシ的には食い足りない)サウンドだろうと思っていたら「ド」がつくディープバラードだった。スムーズな路線ではCPラヴの「I found All These Things」、ルーベン・ベル「Asking For The Truth」あたりが絶品。ジミー・ブラズウェル「Home For The Summer」は厚いストリングスでスウィートな感じもする。他にもジョー・ウィルソン「You Need Me」やウィリー・ハイタワー「Don’t Blame Me」などの良曲がタップシ。大物シンガーも多数収録されており、アレサ・フランクリン「Ain't No Way」が素晴らしかった。そして本CDのハイライトはソウル・チルドレンによる及ぶ未発表のビートルズ・カバー「Yesterday」。1番こそ原曲のメロディーに沿って歌われるが、それ以降はメロディーを崩してゴスペル丸出しのディープソウル展開。途中からはブラックフットによる語りとシャウトで昇天する9分間。一方レア・グルーヴ方面から評価が高いらしいリー・モーゼスは、やはり下品な感じのボーカルが好きになれない。全収録曲を詳細に解説した64ページのブックレット付き。そこに掲載された70年代の黒人街の写真がイイ雰囲気でソソられる。★★★★★
    2018.11.20 輸入新品3枚組 5,014円

    | ノガッチ | ディープソウル | 19:10 | comments(0) | - | - |
    0
      パターソン・シンガーズ/same

      JUGEMテーマ:音楽

      男性1名と女性4名から成るゴスペル・グループが1972年にアトコ・レーベルに残した唯一の世俗アルバム。内容は基本的に60年代的ディープ・ソウルだが、(8)(10)あたりは70年代らしいモダンな曲。全11曲捨て曲ナシの隠れた名盤だが、中でも気に入ったのは、「I'd Rather Go Blind」みたいなディープ・バラード(1)「My World Tumbles Down」、モータウン的なダンス・ナンバー(2)「How Can You Say That Ain't Love」、ニュー・ソウル的な(10)「That's Understanding」。グラディス・ナイト&ザ・ピップスの(7)「A Letter Full Of Tears」もガッツあふれる仕上がりだ。★★★★☆
      2018.9.13 HMV 国内新品 875円 15%引き

      | ノガッチ | ディープソウル | 20:38 | comments(0) | - | - |
      0
        Dan Penn/Close To Me: More FAME Recordings

        JUGEMテーマ:音楽

        ダン・ペンがアラバマ州マッスル・ショールズのFAMEレーベルの専属ライターだった1963年から66年に録音した音源集の第二弾。ソングライターであるペンがシンガーに曲を歌って聴かせるためのデモ音源なので全24曲中22曲が未発表曲。(2)「Without A Woman」(テッド・テイラー)、(15)「Lovely Ladies」(ジミー・ヒューズ)、(18)「She Ain't Gonna Do Right」(クラレンス・カーター)等のサザン・ソウル・ファンにはおなじみの楽曲を含むものの、ソウル色の弱い曲もあり第一集に比べると劣る。しかしラスト曲の(24)「Downright Uptight Good Woman」(ローラ・リー)はバックがピアノ、オルガン、アコギだけの思いっきりデモ録音だがペンのボーカルが最高どころか至高だ!★★★☆
        2016.10.22 HMV 輸入新品 1,599円

        | ノガッチ | ディープソウル | 22:52 | comments(0) | - | - |
        0
          ジェイムズ・カー/ア・マン・ニーズ・ア・ウーマン

          JUGEMテーマ:音楽

          ワタシが最も好きなソウル・シンガー、ジェイムズ・カーがゴールドワックスに遺した1968年発表のセカンド・アルバム。オリジナル盤の全11曲に加え、未発表1曲を含む計13曲のボーナス・トラックを収録した紙ジャケを通常プラケース盤から買い替え。(9)「The Dark End Of The Street」と(11)「You've Got My Mind Messed Up」の2曲は前LPとダブるが、どちらも超名曲だから再び聴かされても文句は無い。前作に優るとも劣らないディープソウルの決定的名盤を前にしては気の利いたコメントも思い浮かばず、せいぜいジャケデザインがホラーだった前作よりこちらの方がイイな、というくらい。音質もきわめて良好。前作同様の必聴盤。★★★★★
          2016.7.12 HMV 新品紙ジャケ 1,820円 33%引き

          | ノガッチ | ディープソウル | 21:54 | comments(0) | - | - |
          0
            フレディー・ウォーターズ/コンプリート・レフオーリー・レコーディングス

            「JUGEMテーマ:音楽

            彼の唯一のアルバム「ジャスト・イナッフ・トゥ・ゲット・ミー・クール」は昨年6月に紹介しているが、「USブラック・ディスク・ガイド」で「シングルの方が出来が良いものが多い」との評価を受けていたそのシングル集が出た。ここに収められたのはナッシュビルのRef-O-Reeレーベルで1968〜73年に録音された15曲と80年代録音の2曲からなる全17曲で、うち2曲は未発表曲。ジョニー・テイラーの影響も大きい、艶のあるハイトーン・ヴォーカルは絶品で、サザン・ソウル・ファンならば即買いのCDだ。「USブラック〜」でフレディーと同じページで紹介されているボビー・パターソンをかつてレコダイで絶賛したことがあるが、本作もそれと並ぶ大推薦盤。ワタシが特にオススメしたいのは(1)(4)(6)(11)(13)(15)あたり。盤起こしのためチリチリとノイズが入る80年代録音の(16)(17)はブルースとモダンソウルで(17)は結構良い出来。鈴木啓志先生による詳細な解説と歌詞付き。一つ注文を付けたいのは曲順をリリース順にしてくれれば良かったのに。★★★★★
            2016.6.22 HMV 国内新品 1,913円 23%引き

            | ノガッチ | ディープソウル | 22:10 | comments(0) | - | - |
            0
              Dan Penn & Spooner Oldham / The Complete Duo Recordings
              数多のサザン・ソウルの名曲を生み出したソングライター・コンビ、ダン・ペン&スプーナー・オールダムの1998年ライヴ盤「モーメンツ・フロム・ディス・シアター」(14曲収録)に、2006年ロンドンでのライヴDVDをセットにしたデラックス版。もちろん「モーメンツ〜」のCDは持っていたが、DVD欲しさに買い替えた。22曲収録のDVDは3台程度の固定カメラで撮影された低予算なものだが、アコギとエレピの伴奏に二人のボーカルだけというシンプルな音楽には凝ったカメラワークなど不要だからこれで十分。セルフ・カヴァーとなる「I'm Your Puppet」、「Sweet Inspiration」、「Cry Like A Baby」、「Do Right Woman, Do Right Man」、「The Darke End Of The Street」といったサザン・ソウルの名曲を、ダン・ペンがその素晴らしく滋味深い声で歌うのだからサザン・ソウル・ファンは必携。一番キタのは「Do Right Woman〜」のボーカルの切なさ。ダンのボーカリストとしての力量は、彼が作曲してガイドボーカルを歌ったデモテープの方が、たいていは完成版よりも良かった、という証言があるほど。限定盤らしいので入手はお早めに。
              以前にレコダイに書いたかもしれないが、ワタシは98年にこの二人のライブをサンフランシスコで見て、日本じゃ絶対見られないライブだぞ、うらやましいだろ、や〜い、や〜い、と自慢していたら、翌年に来日公演が実現してしまった。その来日公演では「The Dark End〜」で手拍子を始めたバカがいて困った。★★★★★
              2015.8.6 アマゾン 輸入CD+DVD 1,984円
              JUGEMテーマ:音楽
              | ノガッチ | ディープソウル | 20:07 | comments(0) | - | - |
              0
                Willie Hightower / same
                かつてP-Vineから編集盤LP(PLP-6002)も出ていたが、意外にも「USブラック・ディスク・ガイド」に選出されていないウィリー・ハイタワー。ハイタワーはサム・クックの影響が如実ながら、よりディープな歌声のアラバマ出身シンガー。本CDはCapitolから69年に出た彼の唯一のアルバム「If I Had A Hammer」をベースに、以後のFAM録音の6曲をコンプリート収録した全18曲。このCDは2004年頃リリースされたが、当時出回ったのはコピー・コントロールCD(CCCD、ユーザー無視の規格でアッという間に消えましたね)が主で、CCCDでない普通のCDもリリースはされていたが入手しにくかった。それが今頃になってヒョッコリと新宿ユニオンのアウトレットコーナーにあったので即購入(掲載したジャケ写はCCCDですが)。内容はサザン・ソウル・ファンならばマスト。やはりFAME録音の6曲がイイ。★★★★★
                2015.7.17 新宿ユニオン 輸入新品 1,200円
                JUGEMテーマ:音楽
                | ノガッチ | ディープソウル | 23:20 | comments(0) | - | - |
                0
                  Eddy Giles / Souther Soul Brother
                  ルイジアナ州シュリーヴポート出身ディープ・サザン・ソウル・シンガー、エディ・ジャイルズが1967〜68年に遺したMurco録音コンプリート集。ジャイルズといえばかつてVIVIDから出たLP「I'm A Losing Boy」(VS-1015)を愛聴したのでこれは待望のリリース!そのLPの表題曲だった哀愁あふれる南部ミディアム・ダンサーの名曲がCDのオープニングを飾るのは当然の選曲として、それ以降に聴き覚えのある曲が無いと思ったら、LPとCDとで曲が全然重複していない。VIVID盤は表題曲以外はMurco以降の70年代の録音を集めたものだった。というわけでジャイルズの最高の音源のCD化はまだ「おあずけ」のようだ。なお名前の表記がVIVID盤はEddyでなくEddieとなっているがMurco以降、Eddieに変えたようだ★★★☆
                  2015.7.3 HMV 輸入新品 1,678円
                  JUGEMテーマ:音楽
                  | ノガッチ | ディープソウル | 22:55 | comments(0) | - | - |
                  0
                    ジェイムズ・カー/ユー・ガット・マイ・マインド・メスド・アップ
                    オビに「不世出のソウル・シンガー、ジェイムズ・カーがメンフィスの名門サザン・ソウル・レーベル、ゴールドワックスから1967年に発表したソウル史に燦然と輝く大傑作」とあるが、まさしくその通りで、ジャケは無用に怖いがひるむことなく万人に聴いて欲しいディープソウルの最高峰。ワタシにとってこのアルバムは、VIVID版LP→VIVID版CD→英KENT版CD→今回の紙ジャケ、と4回目の買い替えになる(LPはいまだに所有しているが)。この紙ジャケは英KENT版CDを日本製紙ジャケに収納したもので、収録曲はKENT盤と当然に同じく12曲のボートラを追加した全24曲。カバーを多数生んだ(7)「ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート」を筆頭に、(2)「ラヴ・アタック」、表題曲の(12)など必聴、と個別の曲名を挙げるのもまどろっこしい大名盤。★★★★★
                    2015.5.20 高田馬場ユニオン 新品紙ジャケ 2,160円 20%引き
                    JUGEMテーマ:音楽
                    | ノガッチ | ディープソウル | 21:46 | comments(1) | - | - |
                    0
                      O.V.ライト/ライヴ・イン・ジャパン
                      80年11月に41歳の若さで急逝するOVが、死の前年79年9月に行った日本公演でのライブ盤。バックはホッジス3兄弟とハワード・グライムスの黄金のハイ・リズム。死の直前で声が細いとか、バックが荒いとか言われるが、(6)「ゴッド・ブレスト・アワー・ラヴ〜男が女を愛する時〜ザッツ・ハウ・ストロング・マイ・ラヴ・イズ〜ユーアー・ゴナ・メイク・ミー・クライ」の15分を超すメドレーを聴けばそんな雑音はすべて吹き飛ぶ。ソウルの日本でのライヴ盤といえば真っ先にオーティス・クレイが思い浮かぶが、本作も忘れてはいけない。★★★★☆
                      2015.5.10 高田馬場ユニオン 新品紙ジャケ 1,851円 29%引き
                      JUGEMテーマ:音楽
                      | ノガッチ | ディープソウル | 21:03 | comments(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ