ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
0
    松岡直也/Welcome (2in1 完全版)

    JUGEMテーマ:音楽

    83年7月に行われた、モントルージャズフェスでの(7)〜(10)と帰国後の六本木ピットインでの(2)〜(6)に、スタジオ録音(1)(11)を収録したLPでは2枚組だったもの。メンバーは松岡直也(key)高橋ゲタ夫(b)是方博邦(g)津垣博通(key)多田牧男(ds)ウィリー長崎(per)田中倫明(per)。80年に「松岡直也&ウィシング」としてモントルーに出演した際の『Live at Montreux Festival』は5人のホーンズを含む総勢11人による演奏が、「世界に打って出るぜ!」という熱気が溢れる名盤だった。それに比べると今回の編成は7人とこじんまり。しかしそれぞれが9分と12分を越す(7)「Maple Wind」と(8)「Sunspot Dance」での熱気は80年と遜色無い。それは六本木での(4)「Amorosa」と(5)「Monologue」も同様で、その原動力となっているのはゲタ夫の強力なベース。5年程前に観客が20人くらいしかいないライブでゲタ夫をかぶりつきで観る機会が有ったが、ニカーッと満面に笑みを浮かべながらプレイするゲタ夫は最高だった!ウィシング時代もメロディーは親しみやすかったが、今回は圧倒的に歌謡曲的(85年には中森明菜の「ミ・アモーレ」を書いている)になっているところで好みが分かれるかも。★★★★
    2019.4.26 タワーオンライン 国内新品 1,096円 22%引き

    | ノガッチ | J-FUSION | 21:26 | comments(0) | - | - |
    0
      V.A./アウトテイクス〜ギター・ワークショップVol.2 ライヴ

      JUGEMテーマ:音楽

      1978年10月20日と21日、六本木ピットインで行われた2日間のライヴは『ギター・ワークショップ Vol.2 ライヴ』としてリリースされたが、2018年リリースのこのCDはそのアウトテイクの一部を集めたもの。大村憲司、秋山一将、森園勝敏、山岸潤史の4人が1曲づつと最後に全員参加してのセッションの計5曲。バックは全曲、bとdsは小原礼とポンタのコンビで、keyは曲毎に坂本龍一、笹路正徳、難波弘之という今となってはトンでもなく豪華ラインアップ。ソロをたっぷりフィーチャーしているため、どの曲も矢鱈と長く、大村の(1)「バンブー・ボング」にいたっては14分もあり、うち坂本のkeyソロが6分も続く。全員セッションの(5)「サンバ・デ・ユニティ」も13分あり、なんだかゴチャゴチャしているが、それがこの時代のJ-Fusionの熱気というものか。★★☆
      2019.5.5 アマゾン 国内新品 1,716円 31%引き

      | ノガッチ | J-FUSION | 19:32 | comments(0) | - | - |
      0
        則竹裕之/DREAMS CAN GO

        JUGEMテーマ:音楽

        1999年、当時T-SQUAREのドラマーだった則竹裕之のソロ・アルバムで、どうやらこれが現在に至るまで唯一のソロ・アルバムらしい。サウンド・メイクの中心は1981年にバンド『羅麗若』としてデビューした古川初穂(key)と古川望(g)兄弟。その他の参加アーティストはグレッグ・リー(b)渡辺健(b)住友紀人(sax)など。安い中古盤だったから買ってみたのだが、これがナカナカの好盤。(1)とそのリプライズ(10)はスムース・ジャズ、(2)(3)はハード・フュージョンで古川望のロック・ギターが活躍する。(4)はメセニーのようなメロディーラインを持った曲。(5)はアコースティック・ジャズ。(6)はテクノっぽいビート。(7)はウェザー・レポート風。(8)はバラード。チック・コリア・エレクトリック・バンド的な(9)「Cyber City Slicker」が本CDのベスト・チューンで、シンセ・ソロでプログレっぽくなるところが痛快。★★★★
        2019.4.20 渋谷ユニオン 国内中古 450円

        | ノガッチ | J-FUSION | 21:11 | comments(0) | - | - |
        0
          ポンタ村上/驚異のパーカッション・サウンド!!

          JUGEMテーマ:音楽

          村上“ポンタ”秀一が、1976年に深町純のプロデュースで作り上げた初のリーダー作。演奏はポンタと深町(synth)の二人のみで、1曲のみ高水健司(b)が参加している。ポンタの多彩なドラミングが満喫できるアルバムと言えばまあその通りなのだが、いくつかの曲はポンタ一人の演奏をサウンド・エフェクトしたりコラージュしたもので、決してとっつき易いとは言い難い内容のアルバム。そのアヴァンギャルドさは、(1)「偏執狂ダンス」(3)「絶対空間」(5)「前兆の角度」(8)「三軸展開」といった曲名からも予想がつくだろう。「曲」としてフツーに聴けるのは(2)「接点」くらいか。なお、SHMCDのおかげでもあろうが、もともとオーディオ・ファン向けの「プロユース・シリーズ」で発売されたLPだけあって、ド迫力の低音といい音はすこぶる良い。★★
          2019.3.23 タワーオンライン 国内新品SHMCD 1,427円 29%引き

          | ノガッチ | J-FUSION | 21:47 | comments(0) | - | - |
          0
            TRIX/IMPACT、TRICK

            JUGEMテーマ:音楽

            『IMPACT』は2011年の通算8枚目。弱冠23歳のギタリスト菰口雄矢が加入した新生TRIX第1弾。標題曲の(1)はまるでカシオペアな曲。リーダーでドラムの熊谷は元カシオペアだが、野呂一生以上にカシオペア的な曲を書く。一方(2)はまるでT-SQUAREな曲。(3)はベースのユニゾンも凄まじいまるでチック・コリアな曲。(4)「肩コリッ」はオバカ曲。彼らは必ずと言って良いほどこのようなオバカ曲を収録するが、あまり面白くないので止めればいいのに。(5)「Dolphin Beach」という曲名通りのリゾート風フュージョン。(6)はバラードの小品。菰口作の(7)「Reconstruction」が本作のベストチューン。★★★☆
            『TRICK』は2014年の通算11作目。バークリー音楽院を首席卒業というAYAKIがキーボードに加わった。表題曲の(1)は典型的なTRIXの曲で、メロディーとリズムに少し日本的な下世話さが有るのがその特徴。AYAKIのシンセによるフルートの音色のメロディーラインも爽やかな(2)はカリビアン・テイスト。(3)「ビンゴッ」は高速のハイテク曲。ベースの須藤作の(6)「Trick or Treat」もスゴテク曲で一瞬挿入される6連符のキメが鬼。(7)はAYAKI作曲だが最もフィーチャーされるのはドラム・ソロ。(10)は春風が似合うポップナンバー。★★★★
            IMPACT 2019.3.3 新宿ユニオン 未開封中古 1,100円 64%引き
            TRICK 2019.3.17 新宿ユニオン 国内中古 1,300円
             

            | ノガッチ | J-FUSION | 23:11 | comments(0) | - | - |
            0
              山岸潤史/REALLY?

              JUGEMテーマ:音楽

              ウェスト・ロード・ブルース・バンド〜ソー・バッド・レビューと関西のブルース〜ソウルの名バンドを渡り歩いたギタリスト山岸潤史が79年にリリースした初ソロ・アルバムで、全曲インストのバリバリのフュージョン・アルバム。バックは村上ポンタ秀一(ds)鳴瀬喜博(b)小原礼(b)ジョニー吉長(ds)など。ズバリ言ってトゥー・マッチ。ギターは弾きまくるし、ホーンズや女声コーラスは多ければ多いほど良いとでも思ったかのようなアレンジ、余計なサウンド・イフェクトなど全てがトゥー・マッチ。クリアーなギターの音色で始まるポップでメロウな曲でも、ギターソロになるとディストーションがかかり、曲調は糸の切れた凧のようにあれよあれよと変わってしまう。そこに余計な油を注ぐのが2曲にゲスト参加した元アイソトープのギタリスト、ゲイリー・ボイルで、山岸と二人そろって似たスタイルのギターを弾きまくる。唯一トゥー・マッチでないのはブルージーなバラードのラスト曲。とはいえ、全編、熱演であることは間違いなく(とくにポンタ)、フュージョンという新しい音楽に取り組んだ血気盛ん、かつ高度なテクニックを有していた日本人ミュージシャン達の記録としては面白い。★★★☆
              2019.1.10 HMV 国内新品UHQCD 2,037円 18%引き
               

              | ノガッチ | J-FUSION | 21:31 | comments(0) | - | - |
              0
                TRIX/FORTUNE

                JUGEMテーマ:音楽

                菰口雄矢が脱退し、3代目ギタリストに元「有形ランペイジ」(一体どんなバンドなんだ?)の佐々木秀尚を迎えた、2017年リリースの通算14作目。佐々木は2005年、リットーミュージック主催ギター・マガジン「最強プレーヤーズコンテスト」でグランプリを受賞した人。(1)はカシオペアそっくりのポップな曲。(2)はニューミュージックみたいなメロディー。(3)は複雑なキメのメロディーを持ったテクニカルな曲。(4)は生ピアノ中心のバラード。KeyのAYAKIが書いた(5)はニューヨークのハードフュージョンみたいな曲で、ホーンズの音色でのシンセのアレンジもカッコよく、さすがバークリー音楽院主席卒業の片鱗を見せる。(6)はJ-POPというよりも歌謡曲い近いくらいになキャッチーなメロディーを持った曲。ベースの須藤作の(7)はベースとドラムソロをフィーチャー。(8)はアコースティックギターがメロディーを奏でる涼やかな曲。佐々木は(9)で作曲の才能も見せる。彼らのアルバムにはいつも収録されているオバカ曲が無いのが本作充実の最大の理由。★★★★
                2018.12.28 HMV 国内新品 2,392円 26%引き

                | ノガッチ | J-FUSION | 21:25 | comments(0) | - | - |
                0
                  TRIX/12支フュージョン

                  JUGEMテーマ:音楽

                  デビュー12周年にして12作目のアルバムということで、干支にちなんだ12曲を収録した2015年作。とはいえ2曲はサウンド・エフェクトみたいなものなので実質は10曲。タイトル曲である(2)「十二支」はただ十二支を連呼するコーラスの入ったオバカ曲。アルバム後半に良い曲が多く、AYAKI(key)作の(6)「Crystal Zodiac」はノン・ディストーション・ギターも心地よい、彼らにしては珍しいジャズ寄りの曲。熊谷(ds)作の(7)「辰巳(Touch Me)」はモロにカシオペア風で、これを野呂一生が弾いたならば体を左右に揺らしながらリズムギターを弾く姿が目に浮かぶようだ。須藤(b)作の(8)「Flying Dragon」はテクニカルながら美メロを持った本アルバムのベストチューン。熊谷作の(10)「朱雀」はJ-POP的なメロディーの超キャッチーな曲。菰口(g)作の(12)「Called then after」はAORで菰口のシャープなギターが光る。このアルバム発表時点でTRIXは、須藤が50代、熊谷が40台、AYAKIが30台、菰口が20台と、4世代同居バンドとなった。★★★★
                  2018.11.18 アマゾン 国内新品 2,422円 25%引き

                  | ノガッチ | J-FUSION | 11:30 | comments(0) | - | - |
                  0
                    ラスボスEX/アニソンCX

                    JUGEMテーマ:音楽

                    以前、日テレのアニソンをフュージョンにした『アニソンフュージョンAX』を紹介したが、今回紹介するのは、その前作(=第1弾)となるフジテレビのアニソン集。メンバーは、ギター:野呂一生(CASIOPEA)増崎孝司(DIMENSION)菰口雄矢(TRIX)、ベース:櫻井哲夫(CASIOPEA)石川俊介(聖飢魔II)須藤満(TRIX)、ドラム:神保彰(CASIOPEA)則竹裕之(T-SQUARE)雷電湯澤(聖飢魔II)坂東慧(T-SQUARE)、key:小野塚晃(DIMENSION)、sax:勝田一樹(DIMENSION)など。アニソン故に親しみやすいメロディーを持った楽曲を勝田がテクニカルなアレンジを施してソロもたっぷり有り、フュージョンとのミスマッチ感は無い。特に良かった曲は(4)グレート・マジンガー「おれはグレートマジンガー」、(6)あんみつ姫「恋はくえすちょん」、(8)ハイスクール!奇面組「うしろ指さされ組」あたり(と曲名をちゃんと書くのもちょっとどうか、という感じもしてきた)。プレイヤーとしては菰口の超テクニカルなギターソロが最も印象深かった。2012年作。★★★☆
                    2018.11.16 HMV 国内新品 1,285円 50%引き

                    | ノガッチ | J-FUSION | 23:48 | comments(0) | - | - |
                    0
                      松原正樹/ALL-n-ALL

                      JUGEMテーマ:音楽

                      2016年に61歳で亡くなったギタリスト、松原正樹のaosis records第3弾となる2001年作。aosis時代はいわゆる「スムース・ジャズ」的であまり好きでないのだが、本作はイイ。(1)「With Me」は一音一音に込められた情感があふれ出るような美メロのバラード。(2)「Us」はコーラスとストリングスが盛大に入ったゴキゲンなフィリーダンサー。本アルバムでのギタープレイは基本的にラリー・カールトン的なのだが、表題曲の(3)はなかでも最もカールトンっぽい曲。メロウでサンシャイン(?)なミディアム(4)「Tuesday Downtown」はカールトンではなくリー・リトナー的な曲&プレイ。(6)「Precious Moment」は女性コーラス入りのゆったりとしたミディアム。なおトータル6曲で33分とアルバムとしてのコスパは悪い。★★★★
                      2018.9.13 HMV 国内新品HQCD 2,111円 15%引き
                       

                      | ノガッチ | J-FUSION | 23:25 | comments(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ