RSS | ATOM | SEARCH
ジェニファー・ウォーンズ/same

JUGEMテーマ:音楽

ジェニファーは1947年シアトル生まれのカリフォルニア育ちでシンガー・ソングライターとして1968年にデビュー。83年に全米No.1ヒットとなったジョー・コッカーとのデュエット曲「愛と青春の旅立ち」のテーマ曲で有名になったが、とても寡作な人でアルバムは8枚しかリリースしていない。これは1976年の4thアルバム。バラード中心でウェスト・コーストの女性ボーカル・アルバムとして沁み入るような佳作。(7)「星影の散歩道」が全米チャート6位のヒット。(3)「シャイン・ア・ライト」はストーンズのカヴァーで「無常の世界」のようなアレンジでゴスペル的に盛り上がる。★★★★
2017.10.22 渋谷ユニオン 未開封中古 800円 26%引き
author:ノガッチ, category:ウェストコーストロック, 23:00
comments(0), -
マディ・ウォーターズ/モア・リアル・フォーク・ブルース

JUGEMテーマ:音楽

この最高にカッコ良いジャケ写からどんなにタフなバンド・サウンドが聴けるかと期待してしまうが、内容はちょいと違う。本作は1948〜1952年の録音を収録した『リアル・フォーク・ブルース』の続編として1967年に発売された作品。つまり「フーチー・クーチー・マン」や「マニッシュ・ボーイ」といったヒットを飛ばす54〜55年より以前の録音集だ。ベースとのデュオが6曲、それにハープが加わったのが4曲、もう一本のギターとドラムが加わったバンド編成が2曲で殆どがミディアム・スローで、派手さは無いが芳醇なシカゴ・ブルースの萌芽を味わえる。ロバート・ジョンソンの(6)「カインド・ハーテッド・ウーマン」、バンド編成の(10)「シーズ・オールライト」、トリオ編成の(12)「ハニー・ビー」あたりが特に印象に残る。★★★★☆
2017.10.23 HMV 国内新品 793円 27%引き

author:ノガッチ, category:ブルース, 21:23
comments(0), -
テレンス・ボイラン/same

JUGEMテーマ:音楽

ボイランは1949年にNYで生まれグリニッチ・ヴィレッジでフォークシンガーとして活動し69年にソロ・アルバムをリリースしたがヒットせず、心機一転、西海岸に移り住みアサイラム・レーベルから77年に発表したのが本作。大学時代の友人ドナルド・フェィゲン(key)を始めとして、バックのメンツは矢鱈と豪華で、ドン・ヘンリー、ティモシー・シュミット(cho)、ジム・ゴードン、ジェフ・ポーカロ(ds)、チャック・レイニー、リー・スクラー(b)、スティーヴ・ルカサー、ディーン・パークス(g)、アル・ク−パー、デビッド・ペイチ(key)など。このメンツに魅かれて買ってみたのだが、肝心の主役の歌声も曲もジャクソン・ブラウンから一切のメリハリを取り去ったような感じで印象が薄い。そんな中、英国人シンガーのイアン・マシューズがカバーして全米13位まで上がった(2)「シェイク・イット」は絶品。80年にもアルバムをリリースしたがヒット曲は生まれずボイランは音楽シーンから姿を消した。★★★
2017.10.12 タワーオンライン 国内新品 1,193円 15%引き

author:ノガッチ, category:ウェストコーストロック, 21:56
comments(0), -
シャンペーン/ハウ・バウト・アス+2

JUGEMテーマ:音楽

「ブラック・コンテンポラリー・ミュージック・ガイド」に選出された1981年のデビュー作。グループ名はお酒のシャンペンchampagneではなく、彼らの出身地イリノイ州シャンペーンchampaignから。前年にマンハッタンズの「夢のシャイニング・スター」をヒットさせたシカゴの名匠、レオ・グラハムがプロデュースし、シカゴ風味たっぷりのコーラス・ナンバーの表題曲(5)はR&Bチャート4位、ポップ12位の大ヒットとなった名バラード。(1)「キャン・ユー・ファインド・ザ・タイム?」はメロウなブラコン。スロウの(4)「アイム・オン・ファイアー」はコーラス・ワークが印象的。(9)「イフ・ワン・モア・モーニング」はとても白人的なポップ曲。アーバンでメロウな雰囲気は、ブラコン・ファンだけでなくAORファンにもアピールする。ただし全9曲のうち、先に挙げた4曲以外は特段の魅力に欠ける。ボートラは(4)(5)のシングル・バージョン。★★★☆
2017.10.15 渋谷ユニオン 未開封中古 850円 21%引き

author:ノガッチ, category:ソウル・ブラコン, 22:08
comments(0), -
FCC/ドゥ・ユー・ビリーヴ・イン・マジック?

JUGEMテーマ:音楽

マッスル・ショールズのウィシュボーン・スタジオのスタジオ・ミュージシャンが中心となって結成されたFCCことファンキー・コミュニケーション・コミッティーの1980年作はAORディスクガイド選出盤。バンド名の通り、基本はファンキー路線で、ドゥービー・ブラザーズ的AOR曲も有る。曲は印象に残らないしボーカルも鬱陶しいし、演奏もシャープさに欠ける。ラリー・カールトンのボーカル曲をカバーした(4)「ホエア・ディド・ユー・カム・フロム」で16ビートのウラに入るドラムのハイハットのタイミングがズレていてとても気持ち悪い。技術的にはとても簡単なプレイだから意図してやっているのだろうが、ラウドネスのデビュー曲「Loudnessでのギターソロで普通なら3連符のところがそう弾かれていなくてメチャ気持ち悪かったことを思い出す。★★

2017.10.15 渋谷ユニオン 未開封中古 850円 21%引き

author:ノガッチ, category:AOR, 20:21
comments(0), -
TRIX / BESTRIX 〜 THE BEST OF TRIX

JUGEMテーマ:音楽

明けましておめでとうございます。新年は素晴らしい五つ星のアルバム紹介でレコダイを始めましょう。
ワタシが最近までその存在すら知らなかったこのバンドTRIXは元カシオペアの熊谷徳明(ds)を中心に、元T-スクェアの須藤満(b)、窪田宏(key)、平井武士(g)(現在はkeyとgが異なる)で2004年に結成され、現在までに十数枚のCDをリリースしている。これは彼らが2008年にリリースしたベスト・アルバム。初めて聴いたが、これはサイコーだ!!基本は初期のカシオペアまんまだが、無用にテクニカルで、嵐のようにキメが入り、ユニゾンは矢鱈と複雑で長い。しかしメロディーが超キャッチーなので嫌味が無く、元気が出る明るく楽しいフュージョンだ。熊谷は元カシオペアだけあって神保彰スタイルの超絶ドラムを叩くが(特にスプラッシュ・シンバルの使い方が絶妙)、殆どの曲も書いており大変な才能の持ち主だ。ギターの平井もメチャメチャ上手い。このバンドの音楽は「笑い」も重要な要素で、(6)「MA-TSU-TA-KE」、(8)「毛根ファンク」、(13)「サムライ」といったおバカ曲もある(ただしもちろんテクニカル)。(1)「CORE」と(15)「赤鼻のトナカイ」の2曲は新録。(1)はグイノリなダンスナンバーの名曲で、この曲のためだけでもこのCDを入手する価値がある。(15)はなぜこのクリスマス・ソングをバリバリのフュージョンにアレンジする必要が有るのか?無い。というおバカ曲。血気盛んだった頃のカシオペアが好きな人には是非どうぞ。★★★★★
2017.11.301 高田馬場ユニオン 国内中古 850円
では今年もレコダイをよろしくお願いします。
author:ノガッチ, category:J-FUSION, 15:37
comments(0), -
マグマ/ボビノ1981

JUGEMテーマ:音楽

タワーオンラインの【<風雲・怒涛のサプライズ>空前絶後!衝撃の原価割れセール】で購入。
ドラム&ボーカルのクリスチャン・ヴァンデ首領が率いるフランスのプログレ・バンド、マグマ1981年パリBobino連続公演の模様を収録したDVD。当時TV放送された映像だがマスターではなくコピーテープからのDVD化のため画質が乱れて音が途切れる瞬間がある。(1)「Zain」の冒頭5分は真っ暗だし、30分の大曲「Zess」は画像が暗くて、ヴァンデが翼のようなものを背負っていることと、コーラスの女性二人がアマゾンの半魚人みたいな奇怪なかぶりものをしているのがかろうじて判る程度。それでもこのカルト・バンドの動く姿が見られるのはうれしい。ヴァンデ御大は2曲目から登場し、最後の白目をむいてのメンバー紹介まで完全にイッテいる。この頃のマグマはソウルに最も傾倒していた時期であり、暗黒プログレ曲とプログレ・ソウル/ファンクとでも言うべき曲が半々。ワタシはプログレ・ソウル/ファンクの「Retrovison」が大好き!そのマグマが2005年に奇跡の初来日公演を果たした時は、無理矢理連れて行ったタテチンがライヴ終了後ひどくウナダレていたことを思い出す。★★★★
2017.9.19 タワーオンライン 国内新品DVD 961円 79%引き

 

では皆さん良いお年をお迎えください。

author:ノガッチ, category:プログレ・ジャズロック, 12:50
comments(0), -
マンハッタン・ブレイズ/ヴィーナスの夢+1

JUGEMテーマ:音楽

タワーオンラインの【<出たとこ勝負・怒涛のサプライズ>空前絶後!衝撃の原価割れセール】で購入。
渡辺香津美のNY録音『ヴィレッジ・イン・バブルズ』でバックを務めた、マンハッタン・ブレイズによる唯一のアルバム。メンバーは増尾好秋(g)、ジョージ・ケイブルス(b)、アイドリス・ムハマッド(ds)などに大型のブラス・セクションとストリングスが付く。このアルバムが作られた78年は従来からのアコースティック・ジャズにとっては冬の時代だったから、日本人プロデューサーが何とかしてNYのジャズマンを起用したジャズのアルバムを作りたかったのだろう、増尾を前面に立ててフュージョン・グループとして宣伝されているが、実態はピアノとベースをエレクトリックにしてフュージョンの味付けをしたビッグバンドジャズだ。悪くはないが特筆すべきところもない。★★★
2017.10.12 タワーオンライン 国内新品 778円 70%引き
 

 

author:ノガッチ, category:J-FUSION, 22:47
comments(0), -
松岡直也&ウイシング/SON

JUGEMテーマ:音楽

ラテンの大御所で世界的プレイヤーのティト・プエンテらを迎えた1980年発売作品。メンバーは和田アキラ、大村憲司(g)、高橋ゲタ夫(b)、渡嘉敷祐一(ds)、ペッカー(per)、清水靖晃(sax)など。松岡はラテンとロック・ギターの融合を目指していたそうで、新に参加した和田アキラが大きくフィーチャーされてラテンロック・バンドのようになった。(2)「アドリア」はリズムギターこそファンキーだが主旋律は歌謡曲的哀愁の名曲。(4)「デスカルガ」はひたすら和田が高速ギターを弾きまくる純粋ロックな曲。(5)「ノーチェ・コリエンド」は迫力あるキューバン・ラテンで彼らの代表作のひとつ。(7)「レット・イット・ハプン・アゲイン」も和田をフィーチャーしたロック・バラード。和田のギターは高速だがくぐもった音色で魅力的とは言い難い。彼らの最も良いアルバムはギターに土方隆行、ドラムに渡嘉敷の80年モントルー・ジャズ・フェスでのライブ盤だろう。★★★★
217.9.27 タワーオンライン 国内新品SHMCD 1,281円 9%引き

author:ノガッチ, category:J-FUSION, 12:21
comments(0), -
松岡直也&ウイシング/マジョルカ

JUGEMテーマ:音楽

2014年に亡くなったラテン・ピアニスト/作・編曲家の松岡直也のCDが一挙にSHMCD仕様で廉価に再発された(生産限定盤)。これは松岡が率いるウイシングの1979年発表の2ndアルバム(78年のファースト「サウンド・ウィスパー」は売り切れで買い逃してしまった)。メンバーは大村憲司(g)、高橋ゲタ夫(b)、ポンタ、渡嘉敷祐一(ds)、ペッカー(per)、土岐英史(a.sax)、清水靖晃(t.sax)などで、ラテン曲もあるが、それに留まらないフュージョン・ミュージックを繰り広げている。アルバム制作の途中でポンタが塀の中にお勤めに行ってしまったため、残りは渡嘉敷がドラムを叩いている。ポンタは自著「俺が叩いた。」で本アルバムを取り上げ、非常に考えてドラムを叩いたと語っているが、ワタシの耳には考え過ぎてぎこちなく聞こえる。むしろ渡嘉敷の迷いの無いドラミングの方が魅力的で、それはサルソウル的な(5)で顕著だ。ほぼ全曲で大村のギターソロが有り、その多彩なプレイに唸らされる。アルトの土岐がメロディアスなソロを披露する一方、テナーの清水はとてもパワフルだが印象に残るメロディーが無い。★★★☆
217.9.27 タワーオンライン 国内新品SHMCD 1,281円 9%引き

author:ノガッチ, category:J-FUSION, 21:21
comments(0), -