ロック、ソウル、ブルース、フュージョンを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
0
    マイク・マイニエリ&ウォーレン・バーンハート/フリー・スマイルズ:ライヴ・アット・モントルー1978

    JUGEMテーマ:音楽

    ヴィブラフォンとピアノのデュオといえばゲイリー・バートン&チック・コリアの「クリスタル・サイエンス」が思い浮かぶが、本作はマイク・マイニエリ(vib、synthi-vibe)&ウォーレン・バーンハート(p、key)による78年のモントルー・ジャズ・フェスティバルでのライヴ・アルバム。バートン&コリアに対して技量的には全く劣らないが、より温かみがあるのが本盤の特徴。世界初CD化。★★★☆
    2016.12.10 渋谷ユニオン 国内中古 729円
    | ノガッチ | フュージョン(その他) | 23:02 | comments(0) | - | - |
    0
      カーペンターズ/涙の乗車券

      JUGEMテーマ:音楽

      旧規格紙ジャケからオリジナルジャケと日本盤ジャケが封入されたSHMCDバージョンで買い替え。
      カーペンターズが1969年に発表したデビュー・アルバムだが、最初はタイトルが「オファリング(神への捧げもの)」で、ジャケはレコード会社の近くで撮ったモッサリしたスナップ写真だったものを、後年「遥かなる影」がヒットした際に、本作収録のスマッシュ・ヒット(7)「涙の乗車券」をタイトルに冠するとともにジャケットを爽やかなヨットの物に差し替えた。内容的にも4曲はデモテープにちょっと手を加えた程度のものだし、その他の曲もカーペンターズの前身時代の曲が多く、リチャード・カーペンターは(7)以外は全く気に入っていないアルバムだという。実際、讃美歌風のオープニング(1)「オファリング」のインパクトにドン引きするし、リチャードの出番が多くてカレンの出番が少ないのも不満だが、カレンの歌声は当時19歳にして既に素晴らしいし、美しいコーラスや気の利いたアレンジも聴ける。(1)を飛ばして聴けばそんなに悪くないアルバム。前にもレコダイで書いたが、ワタシはこのジャケがホントに「幸せ」とか「平和」、それに「青春」な感じがして大好き。★★★★
      2016.10.30 HMV 新品紙ジャケSHMCD 2,880円 定価

      | ノガッチ | ポップ・オールディーズ | 21:29 | comments(0) | - | - |
      0
        チャールズ・アーランド/カミング・トゥ・ユー・ライヴ

        JUGEMテーマ:音楽

        このアルバムの存在は知らなかったなあ。オルガン奏者チャールズ・アーランドがマーカス・ミラー、ブレッカー・ブラザーズ、バディ・ウィリアムス、ロドニー・ジョーンズ、ドク・パウエル、メルヴィン・スパークスらのサポートを得てファンク・フュージョンを繰り広げる1980年盤。半分はブラコン系歌物で、聴き物はマーカスのベースがペキペキと唸り、マイケル・ブレッカーのサックスが咆哮するインスト曲。マーカスは全曲参加なのでマーカスのファンならば聴き逃せないアルバム。隠れ「名盤」という程ではないが、隠れ「好盤」だ。★★★★
        2016.11.24 タワーオンライン 国内新品 918円 15%引き

        | ノガッチ | フュージョン(キーボード) | 21:56 | comments(0) | - | - |
        0
          スティーリー・ダン/幻想の摩天楼

          JUGEMテーマ:音楽

          1976年発表の通算5作目。このアルバムから完全にウォルター・ベッカーとドナルド・フェイゲンの二人によるプロジェクトとして、セッション・ミュージシャンを堂々と起用するスタイルになった。呼ばれたのはラリー・カールトン、ディーン・パークス、チャック・レイニー、リック・マロッタ、バーナード・パーディなど次作「Aja」と共通する人達だが、では本作は傑作「Aja」の前哨戦程度の内容かというとさにあらず。「Aja」に匹敵する名盤だ。どの曲も洒落た楽曲&演奏だが、ピカイチなのは(1)「滅びゆく英雄」で、ここでのカールトンのソロは彼のキャリアの中でもハイライトとなる名演中の名演だ。★★★★★
          2016.10.23 渋谷ユニオン 中古紙ジャケ 1,167円

          | ノガッチ | AOR | 21:18 | comments(2) | - | - |
          0
            ジョン・マクラフリン/エレクトリック・ギタリスト

            JUGEMテーマ:音楽

            しばらくインド音楽にハマってアコースティック・ギターばかりを弾いていたマクラフリンが、久々にエレクトリックに復帰して76年に発表したオールスター・セッション・アルバム。(1)はマハヴィシュヌ・オーケストラの再現、(2)はカルロス・サンタナとのインド〜ラテン系の曲、(3)はデヴィッド・サンボーンとの初共演、(4)「ドゥ・ユー・ヒア・ザ・ヴォイス・ザット・ユー・レフト・ビハインド?」はチック・コリア、スタンリー・クラーク、ジャック・デジョネットとのセッションでこのアルバムのベスト・トラック。(5)はジャック・ブルース&トニー・ウィリアムスとライフタイムの再現、(6)はビリー・コブハムとの壮絶なフリー・デュオ、(7)はソロ・ギターという按配。この人のギターはゴツゴツして決してとっつきやすいようには思えないのに、メジャー・レーベルからアルバムを出し続けられるだけの人気を維持しているのが不思議です。★★★★
            2016.11.24 タワーオンライン 国内新品 918円 15%引き

            | ノガッチ | フュージョン(ギター) | 20:48 | comments(0) | - | - |
            0
              ボン・ジョヴィ/クロス・ロード〜ザ・ベスト

              JUGEMテーマ:音楽

              デビュー10周年を記念して94年に発表されたベスト・アルバム。デビュー作『夜明けのランナウェイ』から5作目『キープ・ザ・フェイス』までの各アルバムの代表曲のほか、ジョン・ボン・ジョヴィのソロ曲と新録2曲を収録した全14曲。実はワタシ、ボン・ジョヴィ、好きです!80年代のライト・メタルってメロディーがキャッチーで楽しいね。特に(11)「バッド・メディシン」(全米1位)なんか昔から大好きな曲で、久々に聴いて今度はカラオケで挑戦しようと思い立ちました。他も(1)「リヴィン・オン・ア・プレヤー」(7)「禁じられた愛」(13)「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」という3曲の全米No1ヒット曲を始めとして、(2)「キープ・ザ・フェイス」(6)「レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー」(14)「夜明けのランナウェイ」などのヒット曲満載。このベスト盤は全世界で1,200万枚も売れたそうだ。★★★★☆
              2016.10.23 渋谷ユニオン 未開封中古紙ジャケ 875円

              | ノガッチ | ハードロック・ヘビーメタル | 13:17 | comments(0) | - | - |
              0
                坂元輝トリオ/海を見ていたジョニー

                JUGEMテーマ:音楽

                坂元輝(p)根市タカオ(b)渡辺毅(ds)のトリオによる昭和55年10月13日、陸前高田市のジャズ喫茶「ジョニー」でのライブ録音で、その店のレーベル「ジョニーズ・ディスク・レコード」がリリースする5枚目のアルバムとなった。店名は五木寛之の小説「海を見ていたジョニー」からで、「日本で唯一の日本人ジャズレコード専門の店」を標榜し昭和50年にオープンした。主役の坂本輝はプレイヤーというよりもジャズピアノ講師としての活動が中心だそうで、このCDで初めて知った名前。演奏曲はスタンダードの「レフト・アローン」「マイ・フェイヴァリット・シングス」「枯葉」と原曲の名残が全くないほどにアレンジされた「夕やけ小やけ」。オーソドックスなピアノだと思うのだがあまり黒々しくなく、何とも日本的な感じがして「和ジャズ」と呼ぶのがふさわしく、ジャズ批評2006年5月「和ジャズ特集」で名盤200に選出されているそうだ。再現されたライナーには五木寛之本人が寄稿しているほか、地元企業の広告が掲載されたりして面白い。「ジョニー」は3.11で跡形もなく流されてしまったが翌年には復興し現在も営業している。★★★★
                2016.11.4 アマゾン 新品紙ジャケHQCD 1,685円 35%引き

                | ノガッチ | J-JAZZ | 20:03 | comments(0) | - | - |
                0
                  ボビー・キーズ/same

                  JUGEMテーマ:音楽

                  ストーンズと長年行動を共にしたサックス奏者ボビー・キーズは2014年に70歳で亡くなった。その彼が72年にリリースした唯一のリーダー・アルバムで国内初CD化。参加ミュージシャンが矢鱈と豪華でジョージ・ハリスン(g)リンゴ・スター(ds)クラウス・ヴアマン(b)デイヴ・メイソン(g)ジム・ゴードン(ds)カール・レイドル(b)ジャック・ブルース(b)フェリックス・パパラルディ(b)レスリー・ウェスト(g)コーキー・レイング(ds)ニッキー・ホプキンス(key)など。そんなキラ星のミュージシャンに混ざってクレジットされている謎のジョン・ウリベ(g)の実体はエリック・クラプトンという説もある。内容は全曲インストのアーシーでソウルフルなブラスロックで最高。オススメ!★★★★★

                  | ノガッチ | ルーツ・ロック | 22:42 | comments(0) | - | - |
                  0
                    福居良トリオ/シーナリィ

                    JUGEMテーマ:音楽

                    たまにはストレートなジャズの紹介を。北海道在住のピアニスト、福居良が76年トリオ・レコードに残したファースト・アルバム。福居(p)伝法諭(b)実弟の福居良則(ds)のトリオ編成で、(1)「イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー」(4)「柳よ泣いておくれ」(5)「枯葉」などのスタンダード・バラードを中心とした演奏。しかし(3)「アーリー・サマー」のソロは同じフレーズの繰り返しが多く、速いテンポの曲はイマイチ得意ではなさそうだ。ケレン味の無いスウィンギーなピアノは好感度大で、最大の魅力は英語じゃなくどこか日本語で語りかけてくる感じがするところ。良盤。★★★★
                    2016.11.4 アマゾン 新品紙ジャケHQCD 1,814円 30%引き

                    | ノガッチ | J-JAZZ | 23:06 | comments(0) | - | - |
                    0
                      キキ・ディー/ラヴィング・アンド・フリー

                      JUGEMテーマ:音楽

                      英国の女性シンガー、キキ・ディーがエルトン・ジョンのロケット・レコードに移籍して発表した1973年作。キキ・ディーは金澤寿和氏のAORディクガイドで紹介された78年の「Stay With Me」のCDを入手したがあまりにツマらなくて処分したということがあって印象が良くなかったのだが、本作はイイ!アコースティックなサウンドが中心でペダル・スティールを使う曲もあるけどファズギターがギンギンなロックもあるし、ゴスペル要素を含むアーシーな曲もあって、リンダ・ロンスタットに代表されるウェストコーストロックと近いが違う。これを何と形容したら良いのかと考えたら「エルトン・ジョン的」というのが最も良さそうだ。エルトン・ジョン自身も全面的に参加。さすが「(新)名盤探検隊」として再発されただけある。★★★★☆
                      2016.10.22 HMV 国内新品 1,049円 15%引き

                      | ノガッチ | ウェストコーストロック | 23:22 | comments(0) | - | - |
                      CALENDAR
                      SMTWTFS
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728    
                      << February 2017 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      このページの先頭へ