レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
TRIX / Trix Deluxe Live 2013!!!、 Evolution Tour Final In Tokyo 2016

JUGEMテーマ:音楽

第3期TRIXの2013年と2016年のライヴDVD2種。メンバーは熊谷徳明(ds)、須藤満(b)、菰口雄矢(g)、AYAKI(key)。ギターの菰口(1988年生)は前任の平井武士が茶髪のアンちゃん風だったのに対し黒髪のジャニーズ風のイケメンで、もちろん大変なテクニシャンだが自己陶酔した表情が多いのがタマにキズ。フュージョンを過去の音楽とみなしているカミさんがこのDVDで菰口をチラ見して「こんな若い人が演ってるんだ」と小馬鹿にした声で言った。AYAKI(1983年生)はバークリー音楽院を主席卒業だそうで、指はめちゃ動くが、ルックスやアクションがエキセントリックな感じで友達にはなりたくないキャラだ。両作とも曲は超テクニカルで、ベースの須藤による笑いを取るアクションあり、客席への乱入ありで路線は殆ど同じ。両方とも名曲「Double Up」を演奏しており、特に前者での熊谷とAYAKIのバトルはすさまじく、ベースソロとドラムソロもゲップが出るほどタップリあり、最後は菰口のソロでこれが圧巻。熊谷さすがプロで、よくこんな手数の多いドラムを叩き続けられるもんだと感心する。ワタシなら(叩けたと仮定して)1曲で力尽きる。その熊谷が(13)「FIRE」ではエンディングを失敗してやり直す様子も収録。とてもポップなメロディーの曲が2曲あるが、16年のライブではその路線を発展させてボーカルまたはコーラス入りの曲が3曲ある。その内の1曲が、つのだ☆ひろ(vo)を迎えた(10)「A-live」で67歳の御大は全く元気。(9)「Sketches Of Your Dream」はパラシュート〜松原正樹みたいなコーラスが入ったAORフュージョンの佳曲で、ボコーダーヴォーカルの(14)「Forget It」も胸キュン曲。
「Deluxe」★★★★ 2018.2.3 HMV 国内新品DVD 4,098円 17%引き
「Evolution」★★★★ 2018.4.30 新宿ユニオン 中古DVD 2,800円

バイザー・スミス/オール・ナイト・ロング

JUGEMテーマ:音楽

タワーオンラインの【<怒涛のサプライズ ビューティフル・ドリーマー>空前絶後!衝撃の大特価セール】で購入。
スミスは1933年ミシシッピ出身で1950年代半ばからシカゴで活動するブルース・ギタリスト/シンガー。ワタシは81年にリリースされた英Red Lightnin'の『Tell Me How You Like It』というアナログ盤が気に入っていた。スタイルはBBキング直系。デルマークからリリースされた97年録音のこのCDは2曲目まではフツーのブルースで「こりゃ売りだな」と思いつつ聴いていたのだが、3曲目以降にグッと魅かれた。(3)はホーン入りのミディアム・スローでギターのフレージングはワンパターンながらボーカル/ギターともにジャケ写のような力演。(4)はソリッドなロック・ビートでカッコイイ。(5)はスロー。「Every Day I Have The Blues」みたいなシャッフルの(6)はもちろんBB調のギター全開。(7)の不穏な雰囲気のミディアム・スロー。(8)はJB的なリフを用いたファンク・ブルースでカッティング・ギターがイカす。(9)はザディコ。(10)「Daddy’s Gone」は「スリル・イズ・ゴーン」の替え歌。(11)はホンキートンク・ブギ。(12)はカントリー。(13)はニューオーリンズ的なファンク、と多才な音楽性を披露したアルバム。★★★☆
2018.7.5 タワーオンライン 国内新品 497円 80%引き

奥本亮/Solid Gold

JUGEMテーマ:音楽

タワーオンラインの【<怒涛のサプライズ ビューティフル・ドリーマー>空前絶後!衝撃の大特価セール】で購入。
ノーマン・シーフが撮影したこのジャケを見てカミさんが「何コレ?クリスタル・キング?」と訊いてきたが、違う。これは弱冠19歳でクリエイションに抜擢された、1958年生まれのキーボード・プレイヤー、奥本が1980年にリリースしたソロデビュー・アルバム。奥本は立て続けにルカサー、グレイドン、ポーカロ等豪華メンツが参加したLA録音のセカンドソロをリリースし、82年からはLAに拠点を移して、セッション・ミュージシャンとしてクラプトンやフィル・コリンズらとも共演。現在はピーボ・ブライソンらのミュージカル・ディレクターとして活躍しているそうだ。
さてロンドン録音の本作は、四人囃子の森園勝敏(g)、リチャード・ベイリー(ds)、クマ・ハラダ(b)らが参加。本人のヘタな英語による非力なボーカルの古臭いロックでツマらない。わざわざジェフ・ベック「Blow By Blow」のドラマー、ベイリーを起用した意味も感じられない。ちなみにセカンドアルバムを以前中古アナログで持っていて全く面白くないので即売却したのだが、このCDの解説書によるとそのアナログはオークションで5桁で落札されるようになっていたというから、失敗した!★
2018.7.5 タワーオンライン 新品紙ジャケ 540円 80%引き

V.A. / Light Mellow SEALINE

JUGEMテーマ:音楽

金澤寿和監修によるAOR廉価版シリーズ『AOR CITY 2017』のサンプラー的な3枚組コンピレーション。全57曲とボリュームたっぷり。前作「ONE DAY」と同様にSONYの音源だけでなく他社音源も収録しているのが素晴らしい。ディスク毎に統一したイメージに基づく選曲がされており、それぞれ「夏の陽射しを受けながら、風を切ってシーサイドをドライヴ」「暑すぎる午後は涼しい木陰に逃げ込んで、暮れなずむ夕陽を迎える」「遠くの港に光が灯る頃には、潮風を受けつつビーチ・サイドでランデヴー」と、紹介していてこっ恥ずかしくなる設定だが、まあこれがAORってもんです。ボズ・スキャッグス、ボビー・コールドウェル、マイケル・フランクス、クリストファー・クロスといった大御所の名曲も収録されているが、ここでは彼ら以外の良い曲を列挙します。ポコ「コール・イット・ラヴ」、アメリカ「ヴェンチュラ・ハイウェイ」、リー・リトナー「可愛いアイシャ」、ポール・デイヴィス「65ラヴ・アフェアー」、ジノ・クニコ「ファニー」、ピーター・アレン「サムバディズ・ガット・ユア・ラヴ」、アンジェラ・ボフィルwithボズ・スキャッグス「エイント・ナッシング・ライク・ザ・リアル・シング」、デイン・ドナヒュー「突然の出来事」、ビル・チャンプリン「アイ・ドント・ウォント・ユー」、レイ・パーカーJr.「ふたりのラヴ・アフェア」、マリーンwithシーウィンド「サマー・ナイト」。こういった名前にピピッと感じるものがあったらこのCDを手にしてみたらいかがでしょうか。ジャケイラストは永井博。★★★★★

2018.7.4 HMV 国内新品3枚組 2,240円 25%引き

アル・ディ・メオラ/スプレンディド・ホテル

JUGEMテーマ:音楽

アナログ盤は2枚組として発売された1980年作。一番の注目は当時のレギュラー・バンドのkeyだったフィリップ・セス作の(3)「ローラー・ジュビリー」で、ディ・メオラらしからぬ超ポップな曲。そのセスは(8)「アイ・キャン・テル」ではボーカルも披露し、デ・メオラにとり初のボーカル入り曲。一方、従来路線の曲(1)「エイリアン・チェイス」は焼き直し感が強く魅力に乏しい。このアルバムの特徴はアコースティック・ギターのプレイが多いことで、(4)「トゥー・トゥ・タンゴ」はチック・コリアのピアノとの緊張感あふれるデュオ、(7)「スプレンディド・サンダンス」は多重録音によるアコースティックでの二重奏。翌年のジョン・マクラフリンとパコ・デ・ルシアとのスーパー・ギター・トリオへの道筋が見える。(9)ではレス・ポールと競演し、(10)「イスファハン」では弦楽四重奏を起用するなど、人気絶頂だったディ・メオラが新機軸を求めてやりたい放題やったアルバムだが、結果的にはやり過ぎたかな。★★★☆
2018.8.21 HMV 国内新品 608円 44%引き

Carole King / Tapestry; Live at Hyde Park

JUGEMテーマ:音楽

2016年7月3日、ロンドンのハイド・パークで6万5千人の観衆を集めた『つづれおり』45周年を記念したコンサートのCD+DVD。キャロルはこの時点で74歳。シワシワのお婆ちゃんになってしまって声のハスキー度合も増したものの、高い声も出ているしハイヒールを履いているはで現役そのもの。コンサートはトム・ハンクス、エルトン・ジョン、グレアム・ナッシュらの祝福ビデオ・メッセージで始まる。バック・バンドには『つづれおり』オリジナル盤でもプレイした盟友のギタリスト、ダニー・クーチがフル参加しておりカッコイイ!キャロルがギターに持ち替えて娘のルイーズ・ゴフィンと二人揃ってギターをプレイする場面も有る。ルイーズももう中年のはずだが若々しい。『つづれおり』全曲を披露した後はゴフィン=キング時代のヒット曲のメドレーを筆頭に、「Jazzman」「Locomotion」などを演奏。最後はキャロルの半生を題材にしたミュージカルの出演者が20人くらい出てきて盛大に盛り上がる。オーラスはキャロル一人で「You've Got A Friend」を弾き語り。そもそも演奏されるのが名曲ばかりなのに加え、ハイド・パークの青空が徐々に夕暮れていく風景も素晴らしい感動的なライヴ。泣いた。★★★★★
2018.6.12 HMV 輸入新品2CD+Blue-ray 2,283円

トリオ・オブ・ドゥーム/same

JUGEMテーマ:音楽

ジョン・マクラフリン(g)、ジャコ・パストリアス(b)、トニー・ウィリアムス(ds)というスーパー・ユニットによる全録音。(1)〜(5)は1979年3月3日、キューバで行われた「ハヴァナ・ジャム」でのライヴ。(6)〜(10)はニューヨークに戻って3月8日に録音されたスタジオ・テイク。かつて「ハヴァナ・ジャム1、2」というタイトルで出ていたアルバムに収録されていたのは(6)「ダーク・プリンス」と(10)「パラ・オリエンテ」に拍手をかぶせた偽ライブで、本当のライヴ・テイクである(1)〜(5)は2007年にリリースされた本CDで初お目見えした。(1)こそ退屈なドラムインプロヴィゼイションだが、3人が揃った(2)「ダーク・プリンス」は6分半に及び(スタジオ・テイクは4分)、皆が暴走・暴発状態でそのテンションの高さと言ったら凄まじいの一言。ジャコの(3)「コンティニューム」は一転して美しい。このCDの価値はこの2テイクに尽きる。(8)(9)は(10)のイントロ部分の失敗テイク。バンド名はジャコが付けたそうで、「悲運・悪運の3人組」とのニュアンスらしい。(2)と(3)のみ★★★★★
2018.7.4 HMV 国内新品 905円 16%引き

Leo Sayer / Gold Collection

JUGEMテーマ:音楽

2018年に70歳、そしてデビュー45周年を迎えるレオ・セイヤー自身が選曲し曲順も決めた54曲入り3枚組ベスト・アルバム。でもワタシが彼について知っているのは1976年に全米1位のヒット「You Make Me Feel Like Dancing」を放ったポップ・ロックの人という程度。このCDを聴いてみると、聞き覚えのある曲がチラホラとあるし、良いメロディーの曲だらけでグレートなポップス職人だと認識した。wikiで調べるとベスト10に入ったシングルが10曲有るが、こんなに良い曲が沢山あるのにむしろ10曲しかないのか、という感想。カバー曲には大胆にも「レット・イット・ビー」があるが、自分がビートルズのカバー曲ベスト盤を作るなら必ず入れるだろうな、というほど大層良い出来。一方でライチャスブラザーズの「Unchained Melody」のカバーはいただけない。3枚組で926円とたいへんオトクな大スイセン盤。★★★★★
2018.6.12 HMV 輸入新品3枚組 926円

Lee Ritenour / Overtime

JUGEMテーマ:音楽

2004年3月30、31日、ロサンゼルスのスタジオに招待客を入れて行なわれた、リトナーのキャリアを振り返るライヴ。.▲魁璽好謄ック・ジャズ、▲献Д鵐肇襦Ε宗璽弔離螢罐縫ン、ブラジリアン・ポピュラー・ミュージック、ぅ好燹璽此Ε献礇困筌凜ーカル入りのポップやらの現在、という4部構成になっている。参加ミュージシャンは、アーニー・ワッツ(sax)、エリック・マリエンサル(sax)、イヴァン・リンス(vo)、デイヴ・グルーシン(key)、パトリース・ラッシェン(key)、アンソニー・ジャクソン(b)、ハーヴェイ・メイスン(ds)、アレックス・アカーニャ(per)、スティーヴ・フォアマン(per)、ケニヤ・ハザウェイ(vo)など総勢16名。一番見たかった「Captain Fingers」はさすがにメンバーが顔をこわばらせながら必死にプレイしており、曲間に挟まれたインタビューでもリトナー自身がその曲を演奏することはチャレンジングだったと言っている。通して聴いてもやはりジェントル・ソーツの演奏はずば抜けており、パトリースのキリッとした佇まいには惚れてしまうし、グルーシンはやっぱり信頼度抜群。メイスン先生のグルーヴを聴いた後ではい亮禺螢疋薀沺爾猟樟的なプレイは何とも物足りない。の主役、イヴァン・リンスは日本人サラリーマン(部課長クラス)みたいなルックスがとても印象的だった。ボーナス映像は時代が飛んで2011年モントルー・ジャズ・フェスにおけるグルーシンが加わったカルテット演奏。メンバーを招き入れる司会者は鶴瓶かと思ったらクインシー・ジョーンズだった。リトナー、グルーシンともに絶好調だが、い任盖用されていたベーシストによる長々としたワウベースとのスキャットは宴会芸みたいだ。総収録時間174分。★★★☆
2018.5.20 新宿ユニオン 輸入新品Blu-Ray 1,650円

Eric Clapton / The Dallas Cowboy; Texas Broadcast 1976

JUGEMテーマ:音楽

ラジオ放送音源のCD化で音質良好。「ノー・リーズン・トゥ・クライ」ツアーから1976年11月、テキサス州ダラスでのライブ。メンバーはジョージ・テリー(g)、カール・レイドル(b)、ディック・シムズ(key)、ジェイミー・オルダカー(ds)、セルジオ・ロドリゲス(per)、イヴォンヌ・エリマン(cho)、マーシー・レヴィ(cho)で、パーカッション奏者がいるのが珍しいがその演奏は殆ど聞こえない。何と言っても選曲が魅力的で、(1)Hello Old Friend、(2)Sign Language、(3)Badge、(4)Knocking on Heaven's Door、(5)One Night、(6)Tell The Truth、(7)Can't Find My Way Home、(8)Blues Power、(9)Layla、というトータル75分。ECがエレキを弾くのは(3)から。その(3)ではワウをかましたソロが激アツ。(7)は全てモリマンが歌ってECは休憩モード。(9)はドラムソロ入りだがジム・ゴードンのソロと違って2分で終わるので一安心。最大の聴き物は、ただのブルース(5)でリード・ボーカルを取るマーシー・レヴィを紹介するECのMCで、ロレツが回っていないベロベロの酔っ払いだ。このツアーではステージ脇にソファが置かれ、ECはライヴの途中でもそこに座ってウィスキーを飲んでいたそうだから、さもありなんだ。(6)(8)(9)は13〜14分もあって、インプロヴィゼーションパートが長いだけに途中ダラける場面もあるが、この頃のECが好きな人ならば入手して損は無いCDだろう。全般にジョージ・テリーの活躍ぶりが目立ち、さすが後にウォーレン・クロマティ・バンドに招聘されるだけのことはある。★★★★
2018.6.12 HMV 輸入新品 1,290円