レコダイ2018

ロック、フュージョン、ソウル、ブルースを中心としたたCD&レコの購入記録=レコード・ダイアリー、略して「レコダイ」です
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
笹路正徳/ホット・テイスト・ジャム、ヘルター・スケルター

JUGEMテーマ:音楽

タワーオンラインの【<怒涛のサプライズ>空前絶後!衝撃の原価割れセール】で購入。
キーボード奏者、笹路正徳が自身の名義で発表した1979年のファーストと80年のセカンドアルバム。2作とも参加メンバーはほぼ同じで、当時組んでいたバンド、マライアのメンバー、清水靖晃(sax)、土方隆行(g)、山木秀夫(ds)に加え、岡沢章(b)、渡嘉敷祐一(ds)、織田哲郎(vo)、村田有美(vo)など。どちらのアルバムも一つの曲の中にあれこれとアイディアを詰め込みすぎで、部分的に良い箇所があっても曲を通して良いというのは1曲も無い。それから村上ジミー聡というマライア仲間のボーカリストが操る英語が胡散臭すぎる。聴き所を挙げると、ファーストでは(1)「Saturnalian Parade」の3分に及ぶシンセ・ソロのパートだが、これはデイヴ・グルーシンの傑作アルバム『ワン・オブ・ア・カインド』収録の「モダージ」のパクリで、スティーヴ・ガッド信奉者である渡嘉敷による元曲同様なガッド・スタイルのプレイがスリリング。表題曲の(3)は前半は良いのだが、後半はワンコードで何の展開もないつまらないファンク風が5分も続いてゲンナリすることこの上なし。(4)ではジェフ・ベック&ヤン・ハマーもどきのソロ対決有り。セカンドでは(5)「Flash Back」がドラマチックなストリングスが印象的なのとサックス・ソロのバッキングでの山木のドラムに迫力がある。マライアの連中はトガッていることがカッコイイと思っていた様子だが、それが本当にカッコ良かったのかどうかはそれから長い年月を経た今聴くと答えが判る。
「ホット〜」★★★ 2018.2.17 タワーオンライン 国内新品 1,080円 52%引き
「ヘルター〜」★ 2018.4.14 タワーオンライン 国内新品 980円 57%引き
 

チープ・トリック/ グレイテスト・ヒッツ〜ジャパニーズ・シングル・コレクション

JUGEMテーマ:音楽

まずは商品説明を。『Blu-SpecCD2仕様のDISC1には、EPIC在籍時(1977〜1990年)に日本で発売された全シングル曲を発売順にUSオリジナル・シングル・ヴァージョン×2017年DSDマスタリング音源で収録。DISC2のDVDには彼らがEPIC期に発表したミュージック・ビデオ(@武道館のクリップも含む)を全曲収録。しかもそのほとんどが日本初DVD化!カラー56Pブックレットには全シングル盤ジャケットを12cm CDジャケットサイズで再現して掲載。』という楽しげなCD+DVDセットが定価3,000円とオトク感大だったので予約までして購入した。
3枚のアルバムを出してもヒットが出なかった彼らだが、78年に日本のみで発売された『at武道館』がアメリカで輸入盤として評判を呼び、翌年に本国でも発売されると全米4位の彼ら最大のヒットアルバムとなった。まさにその79年の夏にワタシの高校はサンフランシスコから短期留学生を迎えており、その彼女が言うには『at武道館』の「甘い罠」で「Didn't I see you cryin'」というサビのフレーズに対して黄色い歓声が「cryin', cryin', cryin'」とレスポンスするところが最高だとのことで、オリジナルである日本盤LPをゲットして大変喜んでいた。ワタシが思うに、当時はアイドル的な日本人のポップロックグループがいなかったから、ティーンエイジャーの歓声が会場を埋め尽くすこのような外タレの『ライヴ・イン・ジャパン』アルバムが成立したわけで、J-POPが発展した今ではこのようなアルバムは二度と現れないだろう。それだけに『at武道館』は日本のいち時代の記録としても価値が高いアルバムだと思う。つい『at武道館』の話ばかりになってしまったが、このCD+DVDセットはポップな曲満載でもちろんオススメ。ロビン・ザンダーってホント、いいボーカリストだなあ。★★★★★
2018.4.4 アマゾン 国内新品CD+DVD 2,427円 19%引き

BFD/same

JUGEMテーマ:音楽

ジョー・キャロ(g,vo)、ウィル・リー(b,vo)、スティーヴ・フェローニ(ds,vo)のトリオが1995年に発表した唯一のアルバムで、小品の(6)以外は全曲ボーカル入り。ジョー・キャロという名前は渡辺香津美の名盤「TO-CHI-KA」のサイド・ギタリストとして見かけた以外に知らないが、売れっ子のスタジオ・ミュージシャンだそうだ。聴く価値があるのは3曲。(2)「You Are The One」はコーラスワークも見事なウェストコースト系AOR。ブライアン・アダムス的な男っぽいボーカルの(3)「Irresistible Odds」。まるでスティリー・ダンな(11)「Get The Nut」は後半4分以上に及ぶブレッカー兄弟によるソロ回しがある。他の曲はどうと言うこともないフツーのロックだが、これらの3曲の出来が良いので今すぐ処分するのはやめておこう。ちなみにBFDというバンド名の意味は不明。★★★
2018.4.8 新宿ユニオン 国内中古 700円

TRIX / 2010 Live Fever!!!!

JUGEMテーマ:音楽

2010年9月12日、渋谷duo MUSIC EXCHANGEでのライヴ。この時はオリジナル・メンバーの熊谷徳明(ds)、須藤満(b)、平井武士(g)、窪田宏(key)。「ハイテク・コミック・フュージョン・サービス団体」を自称するTRIXなだけに普通のフュージョン・バンドには無いシーンがいっぱい。例えば、ユニゾンのステップやジャンプのアクションが多すぎて曲が終わるとメンバーが疲労困憊。10分を越すダラダラとしたメンバー紹介。失敗したエンディングのやり直し。落語(?)コーナー。浴衣姿での演奏。かなりハズした被り物の演出。アンコールで意図不明のメイド姿での登場。デタラメなラップ入りの演奏などなど。肝心の演奏では熊谷の超絶ドラミングの(7)「Malaga」が最高。そしてワタシがこのDVDを購入した目的であるキャッチーなメロディーの名曲(9)「Gemma」で本編終了。アンコールではお約束のメンバー全員が客席に乱入。ドラマーがどうやって客席乱入できるのかは見てのお楽しみ。このDVDを見て改めて思うのはギターの平井の素晴らしさ。金髪をピンピンに立てたヤンキーなルックスで、ギターを構えるポジションはさすがにジミー・ペイジほどではないがフュージョン・ギターではあり得ないほど低い。きっと出身は千葉の木更津あたりだろうと思ったが埼玉の出身だそうだ。それでソロは超テクニカルでバッキングはグルーヴィー。TRIX脱退後のソロ・アルバム2枚が全然パッとしないのが惜しまれる才能だ。★★★★★

2018.5.5 アマゾン・マーケットプレイス 中古DVD 2,747円

Char / 20th Anniversary Electric Guitar Concert

mokJUGEMテーマ:音楽

1996年11月15日、日本武道館で行われたCharのデビュー20周年記念ライヴのDVD。コンサートの24曲にボーナス・トラックとしてPsychedelixによる「Smoky」のビデオクリップとコンサート告知のTVCMを収録したボリューム満点な155分。メンバーはポール・ジャクソン(b)、ジム・コウプリー(ds)、小島良喜(key)にゲストで西慎嗣(g)とビッグ・ホーンズ・ビー(horns)。あの元ヘッドハンターズのポール・ジャクソンが日本に移住したおかげでこんな顔合わせが実現して最高だ。見どころは沢山あるが、まずはデビュー・アルバムから名曲(4)「空模様のかげんが悪くなる前に」が演奏されたのがウレシイ。(6)「All Around Me」は今まで聞き逃していたがAORの名曲。歌謡ロック時代からも(7)「逆光線」を演ってくれた。(10)「気絶するほど悩ましい」と(11)「籠の鳥」は西とのアコースティック・デュオで。(13)「So Much In Love」はクラプトンの「ワンダフル・トゥナイト」の向こうを張ったかのような甘いバラード。アンコールの1曲目はデビュー曲の「Navy Blue」。(24)「Wondering Again」では珍しくゴールドトップのレスポールを弾く。「営業に頼まれたんで」と言って始める歌謡ロック時代の(25)「闘牛士」だが、やっぱりカッコイイ名曲だ。オーラスはなんとオープニングと同じ「Smoky」だが5管のホーン・セクションが入ってダイナミックな演奏だ。改めて認識するのはCharのソングライターとしての才能で、70年代に日本人でこんな洗練されたロックの曲を書く人はいなかった。★★★★★
2018.3.21 アマゾン 新品DVD 3,734円 28%引き

チック・コリア・エレクトリック・バンド/ライヴ・イン・東京 1987

JUGEMテーマ:音楽

エラク凄く盛り上がっていそうなジャケ写に魅かれて買ったこのCDは1987年10月8日東京昭和人見記念講堂でのライブ。メンバーはチック・コリア(key)、ジョン・パティトゥッチ(b)、デイヴ・ウェックル(ds)、フランク・ギャンバレ(g)、エリック・マリエンサル(sax)。彼らは見事な楽器演奏能力を有しているのだが、ここでの演奏は見事につまらない。曲に魅力が無く、テクニックの垂れ流しなだけ。ウェックルもギャンバレも好きなミュージシャンなんだけどね。ウェックルのフィーチャー度合が高い(5)「ランブル」が一番聴けた。ちなみにこのバンドの2004年の再結成アルバム「To The Stars」も2005年に日比谷野音で見たライブもつまらなかった。なおコリアによるメンバー紹介を聞くとフランク・ギャンバレの正しい発音はガンバーリのようだ。★
2018.6.16 渋谷ユニオン 国内新品SHMCD 1,561円 28%引き

U.K. / same

JUGEMテーマ:音楽

ジョン・ウェットン(b,vo)、ビル・ブラッフォード(ds)、エディ・ジョブソン(key,vln)、アラン・ホールズワース(g)という強力なメンバーによる夢のプログレ・バンドの1978年デビュー作。ギターソロやドラミングなどにカッコイイところもあるのだが、アルバムとしてはどうも面白みに欠ける。それは曲がバラバラなパーツのツギハギなことと、ボーカルのメロディーラインが古臭いから。そもそもジョン・ウェットンのボーカルというのが70年代前半的でここでは既に前時代的に感じられる(ウェットンが1982年に結成したエイジアに至っては完全にプログレのオールディーズだった)。ボーカル無しで全編インストだったらもっと良かっただろうに、という思いは翌年にブラッフォードがホールズワースと結成したバンド『ブラッフォード』の大名盤『ワン・オブ・ア・カインド』で叶えられる。★★★☆
2018.3.25 渋谷ユニオン 中古紙ジャケ 1,404円

TRIX / FORCE

JUGEMテーマ:音楽

2007年リリースの4枚目のアルバム。今まで彼らのアルバムを4〜5枚くらい聴いたがその中で本作が一番良いのではないだろうか。ベースの須藤作の(5)「Double Up」はハードなリフと泣きのBメロの対比が素晴らしい、たぶんTRIXで最も良い曲。(2)「puma」もBメロが印象的な超テクニカルな曲。その2曲に次ぐのが、ラテン風味の(1)「Passion」、ギターの平井作(6)「Justice」、カシオペア路線の(9)「adios」。毎回お約束のおバカ曲は(3)「パチンカーZ」と(8)「MA-TSU-TA-KE」。前者は完全に脱力系だが、後者はハードなギター・カッティングがカッコイイ。2曲のバラード(4)(7)は一生懸命盛り上げようとするのだがツマラナイ。カシオペアですら印象的なバラードで名曲は無かったと思うから、フュージョンバンドにとってバラードは鬼門ですね。★★★★☆
2018.3.10 渋谷ユニオン 中古CD 1,620円
 

土方隆行/スマッシュ・ザ・グラス、アトミック・ルースター

JUGEMテーマ:音楽

タワーオンラインの【<怒涛のサプライズ>空前絶後!衝撃の原価割れセール】で購入。
セッション・ギタリストの土方隆行が1980年にリリースした初ソロ・アルバム。マライア・プロジェクトの盟友、清水靖晃(sax)、笹路正徳(key)等に加えて渡嘉敷祐一(ds)などが参加。(1)「SMASH THE GLASS」はビシバシとしたホーンセクションと渡嘉敷のドラムがヘビーな圧巻のファンク。トーキングモジュレーターを使ったギターソロもナイス。これらのメンバーは翌年に吉田美奈子の『モンスター・イン・タウン』で凄まじいファンクを聴かせており、その前哨戦となる曲。ただしメロディーが殆ど無いにもかかわらず長すぎる地歌部分が欠点。(5)「LET YOUR LOVE GROW」はAORの傑作。土方のボーカルは弱いが、メロディーラインのキャッチーさとジェイ・グレイドンを手本にしたギターソロが絶品。都会的なブラコン系ダンスナンバー(7)「DANCE THIS NIGHT AWAY」も素晴らしい。★★★★☆
一方、翌81年リリースの「アトミック・ルースター」は前作と同様のメンバーで、「アバンギャルドな面も取り入れたトガッたポップ」あたりを狙ったと思われるが、その狙いがすべて裏目に出た駄盤中の駄盤。特に(8)「Black Bible」では「僕はナルシスト」だなんて歌ってしまって、このアルバムは土方のキャリアの汚点だろう。星ナシ。
「スマッシュ〜」2018.4.14 タワーオンライン 国内新品 540円 80%引き
「アトミック〜」2018.6.6 タワーオンライン 国内新品 810円 70%引き

トム・ジョンストン/真実の響き

JUGEMテーマ:音楽

ドゥービー・ブラザーズの創設メンバーであるトム・ジョンストンが1979年にリリースした初ソロ・アルバム。76年頃に健康を害してドゥービーの一線を退くことを余儀なくされたトムだが、ここではボーカルもギターも全く元気で、8曲中5曲にホーンセクションが入るロッキン・ソウルを繰り広げてゴキゲンな出来だ。ベストはギターカッティングのイントロがまるでドゥービーな(3)「サヴァンナ・ナイツ」。(5)「スモール・タイム・トーク」も初期ドゥービーそのもの。ニコレット・ラーソンやテッド・テンプルマンのコーラスが印象的な(6)「愛を抱きしめて」は都会的なミディム・バラード。(7)「アウトロー」にはマイケル・マクドナルド(key)とキース・ヌードセン(ds)が参加しているが、豪快なロックナンバーでマクドナルドの存在感は無い。その他の参加メンバーはジム・ケルトナー(ds)、ポール・ストールワース(b)、ビル・ペイン(key)、リック・チューダコフ(b)など。ドゥービーから追い出されちゃった哀愁を感じさせるジャケも良い。★★★★
2018.3.1 HMV 新品SHMCD 1,151円 18%引き